ログイン

会員登録

お問合せ
MENU

製造業

株式会社シードパートナーと株式会社ステップ・ケイ・スリー とのつながり 取引先

株式会社シードパートナーと株式会社ステップ・ケイ・スリー とのつながり

株式会社シードパートナー パートナー (製造業コンサル) 株式会社ステップ・ケイ・スリー 代表取締役 渡辺正様へ

渡辺さんには前職時に毎晩のように相談に乗ってもらうなど、本当にお世話になりました。 あの会社から独立起業できたのも、渡辺さんのご支援があってこそです。感謝してもしきれないと思っています。

「1億円でも売りたくない」。新規顧客を開拓してくれるWebサイトを構築|荒川技研株式会社代表取締役 荒川昇士さんから見たテクノポート株式会社 お客様

「1億円でも売りたくない」。新規顧客を開拓してくれるWebサイトを構築|荒川技研株式会社代表取締役 荒川昇士さんから見たテクノポート株式会社

1億円で売って欲しいと言われても躊躇してしまう」。自社のWebサイトの価値をそう評価するのは荒川技研株式会社代表取締役の荒川昇士さん。 樹脂の切削加工を専門とする同社は、既存顧客との取引の先細り、市場ニーズの激変に適応すべく、「製造業専門」Webマーケティング事業を展開するテクノポート株式会社にWebサイトのリニューアルを依頼。すると、20年間「塩漬け状態」だった自社サイトが、10年間「継続して納期に追われ続けるほど」に問い合わせが激増。見事、新たな事業の柱になる新規顧客の開拓に成功した。 今回は荒川技研株式会社荒川代表にテクノポート株式会社への信頼と今後の展望について伺った。

テクノポート株式会社は製造業の営業窓口であり、商売を超えた絆がある|株式会社富士産業から見たテクノポート株式会社 お客様

テクノポート株式会社は製造業の営業窓口であり、商売を超えた絆がある|株式会社富士産業から見たテクノポート株式会社

「テクノポートさんは、『何故そこまでうちのことを考えてくれるんだろう』と思うほど、本気で向き合ってくれる営業窓口です」と語るのは、金属加工のスペシャリスト、株式会社富士産業の代表取締役の杉本秀樹さん。製造業に特化したWebマーケティング支援を行なうテクノポート株式会社が製作したホームページによって、売上はもちろん求人応募数も激増したという。「テクノポート株式会社との間には商売や利害関係を超えた”絆”があります」と嬉しそうに話す杉本さんに、同社との出会いの経緯や、営業チャネルとして欠かせない自社ホームページについてお聞きした。

5Gの先端デバイスを製造するキーカンパニー、持続可能な社会に貢献するパートナー企業|アンリツ株式会社資材調達本部長 竹内健喜さんから見たワカ製作所 取引先

5Gの先端デバイスを製造するキーカンパニー、持続可能な社会に貢献するパートナー企業|アンリツ株式会社資材調達本部長 竹内健喜さんから見たワカ製作所

「ワカ製作所さんがいなければ、弊社の誠実なモノづくりができない」。 アンリツ株式会社資材調達本部長の竹内健喜さんは、株式会社ワカ製作所との関係性をそう語ります。 株式会社ワカ製作所は、精密機器に欠かせないコネクタなどを製 […]

グローバル展開を視野に茂呂製作所を最強のチームへ~専務 井口亮一さんから見た茂呂製作所 社員・家族

グローバル展開を視野に茂呂製作所を最強のチームへ~専務 井口亮一さんから見た茂呂製作所

世界最先端のロボット製造業のライン製作から、あらゆるメーカーの機械修理・メンテナンスまで手がける株式会社茂呂製作所。グローバル企業から山梨県内の中小メーカーまで、世界のモノづくりを支える当社が最も大切にするステークホルダーが「社員」です。 今回は、茂呂製作所 専務 井口亮一さんに「茂呂製作所とはどのような会社か」についてお話を伺いました。

フェニックスソリューションの技術力とRFIDタグを光アルファクス システム営業本部が語る 取引先

フェニックスソリューションの技術力とRFIDタグを光アルファクス システム営業本部が語る

「ここまでするのかと。その本気度に、心つかまれました」と語るのは、株式会社フェニックスソリューションが開発した金属対応RFIDタグを扱う株式会社光アルファクスシステム営業本部を統括する取締役本部長 竹内博文さんと東日本システム営業部 東京営業グループ主任 齋藤大輝さん。今回はフェニックスソリューショの技術力の凄さを技術商社の立場から伺った。

