ログイン

会員登録

お問合せ
MENU
WRITER
サイエンスジャーナリスト
小林 浩

1964年生まれ、群馬県出身。国立群馬高専卒。専攻は水理学と水文学。卒業後、日刊紙『東京タイムズ』をはじめ、各種新聞・雑誌の記者・編集者を務める。その後、映像クリエーターを経て、マルチメディア・コンテンツ制作会社の社長を6年務める。現在は独立し、執筆と映像制作に専念している。執筆は理系の読み物が多い。 研究論文に『景観設計の解析手法』、『遊水モデルによる流出解析手法』、著書に科学哲学啓蒙書『科学盲信警報発令中!』(日本橋出版)、SFコメディー法廷小説『科学の黒幕』(新風舎文庫、筆名・大森浩太郎)などがある。

データ活用・DX推進の専門企業ブレインパッドから見たYour Vers|データ活用のプロたちに最適なハイブリッドワーク構築の道先案内人 お客様

データ活用・DX推進の専門企業ブレインパッドから見たYour Vers|データ活用のプロたちに最適なハイブリッドワーク構築の道先案内人

成長著しい組織は、インナーコミュニケーションの課題が少なからず顕在化する。データ活用・DX推進の専門企業・株式会社ブレインパッド(東証一部3655)も、急成長とコロナ禍でまさにその課題に直面した。国内随一のデータサイエンティスト集団を抱えるブレインパッドの「らしさ」の追求。イノベーションを生み出すニューノーマル時代のリアルな「コミュニケーション」の仕組みの構築。これらの課題を同時に解決する同社独自の「ハイブリッドワーク」の構築に大きな役割を果たしたのが、株式会社Your Verseの代表取締役CEO長谷川朋弥さんだ。今回は長谷川さんとともにこのプロジェクトに関わった総務部兼経営企画部の藤本さん、広報IRグループの中林さん、総務グループの鴨志田さんに、Your Verseとの併走によるハイブリッドワークの構築に向けた取り組みと、ブレインパッドのサステナブルに対する取り組みなどを伺った。

細胞培養関連のマイクロポンプ事業展開のパートナー、揺るがない信頼関係で新分野に進出|71歳で起業した技術者集団 株式会社アクアテック 取引先

細胞培養関連のマイクロポンプ事業展開のパートナー、揺るがない信頼関係で新分野に進出|71歳で起業した技術者集団 株式会社アクアテック

高砂電気工業さんは、細胞培養関連のマイクロポンプの事業展開に欠かせないパートナー」と語るのは、株式会社アクアテック代表取締役会長 玉川長雄さん。アクアテックは高度な技術力を要する独自のチューブポンプ「Ring Pump(リングポンプ)」を開発・製造・販売する会社です。71歳で起業した玉川会長の出身地・浜松の方言で「やらまいか」(やってやろう)を合言葉に、お客さんからの要望に対して絶対に断らない同社の技術力とチャレンジ精神にほれ込んだ、高砂電気工業株式会社 代表取締役会長 浅井直也さんとのタッグで、海外事業や新分野への進出を図っています。アクアテックにとって高砂電気工業はどのような存在で、何を期待しているのか。アクアテックを代表する社員の皆さまに話を伺いました。

チェンジ・ザ・ワールドを知ってしまったら、他の会社を選択できなかった|取締役管理部部長 梅木麻由さん 社員・家族

チェンジ・ザ・ワールドを知ってしまったら、他の会社を選択できなかった|取締役管理部部長 梅木麻由さん

「社長が語る地球と地域への想いが目の前で現実化していくチェンジ・ザ・ワールドは、私の人生にとってかけがえのない存在」と語るのは、株式会社チェンジ・ザ・ワールドの管理部長として、人事・労務・総務・経理などバックオフィス全般を任される梅木麻由さん。創業当初から代表取締役の池田友喜さんと苦楽を共にしてきた梅木さんに、チェンジ・ザ・ワールドとの出会いと未来への想いを語っていただきました。

