ログイン

会員登録

お問合せ
MENU

コラム

日本企業のためのESGへの道筋|企業価値を高めるエンジンとしてのESG ESG

日本企業のためのESGへの道筋|企業価値を高めるエンジンとしてのESG

「ESG」という言葉が生まれたのは2004年。世界が企業の環境・社会・企業統治への影響を期待するようになる400年も前、徳川時代には既に日本の文書が企業に利益を超えた考え方を促していました。 マッキンゼー・アンド・カンパニーが「ESG経営から育む価値創造の5つの方向性」というテーマで日本企業のためのESGへの道筋をレポート化していましたので要約を紹介します。

ESGマネジメントの7つの罪 ESG

ESGマネジメントの7つの罪

近年、効果的な環境・社会・ガバナンス(ESG)戦略がもたらす長期的な成功の機会を認識する企業が増えています。投資家、顧客、従業員、地域社会などのステークホルダーからの期待の高まりは、ESGに関する取り組みのパフォーマンスの高さが、資本、人材、ビジネスチャンスへのアクセス改善につながることを示しています。この記事では、そのような誤ったアプローチである「ESGマネジメントの7つの罪」について説明します。

英国政府、ESGデータ提供者の規制を検討 ESG

英国政府、ESGデータ提供者の規制を検討

英国政府は、ESGデータを提供する業者について、金融行政監視機構の規制下に置くことについて検討を開始しました。 本年10月に発表された英国財務省の報告書「Greening Finance: A Roadmap to Sustainable Investing」は、持続可能性に関する開示要件の枠組みを説明するものです。この報告書は、様々な業者が提供しているESG関連のデータについて、現実とのギャップや仮定が多く、複数データ間の比較が不可能な場合もあるため、グリーンウォッシュ(一見、環境に配慮しているように見せかけて、実態はそうではなく、環境意識の高い消費者に誤解を与えるようなこと)の影響を受けやすいと指摘しています。

「水と生きる」サントリー食品インターナショナルが掲げる「水」のサステナビリティ【SDGs関連ニュース】 SDGsの取り組み

「水と生きる」サントリー食品インターナショナルが掲げる「水」のサステナビリティ【SDGs関連ニュース】

サントリーグループの約束「水と生きる」は、日本の多くの企業理念の中でも最もよく知られたものの一つではないでしょうか。サントリーグループの公式サイトによると「『水と生きる』は、わたしたちサントリーグループがお客様はもちろん […]

CDP「気候変動」「フォレスト」「水セキュリティ」最高評価を獲得した花王の取り組み【SDGs関連ニュース】 SDGsの取り組み

CDP「気候変動」「フォレスト」「水セキュリティ」最高評価を獲得した花王の取り組み【SDGs関連ニュース】

英国の慈善団体が管理する非政府組織(NGO)CDPでは、企業や自治体を対象とした世界的な環境情報開示システムを運営し、資本市場と企業の調達活動を介して、企業に環境情報開示、温室効果ガス排出削減、水資源保護、森林保護を他に先駆けて働きかけています。このほどCDPでは、全世界における環境先進的な上位2%の企業を「CDP Aリスト」として選出しました。評価対象となった12,000社近くの企業の中からAリスト入りしたのは272社。なかでもさらに先進的な14社が、気候変動、水セキュリティ、フォレストの3分野すべてでAスコアを獲得しています。今回は、この14社に選ばれた花王株式会社の環境保護の取り組みについて見ていきましょう。

山口県宇部市でときわ公園チャレンジ(愛称:ときチャレ)実証提案・実証事業を募集! コラム

山口県宇部市でときわ公園チャレンジ(愛称:ときチャレ)実証提案・実証事業を募集!

山口県宇部市にある市民の憩いの場である「ときわ公園」で面白い取り組みが行われています。ときチャレと称して、実証提案やビジネスアイデアを募集しているようです!ビジネス創出などにつながる実証提案や先端技術等を活用した実証事業等を全国から募集しているとのことですから、実証実験をしたいのだけれども適当な場所がない、と悩んでいる企業の方はぜひ読み進めてみてください!

DJSI Worldに5年連続で選定-凸版印刷の社会課題への取り組み【SDGs関連ニュース】 コラム

DJSI Worldに5年連続で選定-凸版印刷の社会課題への取り組み【SDGs関連ニュース】

世界の代表的なESG投資指標である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(DJSI World)」。2021年は、全世界で322社、日本企業は35社が構成銘柄に選定されました。今回は、5年連続選定かつ「Commercial & Professional Services(商業サービス・用品)」産業グループにおいて、日本企業では唯一となった凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)の取り組み事例をご紹介します。

タグ