茂呂製作所は県内の製造業に頼りになる欠かせない存在|公益財団法人やまなし産業支援機構理事長手塚伸さん 地域社会・地球環境

茂呂製作所は県内の製造業に頼りになる欠かせない存在|公益財団法人やまなし産業支援機構理事長手塚伸さん

公益財団法人やまなし産業支援機構の手塚伸理事長は、「茂呂製作所は県内の製造業にとって頼りになる欠かせない存在」と語ります。山梨県庁職員時代から長年にわたり県の産業振興に深く携わってきた手塚理事長は、地域密着型のモノづくり […]

公益財団法人やまなし産業支援機構 手塚伸|山梨の中小企業の未来、SDGsへの対応 SDGsの取り組み

公益財団法人やまなし産業支援機構 手塚伸|山梨の中小企業の未来、SDGsへの対応

山梨県には、精密機械・機器製造の高い世界シェアを誇るグローバル企業の裾野の広いサプライチェーンが存在します。中小企業の「伴走者」として産学官金の連携ネットワークの形成、SDGsやカーボンニュートラルの地域企業の取り組み支援について、公益財団法人やまなし産業支援機構理事長の手塚伸さんに伺いました。

フェニックスソリューションのIoT戦略ー金属対応RFIDタグ開発秘話、社会問題解決への道程 社員・家族

フェニックスソリューションのIoT戦略ー金属対応RFIDタグ開発秘話、社会問題解決への道程

「杉村氏は、知る人ぞ知る一流の技術者」。株式会社フェニックスソリューション取締役副社長 杉村詩朗さんを、同社金岡久夫社長は、そう評します。今回は、当社の世界水準の技術力を支える取締役副社長 杉村詩朗さん、当社を設立して技術者たちを支援してきた代表取締役社長 金岡久夫さん、そして、公認会計士として当社のバックオフィスを支える専務取締役管理部長 高畠達也さんに、RFID開発秘話、そして今後の事業の展望を伺いました。

株式会社ダイドーハント肌勢宜記|企業は環境適応業  社会課題解決が新規事業の条件 企業メッセージ

株式会社ダイドーハント肌勢宜記|企業は環境適応業 社会課題解決が新規事業の条件

株式会社ダイドーハントは1939年の創業以来、時代の変化に適応した事業を展開し、時には業態も変えながら成長を続けてきました。創業100周年を目指す現在もその革新の姿勢は変わることがありません。今回は代表取締役 肌勢宜記さん、新規事業開発部 梶原さんに、新規事業への取り組みやステークホルダーへの向き合い方を伺いました。

ステークホルダーの幸せが会社の使命。伊那食品工業の世界観とは?多くの経営者が尊敬するいい会社の年輪経営 有識者VOICE

ステークホルダーの幸せが会社の使命。伊那食品工業の世界観とは?多くの経営者が尊敬するいい会社の年輪経営

尊敬する会社は何処か。この問いに多くの経営者が挙げた社名がある。伊那食品工業株式会社。累計10,000社近く取材してきた中で、もっともよく聞いた答えだ。「いい会社」と言ってもらえることがいい会社の条件と喝破する同社。社是に掲げる「いい会社をつくりましょう」をいかに実現しているのか。代表取締役社長 塚越英弘さんに伺った。

ダイヤ工業株式会社 松尾 浩紀|50年先もお客さまが笑顔になる社会に貢献し続けたい 企業メッセージ

ダイヤ工業株式会社 松尾 浩紀|50年先もお客さまが笑顔になる社会に貢献し続けたい

ダイヤ工業株式会社は、接骨・鍼灸院で使うサポーターなどで全国トップシェアを誇る岡山の医療用品メーカーです。徹底したユーザー目線での製品開発を行うことで、顧客のニーズに応える医療用品の提供を通じて、社会への貢献を目指してい […]

帝人フロンティアと大塚実業の事業シナジー|帝人フロンティア株式会社繊維資材第二本部 取引先

帝人フロンティアと大塚実業の事業シナジー|帝人フロンティア株式会社繊維資材第二本部

帝人フロンティア株式会社は、繊維業界で類を見ない「メーカー」と「商社」という2つの機能が融合したハイブリッド型の企業。事業シナジーを高める「ろ過布」製造メーカーの大塚実業株式会社との連携や代表取締役社長 大塚雅之さんへの思いを、繊維資材第二本部の中島本部長、池端部長、内山課長に伺いました。

