ログイン

会員登録

お問合せ
MENU

株式会社エッジコネクション

https://edge-connection.co.jp/

東京オフィス:東京都品川区西五反田1-11-1 AIOS五反田駅前5F  宮崎オフィス:宮崎県延岡市栄町5-1 コンシェール和光2F

株式会社エッジコネクション

https://edge-connection.co.jp/

東京オフィス:東京都品川区西五反田1-11-1 AIOS五反田駅前5F  宮崎オフィス:宮崎県延岡市栄町5-1 コンシェール和光2F

サステナブルな取り組み

株式会社エッジコネクションから延岡市商工観光部 工業振興課さまへの感謝 地域社会・地球環境

株式会社エッジコネクションから延岡市商工観光部 工業振興課さまへの感謝

延岡を拠点としているのは、私の中学の同級生が延岡市役所で企業誘致の担当をしていたことがきっかけです。彼が東京に出張してきて、様々な企業に挨拶回りをしているという話を聞いた当時は、地方の拠点なんてまだまだ先の話だと思っていました。 しかし、その後、改めて話を聞き、延岡の人材を戦力にできたら、とてつもないビジネスチャンスが生まれるのではないかと考えるようになったのです。

株式会社エッジコネクション取締役 趙さんへの感謝 社員・家族

株式会社エッジコネクション取締役 趙さんへの感謝

彼女は弊社のNo.2です。私から厳しい命令や目標を課さなければならない局面が多くあります。そんな時、いろいろと考えることもあると思うのです。不服に思うこともあるかもしれない。ですが、しっかりと受け止めて、最終的には自分の中でちゃんと落とし込んで対応してくれます。

株式会社エッジコネクション上田さんへの感謝 社員・家族

株式会社エッジコネクション上田さんへの感謝

幹部社員の上田さんは、アラ還の方です。私は仕事において年齢は関係ないと考えているので、彼女にもそう伝えると、最初はひどく戸惑っていました。しかし、今では自信満々のコミュニケーションスタイルで話せるようになっています。 いくつであっても「年齢に関わらず成長できる」と信じて仕事に取り組むだけでなく、実際に成長している姿を見せることは、他のメンバーに対しても大きな影響を与えているでしょう。ある意味周りの社員にとってはプレッシャーかもしれませんね。

株式会社エッジコネクションから城南信用金庫 本店営業部さまへの感謝 株主・金融機関

株式会社エッジコネクションから城南信用金庫 本店営業部さまへの感謝

いつもフットワークよく訪問いただき、金融商品や融資制度を紹介してくれるなど、とても親切に対応いただいているので本当に助かっています。城南信用金庫さんに出会っていなければ、コロナ禍による売上の落ち込みを乗り切れなかったかもしれません。 当社は、最初は某メガバンクとお付き合いしていましたが、会社の規模的に、相談したいことがあってもあまり応対していただけなかった。困っていた時に株式会社日本政策金融公庫さんから紹介されたのが、城南信用金庫さんでした。

株式会社エッジコネクションから株式会社日本政策金融公庫 延岡支店さまへの感謝 株主・金融機関

株式会社エッジコネクションから株式会社日本政策金融公庫 延岡支店さまへの感謝

もともと福岡県で飲食店の開業融資を多く担当されていた方に対応していただいています。 当社で社員食堂も兼ねて飲食店を開業したいと考えたのですが、条件が厳しく、その時は融資はおりませんでした。しかし仕事にならないにもかかわらず相談を引き受けてくださり、その後もずっと相談にのっていただいています。とても頼りになる方です。

法人情報

株式会社エッジコネクション

名称株式会社エッジコネクション
代表者名代表取締役社長 大村 康雄
住所東京オフィス:東京都品川区西五反田1-11-1 AIOS五反田駅前5F  宮崎オフィス:宮崎県延岡市栄町5-1 コンシェール和光2F
URLhttps://edge-connection.co.jp/
設立2003年12月12日(前商号:有限会社ネクストサービスサプライヤーにて)
事業内容営業関連の総合サポート業務、テレマーケティング、ウェブ制作等、各種ソリューション提供業務

SDGs

  • 01. 貧困をなくそう
  • 03. すべての人に健康と福祉を
  • 04. 質の高い教育をみんなに
  • 05. ジェンダー平等を実現しよう
  • 07. エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
  • 08. 働きがいも経済成長も
  • 09. 産業と技術革新の基盤を作ろう
  • 10. 人や国の不平等を無くそう
  • 11. 住み続けられるまちづくりを
  • 16. 平和と公正をすべての人に
  • 17. パートナーシップで目標を達成しよう
ありがとうの総数
Total Number of Thanks
5

