ログイン

会員登録

お問合せ
MENU
テクノポート株式会社

お客様

/ テクノポート株式会社

テクノポート株式会社は製造業の営業窓口であり、商売を超えた絆がある|株式会社富士産業から見たテクノポート株式会社

「テクノポートさんは、『何故そこまでうちのことを考えてくれるんだろう』と思うほど、本気で向き合ってくれる営業窓口です」と語るのは、金属加工のスペシャリスト、株式会社富士産業の代表取締役の杉本秀樹さん。製造業に特化したWebマーケティング支援を行なうテクノポート株式会社が製作したホームページによって、売上はもちろん求人応募数も激増したという。「テクノポート株式会社との間には商売や利害関係を超えた”絆”があります」と嬉しそうに話す杉本さんに、同社との出会いの経緯や、営業チャネルとして欠かせない自社ホームページについてお聞きした。

50年以上の歴史を持つ金属加工のスペシャリスト富士産業

―まず株式会社富士産業の事業内容を教えてください。

当社は1969年に創業しました。当時は鋼材販売をメインに行なっていましたが、2014年を第二創業としてモノづくりにも着手しました。現在は製作金物や金属加工もできる鋼材問屋として、お客さまの様々なご要望にお応えしています。

 

Web制作会社と依頼主という関係性を超えた”絆”を感じる

―テクノポート株式会社の徳山正康社長から以下のメッセージをお預かりしています。

株式会社富士産業様へ

  • テクノポート株式会社 徳山様
  • 株式会社富士産業 杉本様

非鉄金属の鋼材販売を行なっている商社です。

弊社のお客さまがWebで大きな成果を上げていることを知り、そのお客さま経由でご紹介いただきお付き合いがスタートした会社です。

同社の新規事業となる製作金物の受託加工を主としたWebサイトの構築から支援させていただきました。毎日のように来る引き合いから、会社のスケジュールを記載するホワイトボードがお客さまの訪問でびっしり埋まり喜んでいただいています。期待以上の成果を上げることで喜んでいただき、さらには他のお客さまをご紹介いただくという良い連鎖が生まれています。

解約率が低いというだけでなく、満足度が高いからこそ、長くお付き合いできるということを体感しています。

「富士産業をうまく使ってどんどん宣伝して良いですよ」と言っていただけるほど評価をいただいており、非常にありがたく感じております。

テクノポート株式会社アイキャッチ画像

テクノポート株式会社の記事はこちらから見ることができます。

株式会社富士産業からテクノポート株式会社への感謝

100万円の製作費用を2カ月でスピード回収、テクノポートは製造業の営業窓口

―このようなメッセージをお預かりしてきました。御社はホームページをリニューアルしてから受注数が相当伸びているのですね。

はい。テクノポートさんのおかげで非常に大きな成果を上げることができています。ですから感謝しているのは私たちのほうなのです。しかも、徳山社長や、担当の井上さんは「何故そこまでうちのことを考えてくれるのだろう」と不思議になるくらい真剣に向き合ってくれるんです。我々が発信したいものづくりをユーザーに分かりやすく届けてくれる、まさに「営業窓口」です。商売を超えた絆のようなものを感じています。本当に感謝しています。

 

―テクノポート株式会社が制作したホームページで、具体的にどのような成果が得られているのでしょうか? 

最大の成果は、2つあります。

一つは、受注数の増加です。驚くことに100万円の製作費用がわずか2カ月でペイできてしまいました。これは本当に凄いことです。現在の1カ月間のページビュー数は3,000くらい。町工場のホームページとしては相当熟成されていると思います。それもこれも、井上さんをはじめ、関わってくださったテクノポートの方々のおかげです。

 

―他にはどのような成果があったのでしょうか?

