ログイン

会員登録

お問合せ
MENU

ありがとうメッセージ

RYOENG株式会社から会津電力株式会社 特別顧問 佐藤彌右衛門さんへの感謝 地域社会・地球環境

RYOENG株式会社から会津電力株式会社 特別顧問 佐藤彌右衛門さんへの感謝

会津電力株式会社 特別顧問 佐藤彌右衛門さんへ

私が起業して半年後、いろいろ勉強しているときに、飯田哲也さんという再エネ業界で非常に有名な方の講演会が佐藤さんの酒蔵で行われたので参加しました。そこで佐藤さんが「会津には再エネのポテンシャルが大きい。原発に依存しないエネルギーを子どもたちに残すために、再エネを普及させなければいけない。その収益で会津や福島を復興させていくのだ」と、私と全く同じことを言ったのです。

RYOENG株式会社から会津電力株式会社 取締役会長 山田純さんへの感謝 地域社会・地球環境

RYOENG株式会社から会津電力株式会社 取締役会長 山田純さんへの感謝

会津電力株式会社 取締役会長 山田純さんへ

山田さんは東京大学卒業ということもあり、素晴らしい人脈を持っています。例えば、川内村の風力発電所では、300mほど離れた所に東日本の時計の電波塔があるのですが、そんなに近い所に風車を建てることは非常に困難です。ですから、大手企業も手を出せなかったのです。しかし、風力発電に適した場所がそこしかなかったので、山田さんの人脈で電波の専門家の知見を総動員して、風車を建てても影響がないことを立証したのです。これはものすごい快挙です。物事を順序立てて、理論を構築して詰めていく能力が素晴らしいのです。

RYOENG株式会社から会津電力株式会社 代表取締役社長 磯部英世さんへの感謝 地域社会・地球環境

RYOENG株式会社から会津電力株式会社 代表取締役社長 磯部英世さんへの感謝

会津電力株式会社 代表取締役社長 磯部英世さんへ

会津電力では佐藤さんと山田さんのツートップで、風呂敷を広げていきます。私と磯部さんが現場で粛々と作業をしています。私が実際に現場を管理していますが、現場ではいろいろなトラブルが起きますので、磯部に常に相談して解決に当たっています。兄貴のような感じで、全幅の信頼を持っています。現場のことを主に相談させていただくことが多く、たくさんのことを学ばせていただいています。いつもありがとうございます。

RYOENG株式会社から会津電力株式会社 元監査役 遠藤由美子さんへ 地域社会・地球環境

RYOENG株式会社から会津電力株式会社 元監査役 遠藤由美子さんへ

会津電力株式会社 元監査役 遠藤由美子さんへ

まるで菩薩様のようなお方です。もう愛しかありません。社員に対しても、「皆さんのおかげで今がある」と心の底から思われて、そういう発言をしています。また、地域に対する愛が尋常ではありません。そのため、烈火のごとく怒ることもあります。遠藤さんの怒りには、本当に私心がありません。地域のことを愛するが故の激情というのでしょうか。圧倒的な愛がある方なのです。

RYOENG株式会社から株式会社MAKOTO 代表取締役 竹井智宏さんへ 地域社会・地球環境

RYOENG株式会社から株式会社MAKOTO 代表取締役 竹井智宏さんへ

株式会社MAKOTO 代表取締役 竹井智宏さんへ

東北の起業家育成のために、一般社団法人EO North Japanの立ち上げにも関わらせていただきました。価値観も似ており、同じ志を共にする盟友だと思っています。 松下幸之助さんが述べているように、企業は社会の公器です。私もまさにそうだと思っているので、社会を良くするために私が社長でないほうがいいのであれば、いつもで社長を譲ります。どうすれば社会をより良くできるかということしか考えていません。物、金、会社、地位などには、全然執着がありません。かといって無責任というわけではなく、事業は命懸けで本気にやっています。本気でやっていれば執着があるのではないかと考えるのでしょうが、私と竹井さんにはないのです。なぜかというと、「社会のため」ということを本気で思っているからです。こういう人は、竹井さん以外では会ったことがありません。

