ログイン

会員登録

お問合せ
MENU
第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会

未来

/ 第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会

松木美空(まつき・みく)さん「子どもたちの声なき声に耳を傾け、笑顔あふれる未来をつくる」

share

松木美空さん

ーはじめに、自己紹介をお願いします。

神奈川県に住んでいる高校3年生の松木美空といいます。「みそら」と書いて「みく」と読みます。高校は看護の専門学校に通っていて、色々なことを勉強しているのですが、その中で子どもの介護やケアなどの問題に関心があって、自身の経験も思い出しながらどうやって社会と繋がっていったらいいかとか、どういう子どもの支援があったら良いかを考えて、いま自分の思いを発信しているところです。今日はよろしくお願いします。

 

ーもともと看護師になりたかったのですか?

そうですね。米倉涼子さんの「ドクターX」というドラマが大好きで、それを毎週見ていたら医療に興味が湧いてきました。具体的に看護師とは思っていなかったんですけど、中学生のときに一番興味があったのが看護や保健の仕事だったので、早くからそういう勉強ができる学校に進学しようと思って、今の高校に進学しました。

松木美空さん

ー志プレゼンテーション大会に参加した理由は?

Twitterで自分の考えや思ったことをツイートしていたのですが、それを見てくれた、とってぃーさん(大会実行委員長)からぜひ参加してみませんかとDMが来て。最初は高3で受験があるので時間的にもきついかなとか、どれぐらい本気でできるかわからないからやめておこうと思ったんです。でも私は何のために勉強するんだろうとか、何のために大学に行くんだろうとか、本当は何がしたいんだろうとかそういうのがわからないなということに気が付いて、良い機会だから参加してみようと思って、7月下旬に志を作るワークショップに参加したのがきっかけです。

 

ーファイナリストに選ばれるのはすごく大変だったと思います。学んだこと、成長したことをお聞かせください。

この社会問題を伝えていく中で自分の過去と向き合わなきゃいけない局面がたくさんあって、それが辛くなるときはありました。でも、リアルな声とか、当事者や体験してきた人じゃないと伝えられないことや思いがあるかなと思います。ファイナルまで残って、本大会で自分の思いを発信できるところまで来たことは素直に嬉しいです。

松木美空さん

ー大変だった、苦労した部分はありますか?

伝えることが素直に難しくて、どこまで自分の過去を伝えていいのかとか、自分のプライベートな部分も含めて、それをそもそも人に話しちゃっていいのかとか、本当に伝えたいことをどうやったらわかりやすく伝えられるかとか、言葉選びをどうするかがすごく大変でした。あとは、1次審査は3分だったのでけっこうスムーズに撮れたんですけど、2次審査になると     内容を充実させないと5分にならないので、けっこう大変でした。20回ぐらい撮り直して出した記憶があります。

 

ーファイナリストに選ばれるまでに色々と調整されたんですね。

最初にワークショップで志を立てたときと、今こうやって何回もプレゼンを作っていく中でけっこう気持ちも変わってきたし、内容も誰に伝えたいかがはっきりしてきたから、だんだん伝えるスケールが大きくなってきたというか。最初は身の回りの子どもたちとか教育関係の人に伝えられたらという小さな感じだったんですけど、今は日本中、それを超えて世界中の子どもたちに届いてほしいという気持ちも芽生えてきたので、プレゼンを作っていく中で成長していった部分もあるのかなと思います。ファイナルまで来られたのがすごく嬉しいし、本大会に出る以上は精一杯自分らしくプレゼンができたら良いなと思っているのでがんばります。

松木美空さん

ープレゼン本番でこれを見てほしいというポイントはありますか?

過去のファイナリストのプレゼンの動画を見て勉強したんですけど、私の場合は内容がセンシティブな問題なので、そこに突っ込んでいる人はあまりいないというか、やっぱり明るい話題というか環境問題とかそういったことに目を向けている子どもたちが多いので、私のプレゼンはかなり現実的な内容にはなってしまうと思うんですけど、だからこそ私のプレゼンが今の子どもたちに起きていることや問題に目を向けるきっかけになってくれたらいいなと思います。いまコロナが流行って子どもたちを取り巻く環境も変わってきています。そういうニュアンスも入れながら、社会の仕組みが変わっていくきっかけになったらと思うので、そういったところに注目してもらえたら嬉しいなと思います。

 