法人メッセージ

持続可能な営業組織づくりで組織と地域社会にイノベーションを

エッジコネクション大村康雄さん_01_アイキャッチ

「社長の営業課題を丸投げしてほしい」と語るのは、大手企業をはじめ1,200社を超える営業代行・コンサルティング実績を誇る株式会社エッジコネクション代表取締役社長 大村康雄さん。前職のシティバンク銀行時代に培った「営業目標を達成し続ける再現性のある営業部隊づくり」のノウハウを体系化した営業マーケティング支援が特長です。2015年には出身地の宮崎県延岡市にオフィスを開設し、地域の雇用創出にも貢献しています。今回は、代表取締役社長の大村さんが手掛ける新ビジネスの可能性を発掘する営業コンサルティングや社員のエンゲージメントを高く保つための秘訣、さらにSDGsへの取り組みとステークホルダーへの感謝の気持ちを伺いました。(画像提供:株式会社エッジコネクション)

外資系金融機関の営業経験、10年超1,200社の営業支援実績で培ったノウハウ

―株式会社エッジコネクションさんの事業内容を教えてください。

当社は、テストマーケティング等のテレマーケティングに付随して営業戦略を立案する営業コンサルティングを主な事業としています。創業時はアポ取りの代行業務から始めたのですが、仮にアポイントが取れても商談力が低いと売上に繋がりません。そこで営業研修を行なうようになりました。しかし、営業研修で社員が育ってもマネジメントが良くないと離職に繋がるので、営業のマネジメントの改善支援を行なうようになり、さらに営業部門の立ち上げ支援も引き受け……、とお客さまのご要望にお応えするうちに、企業の営業活動に関係するほとんどの領域をサポートするようになりました。

前職が銀行員だったこともあり、最近では財務的な支援やアドバイスも依頼されるようになりました。また、人材系企業とのお付き合いも増えてきたので、人材紹介や派遣会社さんとの取り次ぎも手掛けています。

エッジコネクションキャッチコピー_855
エッジコネクションのホームページ

―随分と事業内容が幅広いですね。事業が広がるきっかけにはどのようなことがあったのでしょうか。

起業して16年になりますが、前職のシティバンクでは投資信託を含む金融の営業をしていました。テレアポも経験則的にサンプル数が増えると「取れる」契約と「取れない」契約の傾向と対策が明確になり、次第に法則化されてきたんですね。「売れるセールスパーソン」が本能的に行き着くところを構造化して、再現性のあるフレームワークを作ったことが、営業戦略立案コンサルへのきっかけでした。

しかし、クライアントがベンチャー企業の場合、ビジネスのサイクルや人材の入れ替わりも早いので、営業研修を行なっても結局は退職してしまう。この悩みを営業マネジメントでどのように解決していけば良いかが課題になるわけです。そこで、様々なマネジメントスタイルを試し、成功法則を体系化して営業組織の立ち上げコンサルティングまで行なうようになりました。この領域にまでたどり着いたのが2016~7年ごろです。

エッジコネクションのコールセンターで働くスタッフ

再現性とエンゲージメントが高い組織を実現するポイントは、いかにゲーム感覚で働けるようにするか

―社員のエンゲージメントを高く保つためのポイントはどのようなところにあると思いますか?

簡潔に言うといかに「ゲーム感覚」で働けるようにするかがポイントだと思います。つまり「ルールが明確」。「操作方法が簡単」であること。この2つがポイントです。

営業組織における上司と部下の関係に置き換えて説明しますと、上司の顔色次第で空気が変わるような職場ではなくて、上司の分かりやすい「取扱説明書」がある状況で、基本的には上司はルール通りのことしかしないようにします。これが「ルールが明確」という第一のポイントです。

第二の「操作方法が簡単」であることも同様です。

例えば、新規開拓の営業であれば「とりあえず行ってこい」ではなく、「初回の商談ではこれをする」というタスクが明確に決められていて、「当社の強みはこう」であり「この強みが刺さるお客さんはこういう傾向」だから「この条件に当てはまるお客さんを探しましょう」というように、タスクをシンプル化して、よりアクションを具体化します。

また、商談で使う各種営業資料をゲームの「装備」のように、「組織の仕組みとして整えていく」ことで、部下はその都度必要な武器を手に取って商談に臨むことができます。これにより、自分の商談スキルへの不安が最小化され、ゲームに夢中になるように、自分の行動に集中できます。

また、ここまで環境を整えると各営業スタッフが行なっていることが平準化されますので、上司も営業の進捗状況や部下の行動プロセスを客観的かつ具体的に把握できるようになります。

よって、上司も部下もゲームの全体状況と解決すべき課題がクリアになるため視界が開け、上司は部下がゲームを攻略しやすくなるようなアドバイスがしやすくなりますので、部下も働きやすくなります。

