ログイン
ログイン
会員登録
会員登録
お問合せ
お問合せ
MENU

ステークホルダー資本主義

【ステークホルダー資本主義メディア10選】新しい資本主義の情報を発信するWebサイトを紹介! ステークホルダー資本主義

【ステークホルダー資本主義メディア10選】新しい資本主義の情報を発信するWebサイトを紹介!

2020年1月のダボス会議(世界経済フォーラム)で主題となった「ステークホルダー資本主義」。米国主要企業181社が株主資本主義経営からの脱却を表明するなど、世界的メガトレンドとなっている。 ステークホルダー資本主義とは、株主だけでなく、顧客、従業員、パートナー、コミュニティ、地球、社会など、企業に影響する全てのステークホルダー(利害関係者)との関係を重視し、企業活動を通してこれら全てのステークホルダーへの貢献を目指す長期的な企業経営の在り方をいう。 今回は「ステークホルダー資本主義」について情報を発信するWebメディアをまとめました。

ステークホルダー資本主義を日本に根付かせる活動 ステークホルダー資本主義

ステークホルダー資本主義を日本に根付かせる活動

ステークホルダー資本主義が世界でトレンド化しつつある中で、元々三方よしや利他の精神が根付いていた日本企業はどうなるのかを見ていきたいと思います。 欧米が言うステークホルダー資本主義と伝統的な日本型経営の価値観との差異を整理したうえで擦り合わせを試みることから始めたいと思います。

ステークホルダー主義は三方よしと本質的に同じ|役員一年目の教科書で読む近江商人の普遍なる哲学 ステークホルダー資本主義

ステークホルダー主義は三方よしと本質的に同じ|役員一年目の教科書で読む近江商人の普遍なる哲学

近年よく耳にする「ステークホルダー主義」。株主第一主義からの脱却、新しい経営手法と捉えられがちだが、日本にはかつてから「三方よし」という言葉がある。書籍『新版 役員1年目の教科書』によれば、「ステークホルダー主義は本質的に三方よしと同じである」という。三方よしとは何か、ステークホルダー主義はどうあるべきかを考察する。

渋沢栄一とステークホルダー資本主義~自社におけるステークホルダー経営思想構築への示唆 ステークホルダー資本主義

渋沢栄一とステークホルダー資本主義~自社におけるステークホルダー経営思想構築への示唆

これからのステークホルダー資本主義、あるいはステークホルダー経営の実践にあたり、本コラムで、渋沢栄一の今日的な意味合いを考えてきた。渋沢にまつわる資料は膨大に存在するため、ここでいったんまとめとしたい。2019年末以降、ビジネスラウンドテーブルや、ダボス会議を契機として、にわかにステークホルダー資本主義という用語が注目されるようになった。 […]

渋沢栄一とステークホルダー資本主義~岩崎弥太郎との対比 ステークホルダー資本主義

渋沢栄一とステークホルダー資本主義~岩崎弥太郎との対比

本稿では、渋沢栄一と同時代に活躍した岩崎弥太郎に象徴される財閥経営との対比において、渋沢の思想の特徴を浮き彫りにしていきたい。ところで、この二人をグローバルな視点から見ると、日本を発展させた2大企業家として最高度の評点をつけるのはP.F.ドラッカーなのである。ドラッカーからは、二人はどう見えたのだろうか。   ドラッカーの渋沢、 […]

渋沢栄一とステークホルダー資本主義~福沢諭吉との比較 ステークホルダー資本主義

渋沢栄一とステークホルダー資本主義~福沢諭吉との比較

photo by pixta 渋沢栄一記念館 渋沢栄一が結果として実践したステークホルダー資本主義の取り組みを考えるにあたり、ともに明治の日本の産業社会発展のリーダーにして、一万円札の肖像にも選ばれた福沢諭吉と対比するとわかりやすい。まず、D号券と呼ばれる札券で、福沢諭吉の起用開始は1984年のこと、ちょうど日本が経済に自信をつけ始めたこ […]

タグ