ログイン

会員登録

お問合せ
MENU

お客様

分からないことを聞くと丁寧に教えてくれ、一緒に悩んでくれるお客さまがいるという環境に感謝 お客様

分からないことを聞くと丁寧に教えてくれ、一緒に悩んでくれるお客さまがいるという環境に感謝

セムコ株式会社上手さんからお客様への感謝

お客さんには、私が分からないことを聞くと丁寧に教えてくれる方が多く、考える材料やヒントを得られています。また、「どうしようか」と一緒に悩んでくれるお客さまがいるという環境もありがたいです。いいものはいい、悪いものは悪いと、ストレートに言ってくれる点もいいですね。

「1億円でも売りたくない」。新規顧客を開拓してくれるWebサイトを構築|荒川技研株式会社代表取締役 荒川昇士さんから見たテクノポート株式会社 お客様

「1億円でも売りたくない」。新規顧客を開拓してくれるWebサイトを構築|荒川技研株式会社代表取締役 荒川昇士さんから見たテクノポート株式会社

1億円で売って欲しいと言われても躊躇してしまう」。自社のWebサイトの価値をそう評価するのは荒川技研株式会社代表取締役の荒川昇士さん。 樹脂の切削加工を専門とする同社は、既存顧客との取引の先細り、市場ニーズの激変に適応すべく、「製造業専門」Webマーケティング事業を展開するテクノポート株式会社にWebサイトのリニューアルを依頼。すると、20年間「塩漬け状態」だった自社サイトが、10年間「継続して納期に追われ続けるほど」に問い合わせが激増。見事、新たな事業の柱になる新規顧客の開拓に成功した。 今回は荒川技研株式会社荒川代表にテクノポート株式会社への信頼と今後の展望について伺った。

尾前損害調査オフィスは、知人に紹介したくなる会社|日精産業株式会社から見た尾前損害調査オフィス株式会社 お客様

尾前損害調査オフィスは、知人に紹介したくなる会社|日精産業株式会社から見た尾前損害調査オフィス株式会社

日精産業株式会社から見た尾前損害調査オフィス株式会社

「え?こんなに?」と驚愕したのは、東京都青梅市でプラスチックの成形事業を行う日精産業株式会社代表取締役の古屋儒英さん。加入していた火災保険で、知らないうちに損傷を受けていた社屋や自宅の損害が補償されるという鑑定結果に、思わず驚きの声を上げたのだと言います。それ以来、「知人にもどんどん紹介したい」と多くのお取引先にも紹介しているとのこと。「尾前損害調査オフィスは、自信をもって紹介できる会社」と語る古屋さんに、その理由を体験談とともにお聞きしました。

テクノポート株式会社は製造業の営業窓口であり、商売を超えた絆がある|株式会社富士産業から見たテクノポート株式会社 お客様

テクノポート株式会社は製造業の営業窓口であり、商売を超えた絆がある|株式会社富士産業から見たテクノポート株式会社

「テクノポートさんは、『何故そこまでうちのことを考えてくれるんだろう』と思うほど、本気で向き合ってくれる営業窓口です」と語るのは、金属加工のスペシャリスト、株式会社富士産業の代表取締役の杉本秀樹さん。製造業に特化したWebマーケティング支援を行なうテクノポート株式会社が製作したホームページによって、売上はもちろん求人応募数も激増したという。「テクノポート株式会社との間には商売や利害関係を超えた”絆”があります」と嬉しそうに話す杉本さんに、同社との出会いの経緯や、営業チャネルとして欠かせない自社ホームページについてお聞きした。

行政書士YTRディア法務事務所は共に障害福祉業界を明るくするパートナー合同会社Five nine代表社員長谷田和亜さん お客様

行政書士YTRディア法務事務所は共に障害福祉業界を明るくするパートナー合同会社Five nine代表社員長谷田和亜さん

「利用者さんに年齢に区切られない支援を」と話す、合同会社Five nineの代表社員長谷田和亜さん。都内で障害を持った子どもたちの放課後等デイサービスと居宅介護・移動支援事業を営む。利用者へ寄り添った暖かい視線の先に、対象年齢を広げるための事業拡大を見据えている。その計画を伴走するのが、「障害福祉業界を明るくしたい」と掲げて活動する、行政書士YTRディア法務事務所の篠原雄太郎さんだ。互いの提供価値と行動がパズルのように合わさって展開していく2人の様子を、長谷田さんの視点からお聞きした。

目標は65歳での個展、「生きる」という天職を全うする充実した日々|金沢QOL支援センター利用者インタビュー お客様

目標は65歳での個展、「生きる」という天職を全うする充実した日々|金沢QOL支援センター利用者インタビュー

北村さんから見た金沢QOL支援センター

障がいを持つ方々の「働きたい」という想いを実現し、利用者さんの「真のQOL」向上に向けた支援をミッションとする金沢QOL支援センター株式会社。デザイン・農業・清掃事業と、企業への就職・復職を目指した支援サービスを行っています。 今回は、金沢QOL支援センターの利用者である北村芳美(きたむら・よしみ)さんと、リハスファームかなざわ(https://k-qol.com/service/rehas-farm/ )センター長の寒川(さんがわ)さんにお話を伺いました。 北村さんは、「自宅とリハビリを往復する人生でいいのだろうか?」という想いからセンターへ。仕事と仲間を得て充実した日々を過ごされています。創造性を広げ、人生の目標や「天職とは何か」を探求する北村さんの前向きな姿勢に学びの多いインタビューとなりました。