最大の成果の2つめは、人材の採用です。リクナビに求人広告を出したら、なんと応募数が370名まで膨れ上がったのです。テクノポートさんに依頼する以前、手作りのホームページを作成してハローワークに求人を出していた頃とは全く違います。今の時代、求職者は必ず応募する企業のホームページを確認しますから、ホームページの見やすさやメッセージ性が本当に重要だということを実感しましたね。

 

―御社のホームページはファーストビューに社員の方々の笑顔が水玉模様で切り抜かれていて、非常に親しみやすい印象を受けました。

実はこの水玉模様も最初は「‥どうなのかな?」とかなり不安でした。10案ほど挙げてもらったデザイン案のうち、スタイリッシュなものや人情が感じられるものなどで迷っていたのですが、担当の井上さんが「富士産業さんの強みの一つである親しみやすさが伝わるように水玉を入れた方が良いと思います」と提案してくださったんです。懸念はありましたが、井上さんが言うならと水玉を採用したらドンピシャでした。我々のような町工場は一般の方からすると「ロット数が少なくて断られたらどうしよう」と問い合わせに対してハードルが高いようなのです。しかし井上さんのおかげで、かなり親しみやすい印象になった富士産業のホームページには、ホームページを立ち上げて1週間後くらいからじわりじわりと問い合わせ数が増えてきて、今では一般の方から毎日といっていいほど電話が来るようになったんですよ。

テクノポートさんのおかげで、私たちが伝えたいことがしっかりと伝わるホームページに仕上がりました。その結果、営業および求人チャネルを自前で手に入れることができたのです。

 

 

1年粘ってやっと教えてもらえた会社がテクノポートだった

―なるほど。それはかなり大きな経営へのインパクトですね。継続的に成果が上がる仕組みができたわけですものね。ちなみに、テクノポート株式会社はどのようなきっかけでお知りになったのですか。

今から8年前に株式会社共栄精機という精密板金加工の会社に訪問したときのことです。小山仁さんという2代目社長が先代とは違う新しい事業に次から次へと挑戦していて凄いなと思ったので、その理由を尋ねてみたんです。

すると、新しい事業はホームページから問い合わせいただいたお客さまのご相談に応えることで生まれていること、そして仕事の8割はホームページ経由ということを教えてくれました。事業の幅を広げ、営業としての役割もこなすホームページなんて最高ですよね。

「そのホームページを制作した会社をぜひご紹介してもらえませんか?」とお願いしたところ、なんと断られまして(笑)。「富士産業さんに紹介したらすぐにライバル会社になっちゃうからまだ待っててよ」と。

 

―知り合いにも紹介したくないほどの存在だったのですね(笑)。

そうだったのでしょうね。ですが、こちらも諦めきれずその後1年間くらいですかね、何度も小川社長にホームページの製作会社を教えてよと突っつき続けたんです。するととうとう根負けして、「分かった。テクノポートの井上さんを紹介してあげるよ」と。そういう訳で2016年にテクノポート株式会社の井上さんに初めてお会いしたんです。

 

2年間で分かったテクノポートと他社との決定的な違い

―そこからすぐにテクノポート株式会社にホームページ制作を依頼したのですか?

いえいえ。ホームページは会社の顔ですし、制作費用もかかりますから慎重に決めたいと思って、テクノポートを含めたホームページ制作会社6社をリサーチしました。2年間の吟味を経て分かったことは、テクノポートさん以外の会社はデザインとシステムだけを制作して終わりというスタイルだったということです。依頼した会社が喜ぶかっこいいデザインのホームページは作ってくれるのですが、それだけといいますか。一方、テクノポートさんは制作後のサポートが手厚く、私たちの尻を叩いて伴走してくれるパートナーだと感じました。

 

―確かにテクノポート株式会社は、Web戦略作りから制作、そして公開後のコンサルティングまで一貫して行なうことを特徴としていますよね。

私は、ホームページは生き物だと思っているので、作って終わりではなく、手入れが必要だと感じています。その点、テクノポートさんの手厚いフォローは非常にありがたかったです。