RYOENG株式会社から採用と教育研究所 代表 半田真仁さんへの感謝 地域社会・地球環境

RYOENG株式会社から採用と教育研究所 代表 半田真仁さんへの感謝

採用と教育研究所 代表 半田真仁さんへ

私にとっては神様のような存在とでも言うのでしょうか。ものすごく頭がいい方で、あんなにEQが高い人を知りません。志も素晴らしいです。いろいろな会社の採用・教育のコンサルティングをしています。弊社でも人事教育をお願いしています。今も一緒に、特定非営利活動(NPO)法人チームふくしまで「福島ひまわり里親プロジェクト」に取り組んでいます。全国で約5,000校の学校でわれわれのプログラムを取り入れて、いじめをなくすことなどに役立てていただいています。

すべてのステークホルダーに支えられて今の自分と会社がある|セムコ株式会社宗田謙一朗 ありがとうメッセージ

すべてのステークホルダーに支えられて今の自分と会社がある|セムコ株式会社宗田謙一朗

セムコ株式会社宗田謙一朗さんからすべてのステークホルダーへの感謝

いろいろな人、すべてのステークホルダーに支えられているという感覚が私の中にはあります。今、出会っている人たちには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ですから、今、私がここにいるのも、多くのお客さまや取引先に支えられて会社があることを実感できるのです。

妻をはじめ、家族に支えられている|セムコ株式会社宗田謙一朗 社員・家族

妻をはじめ、家族に支えられている|セムコ株式会社宗田謙一朗

セムコ株式会社宗田謙一朗さんから家族への感謝

妻をはじめ、家族にも支えられました。母親からも「生きた心地がせんかった」と言われました。私は会社を辞めようかどうか悩んでいたときに思いとどまったのは、子どもがいたからです。そういう姿を子どもに見せられないと思ったのです。ここを乗り越えることが子どもにもいい影響を与えると、考えを切り替えられたことがありました。

子どもと親は人間としては対等、40歳を超えた大人も成長させてくれる 社員・家族

子どもと親は人間としては対等、40歳を超えた大人も成長させてくれる

セムコ株式会社西村さんからお子さんへの感謝

小学校1年生のわが子が、先日、『鬼滅の刃』を見たいと騒いでいました。夜遅い時刻だったので、「あした学校があるでしょう。遅刻したらいけないから、きょうは駄目」と大人の理論で子どもには分かりづらく言ってしまいました。すると「話が長い。意味が分かんない」と、小学校1年生から言われてしまいました。実は、そういう指摘は社長からも受けたことがあるので反省させられました。

目の前の壁に正面から立ち向かえるように、課題を具体的に示していただける 社員・家族

目の前の壁に正面から立ち向かえるように、課題を具体的に示していただける

セムコ株式会社西村さんから垣内さんへの感謝

長老のような存在の垣内さんは業界の仕事が長いので、他のメンバーから出ないような意見を出してくれます。目の前の壁に正面から立ち向かえるように、課題を具体的に示していただけるのも助かっています。質問を投げれば何かしらが必ず返ってきます。これには大きな安心感があります。

協力会社の皆さんに学び、成長させていただいている 取引先

協力会社の皆さんに学び、成長させていただいている

セムコ株式会社西村さんから協力会社の皆さんへの感謝

修理・メンテナンス業務は、北海道から九州まで、全ての点検業務を自社では賄い切れませんので、各エリアの代理店に依頼することが多く、大変助かっています。例えば、とある製品が何度かトラブルを引き起こしていたのですが、弊社では原因が特定できなかったことがあります。その時は外部の方に依頼して対応してもらったのですが、すると、そもそも設計段階でこういう回路を組んでおけば起きなかったということを外部の方に気付いていただけました。