「freeeらしさ」の探求が持続可能な組織と社会をつくる~SDGsを超えた未来へ|freee株式会社ムーブメント研究所 SDGsの取り組み

「freeeらしさ」の探求が持続可能な組織と社会をつくる~SDGsを超えた未来へ|freee株式会社ムーブメント研究所

「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションに掲げ、2019年12月、クラウド会計・人事労務などを主に統合型の経営プラットフォーム提供を目指し上場したfreee株式会社(東証マザーズ4478、代表:佐々木大輔)。有料ユーザー約31万企業(2021年6月時点)を誇る日本を代表するバックオフィスクラウドのプラットフォーマーだ。 今回は、同社のさらなる飛躍に向けた企業カルチャーの言語化や浸透に取り組む同社ムーブメント研究所の辻本祐佳さん、野本篤則さん、成田美和さんに、社会と組織の持続可能な成長を育む「freeeらしさ」とは何か、多様な個性が活躍する「インクルージョン組織」の成功の鍵と、同社のSDGsへの取り組みを語っていただいた。

行政書士YTRディア法務事務所は共に障害福祉業界を明るくするパートナー合同会社Five nine代表社員長谷田和亜さん お客様

行政書士YTRディア法務事務所は共に障害福祉業界を明るくするパートナー合同会社Five nine代表社員長谷田和亜さん

「利用者さんに年齢に区切られない支援を」と話す、合同会社Five nineの代表社員長谷田和亜さん。都内で障害を持った子どもたちの放課後等デイサービスと居宅介護・移動支援事業を営む。利用者へ寄り添った暖かい視線の先に、対象年齢を広げるための事業拡大を見据えている。その計画を伴走するのが、「障害福祉業界を明るくしたい」と掲げて活動する、行政書士YTRディア法務事務所の篠原雄太郎さんだ。互いの提供価値と行動がパズルのように合わさって展開していく2人の様子を、長谷田さんの視点からお聞きした。

教育業界の先輩であり、お互いの壁打ち相手として相談し合える存在 キュリー株式会社から見た株式会社BYD 取引先

教育業界の先輩であり、お互いの壁打ち相手として相談し合える存在 キュリー株式会社から見た株式会社BYD

キュリー株式会社から見た株式会社BYD

「BYDさんは、お互いを刺激し合える壁打ち相手」と語るキュリー株式会社代表取締役CEO 王昌宇さん。中高生向け教育事業とオンライン配信事業で、BYDと新たな教育の在り方を追求する両社。今回は、同社CEOの王さんに、株式会社BYDおよび代表取締役 井上創太さんはどのような存在なのか伺いしました。

チェンジ・ザ・ワールドは持続可能な社会の好循環を生み出す、地域になくてはならない会社|RYOENG株式会社折笠哲也さんが語る 取引先

チェンジ・ザ・ワールドは持続可能な社会の好循環を生み出す、地域になくてはならない会社|RYOENG株式会社折笠哲也さんが語る

「株式会社チェンジ・ザ・ワールドは持続可能な社会の好循環を生み出す、地域になくてはならない会社」と語るのは、RYOENG株式会社(旧社名・会津太陽光発電株式会社)代表取締役 折笠哲也さん。会津電力株式会社(自治体・地域金 […]

持続可能なビジネスモデルをデザインする株式会社グッドパッチSDGs無償デザイン支援プロジェクト SDGsの取り組み

持続可能なビジネスモデルをデザインする株式会社グッドパッチSDGs無償デザイン支援プロジェクト

デザイン会社初の上場を果たした株式会社グッドパッチ。今回は、SDGsへの取り組みとして日本最大級の社会貢献型EC「KURADASHI」を運営する株式会社クラダシと共同で展開したプロジェクトをご紹介。グッドパッチのデザインストラテジスト 長友裕輝さん、BXデザインデザイナー 米永さら沙さん、UIデザイナー 鈴木美沙紀さんに同社のSDGsへの取り組み語っていただきました。

