ログイン
ログイン
会員登録
会員登録
お問合せ
お問合せ
MENU
株式会社BYD https://byd.education/

〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-2-3 鈴和ビル2階 パズル浅草橋

教育業界の先輩であり、お互いの壁打ち相手として相談し合える存在 キュリー株式会社から見た株式会社BYD

取引先
リンクをコピー

「BYDさんは、お互いを刺激し合える壁打ち相手」と語るキュリー株式会社代表取締役CEO 王昌宇さん。中高生向け教育事業とオンライン配信事業で、BYDと新たな教育の在り方を追求する両社。今回は、同社CEOの王さんに、株式会社BYDおよび代表取締役 井上創太さんはどのような存在なのか伺いしました。

BYDとキュリーはお互いを刺激し合える壁打ち相手

─BYDの井上さんからのメッセージをお預かりしてきましたのでご紹介します。

キュリー(Qulii)株式会社さん

  • byd
  • キュリー

教材の映像の撮影と編集を依頼しているのがQulii株式会社です。同社は、学生向けのメディアを運営し、自社スタジオを持つスペシャリスト集団。学生を対象としたワークショップも実施していて、教育業界に対する想いという点でも共通点がたくさんあります。代表の王昌宇さんは私と同様に学生起業家で歳も近い。起業家仲間としても刺激を与え合っていける存在です。いつもていねいな仕事をしてくれ、かつむちゃな注文に応えてくれてありがとう、と感謝したいですね。


キュリー株式会社から見た株式会社BYD

2021.11.6

─このようなメッセージをお預かりしてきました。

私たちのほうがたくさん刺激をもらっている側だと思っています。例えば、撮影をしていても、井上さんは難しいSDGsの内容を中高生向けにかみ砕いて、自分事にできるように話します。私たちは撮影中に、「SDGsはこのように説明できるんだ」という気付きがたくさんあります。本当に刺激されっ放しです。

―キュリー株式会社さんは、BYDさんの事業領域とクロスする中高生向けの教育事業を展開されていると伺っています。

弊社は中高生向け教育事業とオンライン配信事業の2つの軸で運営されています。

中高生向けの教育事業では、学校では学べないイベントなどをメディアサイトで発信しています。オンライン配信事業では、教育企業・団体向けのサポートをしています。特にコロナ禍でオンラインイベントが増え、専用のスタジオも造り、サポートを一層充実させています。

一つ一つの関わりを大切にしていますので、中高生にしても、教育団体にしても、熱い想いを持っている人たちには、損得関係なしに全力でサポートしています。教育事業としてもうからない部分があったとしても、BYDさんと同様に熱い想いを持った人たちは本気で応援したいと思っています。

─そのような御社にとってBYDさんは、どのような存在なのでしょうか。

BYDさんは私たちよりも早く教育事業を始めているので、教育業界の先輩のような立ち位置です。私たちがやってみたいと思っていることを実際に事業として展開しているので、さまざまなアドバイスをいただけます。例えば、3rd classを通して、高校生に対して教えた経験があるからこそ、どのようにやったらいいのか、どういうことが難しいのかというリアルな話が聞けるので、とてもありがたいです。

また、井上さんと私たちでは、中高生向けというところは共通しているものの、実際の教育手法が違います。井上さんが、このようにやりたいというアイディアがある時に、私たちが

壁打ちとなって話をしています。逆に私たちがこのようにやってみたいと思っているときに、井上さん側が壁打ち相手になってくれます。相互に相談し合える関係性を築いています。

 

井上さんが主宰する3rd classの派生講座に参加し、意気投合

──BYDさんとのつながりの経緯をお聞かせください。

2019年、井上さんが主宰する3rd classから派生した「誰もが参加できるプレゼンテーション講座」を弊社のメディアサイトで掲載していく上で、内容をチェックするために私自身が参加したことがきっかけです。井上さんが講師を務めたその講座は、本当に楽しかったのです。他に20名ぐらい参加していたのですが、皆が楽しそうでした。しかもプレゼンテーションのスキルも学ぶことができるという環境がその場には提供されていて、講座自体の設計も良かったです。その後も井上さんとお話をさせていただき、いろいろ学ばせていただきました。

──そこからお仕事につながったのですか。

初めは、年齢が近い教育事業者同士だったので、一緒に教育について語り合う仲でした。優しい方で、友達感覚で話をさせていただいて、1年間ぐらいは一緒にいろいろなイベントに出たり、食事に行ったりしていました。

昨年からコロナ禍になって、井上さんも中高生向けにいろいろなオンライン授業や教材の撮影が入って、ぜひ弊社と一緒にやりたいという話がありました。撮影日も、1日の中の半分を撮影して、残りの半分ぐらいは語り合うことが多いです。そういった経緯で、仕事の関係が深まっていきました。

──今後、BYDさんに期待することはありますか。

今まで高校生相手に3rd classを運営してきて、いろいろなコンテンツを開発してきた井上さんだからこそ、ここから先、どんどん幅を広げていくでしょう。どんな面白いコンテンツができ上がるのか、とても期待しています。

──井上さんに聞いてみたいことはありますか。

井上さんは高校生に向けて3rd classを運営し、大学生にも3rd classのようなサポートをしています。今、小中高生も含めて世代が違う人たちとどのように向き合おうとしているのか、聞いてみたいです。

株式会社BYDの記事はこちらからも読むことができます!

<企業情報>

キュリー株式会社

https://about.qulii.jp/

代表者:王昌宇

所在地:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4丁目26-8 佐野ビルⅡ1階

創業:2019年7月5日

ライター:

1964年生まれ、群馬県出身。国立群馬高専卒。専攻は水理学と水文学。卒業後、日刊紙『東京タイムズ』をはじめ、各種新聞・雑誌の記者・編集者を務める。その後、映像クリエーターを経て、マルチメディア・コンテンツ制作会社の社長を6年務める。現在は独立し、執筆と映像制作に専念している。執筆は理系の読み物が多い。 研究論文に『景観設計の解析手法』、『遊水モデルによる流出解析手法』、著書に科学哲学啓蒙書『科学盲信警報発令中!』(日本橋出版)、SFコメディー法廷小説『科学の黒幕』(新風舎文庫、筆名・大森浩太郎)などがある。

タグ