分からないことを聞くと丁寧に教えてくれ、一緒に悩んでくれるお客さまがいるという環境に感謝 お客様

分からないことを聞くと丁寧に教えてくれ、一緒に悩んでくれるお客さまがいるという環境に感謝

セムコ株式会社上手さんからお客様への感謝

お客さんには、私が分からないことを聞くと丁寧に教えてくれる方が多く、考える材料やヒントを得られています。また、「どうしようか」と一緒に悩んでくれるお客さまがいるという環境もありがたいです。いいものはいい、悪いものは悪いと、ストレートに言ってくれる点もいいですね。

仕事モードからプライベートへ、スイッチの切り替えでストレスをためずに仕事ができる 社員・家族

仕事モードからプライベートへ、スイッチの切り替えでストレスをためずに仕事ができる

セムコ株式会社上手さんから奥様への感謝

仕事モードからプライベートへの切り替えができるということは、大変助けられています。私は仕事で煮詰まってくると、家でも調べものなどをしてしまうのですが、「ご飯食べるで~」という感じでスイッチを切り替えてくれるので、ストレスをためずに仕事ができていると思います。

入社当時に受けた大きなインパクトで、考える習慣を身に付ける 社員・家族

入社当時に受けた大きなインパクトで、考える習慣を身に付ける

セムコ株式会社技術部秋田さんへの感謝

入社当時は大きなインパクトを与えてくれる人がいました。入社後は技術部に配属となり、秋田に育てられました。出社すると赤い緊急ファイルが3つほど机の上に置かれて、「これをやっておいて」と言われました。急ぎの案件なので、ミスを重ねるとクレームになってしまうものです。でき上がったものを秋田に見せに行くと、「違うで」と言われます。私からすると「どこが?」と思うのですが、今から思えば自分で確認して答えを出し、もう一回持ってこいということだったのでしょう。こういったことで、自然と考える習慣が身に付きました。

「これが信頼というものだ」ということを教えてくれた人 社員・家族

「これが信頼というものだ」ということを教えてくれた人

セムコ株式会社技術部 福田課長への感謝

まずは、いつもお世話になっている技術部の福田課長に感謝をお伝えしたいと思います。私は営業なので、外回りをする中で、「こんなことができたらお客様のお役に立てるかな。こんなことができたら新たな開発案件になるのかな」などと思いながら会社に帰ってきます。そのときに、「これ、できる?」と最初に投げ掛けるのが福田です。本当に夢物語のようなことから、本当にしょうもないことまで、整理せずに投げかけるのですが、真剣に一個一個考えてくれて、「これ、こうやったら、ちょっとはできるんちゃう?」というような回答が返ってきます。「これが信頼というものだ」と気付いたきっかけです。そこまで真摯にやりとりしてもらえるということが幸せだと感じます。 すると、次は私の番だと自然に考えるようになりました。そして、次は誰かに還元したいと思うのです。誰かに質問されたときに、裏にある本当の目的を確認して、現状で何が困っているのか一緒に整理をします。また、本来どうあるべきか、自分がどうしたいかということで葛藤がある場合、きちんと腹落ちするようにコミュニケーションを取ることを心掛けています。こういう話を聞くと、福田は多分照れるのだろうと思いますが、そういうイメージができるということこそ、信頼関係を築いている証拠だと感じています。

不動産業界を変える新しいプラットフォーム作りを共に|株式会社OWNERS CLUBから見た尾前損害調査オフィス株式会社 取引先

不動産業界を変える新しいプラットフォーム作りを共に|株式会社OWNERS CLUBから見た尾前損害調査オフィス株式会社

「尾前損害調査オフィス株式会社は、不動産オーナーの経営を強力にサポートできる提携先であり、不動産業界を変える新たなプラットフォームづくりのパートナー」と語るのは、株式会社OWNERS CLUB(オーナーズクラブ) 代表取締役社長の岩屋秀一朗さん。同社は不動産オーナーにとって大きな負担となる大規模修繕について日本初の定額制修繕サービス「メンパク」を開発。サブスクリプション形式で毎月費用を支払うことで修繕に対応する、新しいシステムを提供しています。 今回は、OWNERS CLUBの岩屋さんに、尾前損害調査オフィスの原状回復サービスとの相乗効果、SDGsの取り組みをさらに発展させる新たなプラットフォーム構想についてもお話をお伺いしました。