フェニックスソリューションの技術力とRFIDタグを光アルファクス システム営業本部が語る 取引先

フェニックスソリューションの技術力とRFIDタグを光アルファクス システム営業本部が語る

「ここまでするのかと。その本気度に、心つかまれました」と語るのは、株式会社フェニックスソリューションが開発した金属対応RFIDタグを扱う株式会社光アルファクスシステム営業本部を統括する取締役本部長 竹内博文さんと東日本システム営業部 東京営業グループ主任 齋藤大輝さん。今回はフェニックスソリューショの技術力の凄さを技術商社の立場から伺った。

フェニックスソリューションのIoT戦略ー金属対応RFIDタグ開発秘話、社会問題解決への道程 社員・家族

フェニックスソリューションのIoT戦略ー金属対応RFIDタグ開発秘話、社会問題解決への道程

「杉村氏は、知る人ぞ知る一流の技術者」。株式会社フェニックスソリューション取締役副社長 杉村詩朗さんを、同社金岡久夫社長は、そう評します。今回は、当社の世界水準の技術力を支える取締役副社長 杉村詩朗さん、当社を設立して技術者たちを支援してきた代表取締役社長 金岡久夫さん、そして、公認会計士として当社のバックオフィスを支える専務取締役管理部長 高畠達也さんに、RFID開発秘話、そして今後の事業の展望を伺いました。

ハングリー精神から利他の精神へ|有限会社アップライジング齋藤幸一|どん底を味わい、行き着いた成功の秘訣 企業メッセージ

ハングリー精神から利他の精神へ|有限会社アップライジング齋藤幸一|どん底を味わい、行き着いた成功の秘訣

Kindle版著書『ハングリー精神から利他の精神へ』の出版、ノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス氏が提唱するマイクロクレジットの考え方に賛同し、バングラデシュの貧困者の救済を目指す活動も展開する有限会社アップライジン […]

LIFEはスタッフ全員が家族同然のように触れ合う会社|アップライジング齋藤幸一さんから見た株式会社LIFE 地域社会・地球環境

LIFEはスタッフ全員が家族同然のように触れ合う会社|アップライジング齋藤幸一さんから見た株式会社LIFE

スタッフ全員が家族同然のように触れ合う会社 株式会社LIFE。トータルビューティサロンを展開する同社代表取締役の松井直樹さんは、一般社団法人公益資本主義推進協議会(PICC)での活動を通じて、バングラデシュのムハンマド・ […]

株式会社ダイドーハント肌勢宜記|企業は環境適応業  社会課題解決が新規事業の条件 企業メッセージ

株式会社ダイドーハント肌勢宜記|企業は環境適応業 社会課題解決が新規事業の条件

株式会社ダイドーハントは1939年の創業以来、時代の変化に適応した事業を展開し、時には業態も変えながら成長を続けてきました。創業100周年を目指す現在もその革新の姿勢は変わることがありません。今回は代表取締役 肌勢宜記さん、新規事業開発部 梶原さんに、新規事業への取り組みやステークホルダーへの向き合い方を伺いました。

特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会|フェアトレードやステナイ生活で寄付や社会貢献 企業メッセージ

特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会|フェアトレードやステナイ生活で寄付や社会貢献

本来、全ての人々は等しく豊かな可能性を持って生まれてきます。しかしさまざま制約を受け、その可能性の芽を摘まれてしまう人々がいます。特定非営利活動法人(NPO法人)シャプラニール=市民による海外協力の会では、フェアトレード、古本・はがき・切手などの回収プログラム「ステナイ生活」を展開。事務局長小松豊明さんにお話を伺った。

地域商社という地方銀行の新たなビジネスモデル|株式会社富山銀行 執行役員金沢営業部長 末武真吾さん 企業メッセージ

地域商社という地方銀行の新たなビジネスモデル|株式会社富山銀行 執行役員金沢営業部長 末武真吾さん

富山銀行は富山県高岡市に本店を置く地方銀行。金沢エリアでは金沢営業部 (金沢営業部コンサルティングプラザ)としてコンサルティング業務に特化した営業活動を行っています。今回は執行役員金沢営業部長末武真吾さんに富山銀行および金沢営業部の地域商社という新たなビジネスモデルへの挑戦とSDGsの取り組みについてお話を伺いました。

