ログイン
ログイン
会員登録
会員登録
お問合せ
お問合せ
MENU

地域社会

100年企業の「伝統×革新」が生み出す新たな価値|有限会社エイジから見た錦町農産加工株式会社 地域社会

100年企業の「伝統×革新」が生み出す新たな価値|有限会社エイジから見た錦町農産加工株式会社

「さすが100年続く老舗企業。その伝統と革新の融合が見たい」。錦町農産加工株式会社の未来に期待するのは業歴30年を超えるヘアサロン「PROSOL」を店舗展開する有限会社エイジの代表取締役社長の三戸栄さん。 一般社団法人公益資本主義推進協議会(PICC)の大久保秀夫会長が主催する大久保秀夫塾で学んだ公益資本主義に大きな影響を受け、社員の働き方やお客様を大切にする経営を美容業界で実践してきました。 そんな三戸さんが、大久保秀夫塾第1期生としてともに学びを深めたのが、100年以上の歴史を持つ錦町農産加工株式会社の代表取締役社長である廣兼一昭さんです。「こんにゃく」「天然水」「道の駅」の3事業を柱に素材や製法にこだわり、本物のおいしさを追求し続けています。 今回は有限会社エイジの三戸さんが、錦町農産加工株式会社をどのように見ているか、100年企業の未来に期待することについてお話をお聞きしました。

一般社団法人つくし ジョブ・サポート笑心 代表理事 石橋政樹さん、管理者 奥野大亮さんへの感謝 地域社会

一般社団法人つくし ジョブ・サポート笑心 代表理事 石橋政樹さん、管理者 奥野大亮さんへの感謝

障がい者支援の仕組みとして取り組んでいる「せかいタンブラー」事業でお世話になっているのが一般社団法人つくしさんです。つくしさんは、せいふうケアさんのグループ会社で、計画の地ならしをしてくださった石橋さん、現場で取り組んでくださった奥野さん、お二人のご尽力でせかいタンブラーが形になりました。 前例のない事業に快く取り組んでいただき、心から感謝しています。お二人には足を向けて寝られない気持ちです。現在、せかいタンブラーはいったん休止し、再始動に向けて準備しているところですので、今後もご協力をお願いすることになります。どうぞよろしくお願いいたします。

100年企業・錦町農産加工株式会社に理想の「峠の茶屋」を見る|株式会社サンボレ代表取締役社長 小田修久さん 地域社会

100年企業・錦町農産加工株式会社に理想の「峠の茶屋」を見る|株式会社サンボレ代表取締役社長 小田修久さん

「錦町農産加工株式会社は、松下幸之助さんが言う『峠の茶屋』のような存在です」。 1905年に山口県岩国市錦町で創業し、同地で100年以上の歴史を持つ錦町農産加工株式会社について、株式会社サンボレ代表取締役社長の小田修久さんはそう語ります。錦町農産加工の代表取締役の廣兼一昭さんは、一般社団法人公益資本主義推進協議会(PICC)の大久保秀夫会長(代表理事)に学び、現在はPICC広島支部設立準備委員会の委員長として奮闘しています。広島支部でともに活動するサンボレ小田さんに、錦町農産加工さんとはどのような存在なのか、理想の「峠の茶屋」の意味するものとは何かを伺いました。

PICC福島支部設立準備委員会 への感謝 地域社会

PICC福島支部設立準備委員会 への感謝

PICC福島支部設立準備委員会で公益資本主義を共に学び、共に図り、共に行動してくれる仲間たちに感謝しています。おかげで私も道を誤ることなく、経営者として少しずつですが成長させてもらっています。 委員長として私がやっていたのは「公益資本主義というすばらしいものがありますよ、ここですよ」という旗振り役で、集い支えてくれたのが今のメンバーです。本当に感謝しています。 私が委員長を務めていた頃は、会社や事業の規模、企業かフリーランスか、ということは関係なく誰もが自由に自分の考えを話し、議論し、「それいいね」となったら皆で取り組んでいく場にすることに心をくだいてきました。 今委員長を務めてくれているせいふうケアの太田社長もその雰囲気を守りながら、より発展させてくれています。常に自由な空気が流れ、新しい風も入ってこられる場を皆で作っていきたい。これからも力を合わせてやっていきましょう、と伝えたいですね。

キーパーソン21とのパートナーシップで「誰もがありのままにその人らしく暮らせる地域づくり」を|社会福祉法人生活クラブ風の村理事長 池田徹さん 地域社会

キーパーソン21とのパートナーシップで「誰もがありのままにその人らしく暮らせる地域づくり」を|社会福祉法人生活クラブ風の村理事長 池田徹さん

生活クラブ風の村理事長 池田徹さんからキーパーソン21さんへ

「キーパーソン21さんが素晴らしいのは、子どもたちのキャリア教育プログラムを独自に開発し、商標登録をして、質を担保した取り組みをしている点です。長期的な視野で事業を成立させる姿勢も尊敬しています。」 こう語るのは、職員数1,800名を擁する千葉県最大の社会福祉法人「生活クラブ風の村」理事長の池田徹さん。キーパーソン21が独自開発した「わくわくエンジン®」を千葉県内で取り組むために団体を結成し、地域や学校での展開を計画中とのこと。 「あらゆる境遇の人が自分らしく生きることができる社会をつくりたい」という信念で50年以上にわたり生活者の暮らしに寄り添い、先駆的な福祉事業で社会問題解決のために取り組んできた池田さんに、キーパーソン21とともに取り組む未来づくりについて伺いました。

株式会社エッジコネクションから延岡市商工観光部 工業振興課さまへの感謝 地域社会

株式会社エッジコネクションから延岡市商工観光部 工業振興課さまへの感謝

延岡を拠点としているのは、私の中学の同級生が延岡市役所で企業誘致の担当をしていたことがきっかけです。彼が東京に出張してきて、様々な企業に挨拶回りをしているという話を聞いた当時は、地方の拠点なんてまだまだ先の話だと思っていました。 しかし、その後、改めて話を聞き、延岡の人材を戦力にできたら、とてつもないビジネスチャンスが生まれるのではないかと考えるようになったのです。

タグ