今まで原状回復に損害保険を利用していなかったことがもったいない|株式会社アークビルサービス田中正吾さんが語る尾前損害調査オフィス株式会社 取引先

今まで原状回復に損害保険を利用していなかったことがもったいない|株式会社アークビルサービス田中正吾さんが語る尾前損害調査オフィス株式会社

「知らなかったことが本当にもったいない」と語るのは、渋谷区でビルメンテナンス業を営む株式会社アークビルサービス。高品質な原状回復で高い評価を受けるアークビルサービスは、内装業者さんからの紹介で、賃貸物件の原状回復に損害保険が適用になると知ったと言います。今回は、アークビルサービス代表取締役 田中 正吾さんに、尾前損害調査オフィスとの協業について伺うとともに、「誠実な仕事」につながる人材教育とSDGsへの取り組みについてお話をお聞きしました。

高砂電気工業は、同じ宇宙船に乗り、共に未来を開発するパートナー|TOWING代表取締役社長西田宏平さん SDGsの取り組み

高砂電気工業は、同じ宇宙船に乗り、共に未来を開発するパートナー|TOWING代表取締役社長西田宏平さん

「高砂電気工業は、まさに同じ宇宙船に乗り、未来を共に開発するパートナーです」と語るのは、循環型栽培システム(宙農)サービスで次世代農業システムの構築を目指す株式会社TOWINGの代表取締役社長西田宏平さん。創業62年の歴史を持つ流体制御の課題解決カンパニー高砂電気工業株式会社は、2020年に「流体制御システムカンパニー」と「未来創造カンパニー」からなる新体制で、既存事業と新規事業それぞれにより注力する経営を進めています。未来を創造する会社として提携関係を結ぶ株式会社TOWING代表取締役社長西田宏平さんに、高砂電気工業とのパートナーシップの未来予想図についてお聞きしました。

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 最優秀賞+文部科学大臣賞 中井 健翔(なかい けんと)さん 福岡県 高校2年生|志:「表現によってマイナスをプラスに変える場を作る」 未来

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 最優秀賞+文部科学大臣賞 中井 健翔(なかい けんと)さん 福岡県 高校2年生|志:「表現によってマイナスをプラスに変える場を作る」

ー最優秀賞の受賞おめでとうございます。現在の率直な感想をお聞かせください。 志が明確で、それを行動にも移せている素晴らしいファイナリストがいる中、自分が大きな賞に選んでいただけたのはすごく光栄で、とても嬉しかったです。大会から一週間ほど経ちますが、Facebookでもおめでとうという言葉や300ぐらいの「いいね」をいただきました。僕が新たに開催しようとしている「こどもアートエイエンナーレ」というイベント、そして過去に企画した「こどもばんぱく」の認知度も広がったと思います。大会のおかげで僕の活動がどんどん広がっていって、興味を持ってくださる方々が増えると嬉しいなと思っています。

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 最優秀賞+環境大臣賞 髙久 夢華さん(たかく ゆめか)さん 神奈川県 高校1年生|志:「どんな人でも「夢」について考えることができる環境にするため、教養を広める教育を提供する国際社会で働く人になる」 未来

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 最優秀賞+環境大臣賞 髙久 夢華さん(たかく ゆめか)さん 神奈川県 高校1年生|志:「どんな人でも「夢」について考えることができる環境にするため、教養を広める教育を提供する国際社会で働く人になる」

―最優秀賞の受賞おめでとうございます。現在の率直な感想をお聞かせください。 この志プレゼンテーション大会は以前から憧れていた大会で、実際に昨年本大会を拝見させていただいた際に、ファイナリストの方の熱いプレゼンテーションに心を動かされ、自分も挑戦したいと思いました。自分の将来に向き合うきっかけにもなったので、見てくださる方の心を動かすことができたり、なにか志を持ってもらうきっかけになればと思って参加させていただきました。終わったあとに、「自分の将来の夢や抱負を考えるきっかけになりました」などの感想をいただき、今回参加して本当に良かったなと思います。また最優秀賞もいただき、多くの方々に感謝しています。