株式会社光アルファクス システム営業本部|課題解決型「技術商社」であるために お客様が欲するものを探せ。 企業メッセージ

株式会社光アルファクス システム営業本部|課題解決型「技術商社」であるために お客様が欲するものを探せ。

株式会社光アルファクスは、1948年の創業以来、最先端のエレクトロニクス・産業システム・マテリアルを扱ってきた技術系の専門商社です。2020年度には年商約600億円の事業規模にまで成長しました。その成長の一翼を担うのが、 […]

精神科医が開発した組織の心理的安全性を高める処方箋|メンタルコンパス株式会社  伊井俊貴 企業メッセージ

精神科医が開発した組織の心理的安全性を高める処方箋|メンタルコンパス株式会社 伊井俊貴

Googleのリサーチチームが、「心理的安全性を高めると、チームのパフォーマンスと創造性が向上する」と発表して以来、心理的安全性というキーワードが注目を集めています。精神科医による「心理的安全性」を高める管理職トレーニング「カントレ」を提供するメンタルコンパス株式会社は、精神科医としてメンタル不調の患者を治療していく中で、患者個人よりも組織の問題の大きさに気付き、この問題解決のために起業しました。「カントレ」の開発経緯や、管理職研修の現状、そしてステークホルダーとの向き合い方について、伊井俊貴さんに伺いました。

「わが企業は社会の公器である」と認識せよ|越智洋(経営技術士の会) 有識者VOICE

「わが企業は社会の公器である」と認識せよ|越智洋(経営技術士の会)

「公器性とは、本当に社会に必要な会社か否か。国難の時こそ、その真価が発揮される」。そう語る越智洋さんは、中部電力株式会社代表取締役副社長まで務めた後、株式会社トーエネック 代表取締役社長、株式会社神戸製鋼 社外取締役を歴任。現在は技術経営士の会で活動している。今回は越智洋さんに、企業の社会的責任や公器性について伺った。

興亜商事株式会社 奥村雄介|アスノワで地球を救うヒーローになろう-SDGsへの取り組み SDGsの取り組み

興亜商事株式会社 奥村雄介|アスノワで地球を救うヒーローになろう-SDGsへの取り組み

国際協力機構JICAとのカンボジアのごみ問題の解決支援から、なでしこリーグ地元女子サッカーチームのサポートでの地域貢献まで。愛知県で再生資源回収などの事業を手がける興亜商事株式会社は「SDGsの推進こそ当社の存在価値」と語る代表取締役 奥村雄介さんにステークホルダーへの想いを伺い、SDGsの取り組みをレポートします。

帝人フロンティアと大塚実業の事業シナジー|帝人フロンティア株式会社繊維資材第二本部 取引先

帝人フロンティアと大塚実業の事業シナジー|帝人フロンティア株式会社繊維資材第二本部

帝人フロンティア株式会社は、繊維業界で類を見ない「メーカー」と「商社」という2つの機能が融合したハイブリッド型の企業。事業シナジーを高める「ろ過布」製造メーカーの大塚実業株式会社との連携や代表取締役社長 大塚雅之さんへの思いを、繊維資材第二本部の中島本部長、池端部長、内山課長に伺いました。

藤田医科大学田口智博さんから見たセムコ株式会社代表宗田謙一朗さん|チームコーチングで共に成長する 地域社会・地球環境

藤田医科大学田口智博さんから見たセムコ株式会社代表宗田謙一朗さん|チームコーチングで共に成長する

セムコ株式会社は、船舶燃油の計測制御機器「液面計」の製造・販売で国内トップシェアを誇る。代表宗田謙一朗さんと親交のある藤田医科大学医学部地域医療学講師 田口智博さんは、コーチングとチームコーチングをテーマに診療、教育、組織運営で実践、研究をされている。今回は田口さんは宗田さんをどのように見ているのかインタビューした。

タグ