ー夢は大きくとも言うけど、現実に真摯に向き合うことも大切ですもんね。素晴らしいと思います。最後の質問ですが、「あなたの志とは?」

私の志は「子どもたちの声なき声に耳を傾け、笑顔あふれる未来をつくる」という一文なんですけど、小さい頃から夢を持ちなさいとか志高くとかって言われるじゃないですか。だけど本当に志を立てるというのはめちゃくちゃ難しくて、本当にそれができている人はなかなかいないと思っています。だからこそすごく尊いものだなというか、志を立てる教育というものが社会全体に広まっていったらすごく良い方向に変わっていくんじゃないかなと思うので、広まってほしいなって思っています。志は過去と向き合うきっかけを作ってくれたものでもあるし、それを未来に活かしていく原動力になったものかなと思います。

松木美空さん

share

この法人のその他の記事

石原聡太(いしはら・そうた)さん「水生動物が人間の環境汚染の影響を受けることなく全ての生命を全うし、同時にそこに住む人々が安全で美味しい水を口にすることのできる世界をつくるため、世界の水環境を調査・保護する人になって、この世に生きる全ての生物から水に対する不安をなくすこと」 未来

石原聡太(いしはら・そうた)さん「水生動物が人間の環境汚染の影響を受けることなく全ての生命を全うし、同時にそこに住む人々が安全で美味しい水を口にすることのできる世界をつくるため、世界の水環境を調査・保護する人になって、この世に生きる全ての生物から水に対する不安をなくすこと」

ーはじめに自己紹介をお願いします。 僕の名前は石原聡太です。滋賀県守山市出身の12歳、中学1年生です。成基学園守山教室に通っています。僕の志は世界の水問題を解決することなので、普段から地域の清掃活動とか、理科や数学が好き […]

鈴村萌芽(すずむら・もえみ)さん「人と人とのつながりで、笑顔と幸せがあふれる社会を創ること。」 未来

鈴村萌芽(すずむら・もえみ)さん「人と人とのつながりで、笑顔と幸せがあふれる社会を創ること。」

ーはじめに自己紹介をお願いします。 愛知県の大学の4年生を休学して、今回、志プレゼンテーションで発表させて頂くサービスの立ち上げに集中しています。   ー志プレゼンテーション大会に参加した理由を聞かせてください […]

グレシャス采紀(ぐれしゃす・さき)さん「英語の本を通してみんなに楽しい思い出と笑顔を届ける。」 未来

グレシャス采紀(ぐれしゃす・さき)さん「英語の本を通してみんなに楽しい思い出と笑顔を届ける。」

ーはじめに自己紹介をお願いします。 グレシャス采紀です。ニューヨーク生まれの16歳、高校2年生です。地元の図書館で週末ボランティアを5年間していて、本の整理とイベントの企画の担当をしています。地域の清掃活動にも参加してい […]

髙久夢華(たかく・ゆめか)さん「どんな人でも「夢」について考えることができる環境にするため、教養を広める教育を提供する国際社会で働く人になる」 未来

髙久夢華(たかく・ゆめか)さん「どんな人でも「夢」について考えることができる環境にするため、教養を広める教育を提供する国際社会で働く人になる」

ーはじめに自己紹介をお願いします。 神奈川県の私立高校1年生の髙久夢華です。私は2017年度、小学校6年生の際に少年少女国連大使を務めて水の問題、水の大切さについて興味を持って活動してきました。2017年の夏にニューヨー […]

諸岡杏佳(もろおか・ももか)さん「自由で、希望にあふれた世界にするために、美術の教員になって子どもたちに絵の素晴らしさを伝えること」 未来

諸岡杏佳(もろおか・ももか)さん「自由で、希望にあふれた世界にするために、美術の教員になって子どもたちに絵の素晴らしさを伝えること」

ーはじめに自己紹介をお願いします。 京都産業大学附属中学1年、ゴールフリー山科教室の諸岡杏佳です。12歳です。出身地はオーストラリアのブリスベンで、5歳までいました。6歳から日本に住んでいます。   ー志プレゼ […]

石飛樹(いしとび・たつき)さん「赤谷の森の動植物を守るため、豊かな森創りをして自然との共生を実現させるという、人間が永遠に生きてゆける唯一の道を切り拓く。」 未来

石飛樹(いしとび・たつき)さん「赤谷の森の動植物を守るため、豊かな森創りをして自然との共生を実現させるという、人間が永遠に生きてゆける唯一の道を切り拓く。」

ーはじめに自己紹介をお願いします。 群馬県立沼田高等学校1年生の石飛樹です。よろしくお願いします。   ー志プレゼンテーション大会に参加した理由を教えてください。 私は自然についてお話しさせていただいているんで […]

タグ