ログイン
ログイン
会員登録
会員登録
お問合せ
お問合せ
MENU

株主

株式会社村山電機制作所 村山潤さんから村山知さんへ 株主

株式会社村山電機制作所 村山潤さんから村山知さんへ

村山知さんへ

私の父で弊社の大株主です。御年87歳で取締役会長で、私の尊敬する大先輩です。月に1回は出社しており、元気です。 私がこの会社で働きたいと思ったのは、父の背中を見ていたからです。 読書家で、いろいろな本を読み、勉強をして、新しいモノを生み出してきた方です。私が大学を卒業したときに、「多くの会社の門を叩き、就職活動をしてきましたが、やっぱり自分はこの会社に入りたい」と手紙に書いたら、「他よりも給料は払えないかもしれないけれども、うちで面倒を見る」と言ってくれました。 周囲からは「外で修業をしてきたほうがいいよ」と言われたこともありました。 しかし、私は新卒で弊社に入社したことによって得たものがとても大きかったと実感しています。特殊な仕事なので勉強することはたくさんあります。今でも勉強中です。そういったことがすべて財産になっていると思うので、父に受け入れてもらい、今まで勉強を続けてきて良かったと思っています。 いっとき辞めたいと考えたこともありましたが、今の仕事以上に面白いものが見つかるとは思えず、踏みとどまることができ、現在の私があります。 父がこれまで何度となく経験してきたであろう、大きなことを動かすときの判断は、どのように決めたのか。もっと詳しく話を聞かせてほしい。 とにかく長生きしてほしい。来年は絶対に米寿のお祝いをしたいです。

株式会社エッジコネクションから城南信用金庫 本店営業部さまへの感謝 株主

株式会社エッジコネクションから城南信用金庫 本店営業部さまへの感謝

いつもフットワークよく訪問いただき、金融商品や融資制度を紹介してくれるなど、とても親切に対応いただいているので本当に助かっています。城南信用金庫さんに出会っていなければ、コロナ禍による売上の落ち込みを乗り切れなかったかもしれません。 当社は、最初は某メガバンクとお付き合いしていましたが、会社の規模的に、相談したいことがあってもあまり応対していただけなかった。困っていた時に株式会社日本政策金融公庫さんから紹介されたのが、城南信用金庫さんでした。

株式会社エッジコネクションから株式会社日本政策金融公庫 延岡支店さまへの感謝 株主

株式会社エッジコネクションから株式会社日本政策金融公庫 延岡支店さまへの感謝

もともと福岡県で飲食店の開業融資を多く担当されていた方に対応していただいています。 当社で社員食堂も兼ねて飲食店を開業したいと考えたのですが、条件が厳しく、その時は融資はおりませんでした。しかし仕事にならないにもかかわらず相談を引き受けてくださり、その後もずっと相談にのっていただいています。とても頼りになる方です。

RYOENG株式会社から株式会社MAKOTO 代表取締役 竹井智宏さんへ 地域社会

RYOENG株式会社から株式会社MAKOTO 代表取締役 竹井智宏さんへ

株式会社MAKOTO 代表取締役 竹井智宏さんへ

東北の起業家育成のために、一般社団法人EO North Japanの立ち上げにも関わらせていただきました。価値観も似ており、同じ志を共にする盟友だと思っています。 松下幸之助さんが述べているように、企業は社会の公器です。私もまさにそうだと思っているので、社会を良くするために私が社長でないほうがいいのであれば、いつもで社長を譲ります。どうすれば社会をより良くできるかということしか考えていません。物、金、会社、地位などには、全然執着がありません。かといって無責任というわけではなく、事業は命懸けで本気にやっています。本気でやっていれば執着があるのではないかと考えるのでしょうが、私と竹井さんにはないのです。なぜかというと、「社会のため」ということを本気で思っているからです。こういう人は、竹井さん以外では会ったことがありません。

富山銀行執行役員 金沢営業部長 末武真吾さんが語るフェニックスソリューション 株主

富山銀行執行役員 金沢営業部長 末武真吾さんが語るフェニックスソリューション

金沢市に本社を構える株式会社フェニックスソリューションは、ユニクロのレジなどで利用されている電波でタグのデータを非接触でスキャンするシステム、RFID(Radio Frequency Identification)関連製品の開発・製造・販売の事業を展開する総合メーカーです。 株式会社富山銀行金沢営業部は、フェニックスソリューションの将来性 […]

株式会社茂呂製作所 代表取締役 茂呂哲也から先代社長(お父様)へ 株主

株式会社茂呂製作所 代表取締役 茂呂哲也から先代社長(お父様)へ

父へ

父にはいくら感謝してもしきれないくらいの想いがあります。最初にお話したように、私は学生時代、父に反発して自分勝手に生きようとしました。しかしそんな人生に思い悩んで家に帰った時、父は黙って受け入れてくれました。家に戻った時、将来について父と本気で語り合ったことを今でも覚えています。そして高校中退の学歴しかない自分が入れる会社を探し回ってくれて、パナソニックのグループ会社に入ることができました。

タグ