テクノポート株式会社は製造業に寄り添った提案と伴走で成果を上げるマーケティングパートナー|第一フォーム株式会社代表取締役澁谷正明さん お客様

テクノポート株式会社は製造業に寄り添った提案と伴走で成果を上げるマーケティングパートナー|第一フォーム株式会社代表取締役澁谷正明さん

「見事なプロ仕事」「こちらのことをわかっているなあと感じる」としみじみ語るのは第一フォーム株式会社の代表澁谷正明さん。新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて相次いだ、各種イベントの中止。イベントでのポップアップやオブジェを中心に制作していた第一フォーム株式会社は受注激減で苦境に陥った。その状況を打開したのが、テクノポート株式会社の提案と伴走だったという。共に乗り越え築いた関係の心地よさ、安定感、素晴らしさについてお聞きした。

ジョッゴ株式会社と秋本菜緒さんのつながり お客様

ジョッゴ株式会社と秋本菜緒さんのつながり

秋本菜緒さんへ

私が社長に就任してからすぐに、自分の好きなキャラクターの色でアイテムをカスタマイズして、Twitterに想いとともに投稿してもらう「推し活キャンペーン」を実施した時のことです。秋山さんは大好きなセブチこと「SEVENTEEN」という韓国出身13人組ボーイズグループになぞらえて、JOGGOの商品をカスタマイズして投稿してくださいました。しかもその投稿は、カスタマイズを通してメンバーやグループの魅力が伝わってくるほどの圧倒的な熱量を持っていたんです。

ジョッゴ株式会社と株式会社オプロのつながり お客様

ジョッゴ株式会社と株式会社オプロのつながり

株式会社オプロさんへ

2019年から毎年大口のご注文をいただいているお客さまです。スタッフの間でも「今年も注文してもらえたね!」と歓喜の声があがります。オプロさんがいてくれたからこそ、今日のJOGGOのソーシャルインパクトが生まれているといっても過言ではありません。 とはいいつつ実は、私が社長に就任してからまだ一度もお会いできていないんです。ですからどういうきっかけでJOGGOの商品を手に取ろうと思ってくれたのか、また使い続けてみての率直なご感想などを伺う機会を作れたらと思っています。

エンカレッジとニュータイプ・ラボが障害者雇用を支援|エンカレッジのプロモーションをニュータイプ・ラボ 佐藤社長が語る お客様

エンカレッジとニュータイプ・ラボが障害者雇用を支援|エンカレッジのプロモーションをニュータイプ・ラボ 佐藤社長が語る

障害者の在宅雇用を支援する「障害者戦力化サポートサービス」を提供する株式会社ニュータイプ・ラボ。創業まもない同社は、「知名度向上」のため、「1件1円メール」をはじめとした営業代行・コンサルタントの株式会社エンカレッジにプ […]

保険×建築で尾前損害調査オフィスと社会課題解決へ|アイ・シー・ジー廣瀬直樹氏から見た尾前損害調査オフィス お客様

保険×建築で尾前損害調査オフィスと社会課題解決へ|アイ・シー・ジー廣瀬直樹氏から見た尾前損害調査オフィス

火災保険のプロフェッショナル尾前損害調査オフィス株式会社は、契約者の立場で損害調査を行い、適切な保険金の受け取りを支援する会社。当社が業務提携をする株式会社アイ・シー・ジーは、一般社団法人インテリアコーディネーター協会会長を務める廣瀬直樹代表が22年前に設立した千葉県浦安市に本社を置く建築設計会社です。

ホームリィーと尾前損害調査オフィスのパートナーシップの育み方|お客様の笑顔がビジネスの相乗効果を生み出す お客様

ホームリィーと尾前損害調査オフィスのパートナーシップの育み方|お客様の笑顔がビジネスの相乗効果を生み出す

『尾前損害調査オフィス株式会社 火災保険のプロに聞く、適切な補償の受け取り方』という記事でお話を伺った同社の尾前美幸さんと土井隆さんが、「恩人」として感謝の念を強く表していたのが、株式会社ホームリィーの植田充さんです。不動産仲介業を営むホームリーと、火災保険の契約者の立場に立って、お客様が適切に保険金の受け取りができるよう支援する尾前損害調査オフィスは、家をキーワードに、互いの強みをいかせる理想のビジネスパートナーと言えるかもしれません。今回はホームリィーと尾前損害調査オフィスはどのように出会い、さらにお互いを高め合うパートナーシップをいかに築き上げてきたのか、株式会社ホームリィーの植田充さんに伺いました。

コア・バリュー経営で共に社会貢献を。卸売業界の改革者が語る日本自動ドアとの信頼関係 お客様

コア・バリュー経営で共に社会貢献を。卸売業界の改革者が語る日本自動ドアとの信頼関係

前回、日本自動ドア株式会社が各ステークホルダーとどのように向き合っているかをお伝えしました。 その日本自動ドア代表の吉原さんを「ビジネスの枠を超えて、経営の品質を高めようとお互いに切磋琢磨できる同志のような存在」と言い表 […]

タグ