また、製造業を専門とするテクノポートさんだからこそ助かったことが何度もあります。どうしても他社ですと「溶接」や「穴あき」などの専門用語をこちらが解説するところから始める必要があるのですが、製造業に特化しているテクノポートさんとは意思疎通がスムーズでした。専門用語を一般の方々に分かりやすく翻訳して届けるのが非常にお上手だと思います。

このようにテクノポートさんの魅力を挙げるとキリがないのですが、何といっても一番の決め手は担当の井上さんでした。彼は良い意味で非常にしつこい人なんです。私たちがどのホームページ制作会社が良いかと悩んでいる2年もの間、井上さんは私たちが出展する展示会に何度も顔を出してくれたり、定期的にコミュニケーションをとってくれました。「こんなに熱意溢れる方がいるテクノポートという会社であれば、長期的なパートナーとしてぜひお付き合いさせてもらいたい!」と思うようになり、制作依頼を決めたんです。

 

不安と戦う多くの中小企業を救ってほしい

では最後に、テクノポート株式会社に今後期待することを教えてください。

そうですね、テクノポートさんが素晴らしいホームページを制作してくださったことで、新しい案件も獲得でき、新規のお客さまからのご相談に臨機応変に応えていくことで我々も成長することができています。今後も挑戦したいことが山ほどあるので、引き続きサポートしていただけると嬉しいです。

また、以前の我々のように高い技術はあるけれど、アピールの方法が分からないという町工場はまだまだ沢山あります。そういった町工場の魅力を引き出し、一般の方々に分かりやすく伝え、不安と戦う多くの中小企業を救う存在としてどんどん活躍していってほしいと思います。

 

<企業情報>

株式会社富士産業

https://www.fujisanngyo.co.jp/

代表:代表取締役社長 杉本 秀樹

創業:昭和44年11月

本社所在地:〒124-0006 東京都葛飾区堀切3-30

この法人のその他の記事

「1億円でも売りたくない」。新規顧客を開拓してくれるWebサイトを構築|荒川技研株式会社代表取締役 荒川昇士さんから見たテクノポート株式会社 お客様

「1億円でも売りたくない」。新規顧客を開拓してくれるWebサイトを構築|荒川技研株式会社代表取締役 荒川昇士さんから見たテクノポート株式会社

1億円で売って欲しいと言われても躊躇してしまう」。自社のWebサイトの価値をそう評価するのは荒川技研株式会社代表取締役の荒川昇士さん。 樹脂の切削加工を専門とする同社は、既存顧客との取引の先細り、市場ニーズの激変に適応すべく、「製造業専門」Webマーケティング事業を展開するテクノポート株式会社にWebサイトのリニューアルを依頼。すると、20年間「塩漬け状態」だった自社サイトが、10年間「継続して納期に追われ続けるほど」に問い合わせが激増。見事、新たな事業の柱になる新規顧客の開拓に成功した。 今回は荒川技研株式会社荒川代表にテクノポート株式会社への信頼と今後の展望について伺った。

テクノポート株式会社は製造業に寄り添った提案と伴走で成果を上げるマーケティングパートナー|第一フォーム株式会社代表取締役澁谷正明さん お客様

テクノポート株式会社は製造業に寄り添った提案と伴走で成果を上げるマーケティングパートナー|第一フォーム株式会社代表取締役澁谷正明さん

「見事なプロ仕事」「こちらのことをわかっているなあと感じる」としみじみ語るのは第一フォーム株式会社の代表澁谷正明さん。新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて相次いだ、各種イベントの中止。イベントでのポップアップやオブジェを中心に制作していた第一フォーム株式会社は受注激減で苦境に陥った。その状況を打開したのが、テクノポート株式会社の提案と伴走だったという。共に乗り越え築いた関係の心地よさ、安定感、素晴らしさについてお聞きした。

タグ