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 優秀賞 Rosina Mothapo(ロシーナ・モタポ)さん 南アフリカ 大学1年生|志:「HIVに感染し、その影響を受けている女性の支援を目的としたNPOを発展させたい」 未来

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 優秀賞 Rosina Mothapo(ロシーナ・モタポ)さん 南アフリカ 大学1年生|志:「HIVに感染し、その影響を受けている女性の支援を目的としたNPOを発展させたい」

―優秀賞の受賞おめでとうございます。 現在の率直な感想をお聞かせください。 私は日本語が話せず、大会でも日本語で発表できないことが不安でしたが、それでも受賞できたことに勇気づけられました。意欲も湧きましたし、モチベーションに繋がりました。 ―大会を通じて、成長できたことはありますか? 他の若い世代の方たちの志に触れられたことはとても学びになりました。私自身のこととしては、プレゼンテーションとスピーキングのスキル向上に繋がったと思います。また、いろいろな方からフィードバックをいただけたことで自分の考えを固めることができました。とても学びの多い大会でした。

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 優秀賞 石飛 樹(いしとび たつき)さん 群馬県 高校1年生|志:「赤谷の森の動植物を守るため、豊かな森創りをして自然との共生を実現させるという、人間が永遠に生きてゆける唯一の道を切り拓く」 未来

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 優秀賞 石飛 樹(いしとび たつき)さん 群馬県 高校1年生|志:「赤谷の森の動植物を守るため、豊かな森創りをして自然との共生を実現させるという、人間が永遠に生きてゆける唯一の道を切り拓く」

―優秀賞の受賞おめでとうございます。現在の率直な感想をお聞かせください。 ファイナリストに選んでいただけたこと自体がすごく嬉しくて、緊張や不安もありましたが、ここまできたからには自分の想いや志を、みなさんにしっかり受け取ってもらいたいという想いも抱いて大会に臨みました。その中で優秀賞という素晴らしい賞をいただけたことは、本当に光栄なことで、認めてもらえたということも嬉しかったです。

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 特別賞 岡村 有紗(おかむらありさ)さん 大阪府 中学3年生|志:「世界中の貧困で苦しむ子供達のために、プログラミングを使って貧困を解決する」 未来

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 特別賞 岡村 有紗(おかむらありさ)さん 大阪府 中学3年生|志:「世界中の貧困で苦しむ子供達のために、プログラミングを使って貧困を解決する」

―特別賞の受賞おめでとうございます。現在の率直な感想をお聞かせください。 特別賞は当初予定していなかったようですので、最初はよくわかっていなくて驚きました。今はようやく少しだけ実感が湧いてきました。 ―大会を通じて成長できたことや自分の中での気づきなどはありますか? 他の参加者の志を聞いて、みなさんすごいなと感じていました。行動力もそうですし、やる気の度合いが違うんです。いい意味で影響を受けました。

BYDは社会をより良くする仲間であり、背中を追いかける存在|株式会社Gifukuru 代表取締役 箕浦恒典さん 取引先

BYDは社会をより良くする仲間であり、背中を追いかける存在|株式会社Gifukuru 代表取締役 箕浦恒典さん

株式会社Gifukuruから見た株式会社BYD

飲食店のシェアリングプラットフォーム「smallkitchens」を運営する株式会社Gifukuru代表取締役の箕浦恒典さんは、株式会社BYDを「社会をより良くする仲間であり、背中を追いかける存在」と語る。 BYDの学生向けスクール事業「3rd class」卒業生である箕浦さんは、起業後にあらためてBYDの存在の大きさと理念の力を捉え直している。自らの起業体験をもとにBYDをどのように見ているのかをお聞きした。

タグ