錦町農産加工株式会社廣兼一昭さんから見た公益資本主義推進協議会(PICC)|100年企業の自覚に火をつけた大久保会長の熱量の凄さ 地域社会・地球環境

錦町農産加工株式会社廣兼一昭さんから見た公益資本主義推進協議会(PICC)|100年企業の自覚に火をつけた大久保会長の熱量の凄さ

1905年創業、100年以上の歴史を持つ錦町農産加工株式会社。代表取締役の廣兼一昭氏は、一般社団法人公益資本主義推進協議会(PICC)の大久保秀夫会長から経営の在り方を教わり、社会性をより強く意識した経営を行う。PICC広島支部設立準備委員会委員長を務める廣兼さんにPICCとの出会いと活動にかける想いを伺った。

【100年企業探訪】錦町農産加工株式会社廣兼一昭|伝統食品こんにゃくで健康と笑顔を届ける 企業メッセージ

【100年企業探訪】錦町農産加工株式会社廣兼一昭|伝統食品こんにゃくで健康と笑顔を届ける

ナチュラルミネラルウォーター、こんにゃく製品、ところてん、生くずきりの設計や開発、製造及び販売を行う錦町農産加工株式会社。美しい自然に囲まれた山口県岩国市錦町で100年以上にわたって、食を通して多くの人の健康と笑顔を作り […]

茂呂製作所の技術力を50年以上支えてきた大ベテラン|矢崎徳雄さんから見た茂呂製作所とSDGsへの取り組み 社員・家族

茂呂製作所の技術力を50年以上支えてきた大ベテラン|矢崎徳雄さんから見た茂呂製作所とSDGsへの取り組み

世界最先端のロボット製造業のライン製作から、あらゆるメーカーの機械修理・メンテナンスまで手がける株式会社茂呂製作所。グローバル企業から山梨県内の中小メーカーまでモノづくりを支える当社が最も大切にするステークホルダーが「社員」です。今回は50年以上にわたり茂呂製作所の技術力を支えてきた大ベテラン矢崎徳雄さんから見た茂呂製作所について伺いました。

鋼の火を絶やすな|峰岸商会峰岸一郎さんから見た茂呂製作所~響き合う日本のモノづくりへの想い 取引先

鋼の火を絶やすな|峰岸商会峰岸一郎さんから見た茂呂製作所~響き合う日本のモノづくりへの想い

「彼の仕事への姿勢に憧れている」。本誌インタビューで、株式会社峰岸商会の3代目代表取締役社長の峰岸一郎さんについて、株式会社茂呂製作所代表取締役茂呂哲也さんは語りました。50年以上にわたり山梨県のモノづくりを支えてきた業界の証言者峰岸さんの言葉には、日本のモノづくり産業が抱える課題、そして茂呂製作所と響き合う日本のモノづくりへの想いがありました。

大企業からの転身で夢を叶えた生産管理部長 嶋田克枝さんが語る茂呂製作所とSDGsへの取り組み 社員・家族

大企業からの転身で夢を叶えた生産管理部長 嶋田克枝さんが語る茂呂製作所とSDGsへの取り組み

株式会社茂呂製作所は、世界最先端のロボット製造業のライン製作から、国内あらゆるメーカーの機械修理・メンテナンスまで手がけるグローカル企業。世界と地域のモノづくりを支える当社が最も大切にするステークホルダーは「社員」です。今回は、生産管理部長 嶋田克枝さんに「茂呂製作所とはどのような会社か」お話を伺いました。

株式会社城南村田 青沼隆宏|M&Aで製造業を超えた企業の在り方を示す 企業メッセージ

株式会社城南村田 青沼隆宏|M&Aで製造業を超えた企業の在り方を示す

大田区の金型製造業・株式会社城南村田の顧客には著名な菓子メーカーが名を連ねる。代表取締役の青沼隆宏氏は、日本やアメリカの会計事務所で活動していた経験の持ち主で、後継者不在の当社をM&Aで取得した。今、厳しい状況下にある中小企業が持続可能な経営を実現するために何をすべきかを聞いた。

大塚実業は理念を共有する仲間であり目標|トライキッツ河合代表から見た大塚実業 取引先

大塚実業は理念を共有する仲間であり目標|トライキッツ河合代表から見た大塚実業

高度な技術力を持った町工場がひしめく東京都大田区で「ないモノをつくる」オーダーメイドのモノづくりに挑戦する株式会社トライキッツの代表取締役 河合広介さんは、一般社団法人公益資本主義推進協議会(PICC)を通じて、大塚実業株式会社の代表取締役社長 大塚雅之さんと出会いました。PICCは、企業は社会の公器であり、すべてのステークホルダーに貢献する経営を説き、その実践を促しています。トライキッツも企業の公器性を貫くため、売り上げの7割を占める事業からの撤退を決意するほどに信念の経営を実践しています。今回はトライキッツの河合さんに、大塚実業とのつながりやPICC、大塚雅之社長の人物像についてお聞きしました。

タグ