このようなゲームプランの設計が、エンゲージメントを高めることに繋がっているように思います。

エッジコネクション02

社長の営業課題を丸投げしてほしい、社長美学より、最後の砦となる存在に

―「社長の営業課題、丸投げしてください」というキャッチコピーがコーポレートサイトに掲載されています。御社の営業コンサルティングのノウハウは、10年以上かけて1,200社を超えるクライアントの個別具体的な営業課題の解決に取り組んできたからこその結晶なのですね。

そうですね。そもそもは、自分の周りの経営者の方々が本当に苦労されていたので、何とかそれを助けたい、という、至極シンプルな想いが原点です。営業を仕組み化するノウハウを知っているか知らないかだけで、ビジネスを立ち上げる経営者は気持ちが全く変わってきますよね。

「社長の美学」と言うのでしょうか、「社長」を名乗る代わりに孤独や苦労に耐えるという考え方をされる方も多いのですが、私はそうは思いません。そもそも社長は雇用を生み出すという社会的に貴重なことを行なっているわけで、それを行い続けるためにも平常時は一番余裕がないといけないと思っています。そして、会社に対して責任を負う立場ですので、何らかのアクシデントがあった時に、「この難局は自分の個人名義で数千万円の資金調達をして乗り切ろう」といった、万一の時だけ活躍すればいい最後の砦のような存在であるべきと思っています。

好ましい企業カルチャーを生み出す成功法則とは

―1,200社を超える企業を見てこられた経験から、企業のカルチャーはどのようなところから生まれると思いますか?

好ましい企業カルチャーを醸成するために重要なのは、前提として、陰口を言う文化を作らないことだと思います。当社の行動指針に「素直」という言葉をあげているように、当社は採用にあたって、適性検査を行い、陰口を言うような性格の方を入れないようにしています。

私自身も「陰口を撲滅しよう」と表明していますので、もし陰口のようなことを聞いたら、その人をすぐ呼び出して、本人の前で言ってもらいますね。「直接言えないのだったら、もう言うな」と注意しています。

「私に対しても何かあれば直接来なさい」と伝えていますし、それで本当のことを言われた時には素直に謝ってきました。

―御社の行動指針には、「素直」以外に「還元」「共感」「指摘」「両立」と記載されています。なぜこれらの指針を策定されたのでしょうか?

同じ組織に価値観が合わない人が多くいると、ストレスになりますよね。そこで、自分の中で大事にしている価値観を掲げようと書き出してみたら、この 5つに行き着いたのです。

エッジコネクション行動指針_855

「還元」については「受け取っている給料、いただいている料金を上回る価値を還元しよう。」ということです。私自身が費用対効果はとても意識しています。我ながらお金に関する決裁はシビアですね。例えば、意味もなく「見栄えの良い豪華な椅子を買おう」といったことは絶対にやりません。自分の給与とパフォーマンスに対して常に律していきたいと思っています。

「共感」もそうですね。相手のことを考えたコミュニケーションができない人は困るなと。また、物事を人のせいにする人は嫌だから「自責」でいてほしい。ハードワークが必ずしも良いこととは思っていないので、プライベートの充実のために仕事があるという考え方で「両立」。仕事を遅くまでやるなら、家に帰って本でも読んでほしいですね。非生産的な働き方はなくしていきたいのです。

「素直」というのも、せっかく相手が勇気をもって「あなたのここが良くない」って言ってくれたのに、それに対してムッとしたら意味がありません。第一もったいないですよね。もっとより良い自分になれるはずの改善の機会を逃しているのですから。

こうした発想が理解できる方が入社してくれると良いなと思い、この5つの指針を掲げています。

エッジコネクション社内ミーティング
社内ミーティングの様子

株式会社エッジコネクションが取り組むSDGs

―なるほど。御社には、クライアント企業へのコンサルティングの考え方にもあるように、持続的に社会に価値を提供し続ける組織であるために、「組織と社員は自律する対等なパートナーであり、互いに高め合う存在であろう」という考えがあるように拝察します。
そのような持続可能な組織づくりをされている御社のサステナブルな取り組みについてSDGsの17の目標について順番にお尋ねしていきたいと思います。

SDGs 1: 貧困をなくそう

sdgs 1: 貧困をなくそう

シングルマザーの貧困が社会問題となっていますが、当社ではシングルマザーの方を多く雇用しており、働きやすい環境づくりも意識しています。

SDGs 3: すべての人に健康と福祉を

SDGs3すべての人に健康と福祉を

当社では、スタッフ全員が健康でいてほしいということもあり「早く帰るように」と常に言っています。長時間労働は一切評価しておらず、20時には会社を閉めるということも行なっています。よって、制度としても、むしろ勤務時間が長くなるほど、評価が下がる人事評価にしています。

SDGs 4: 質の高い教育をみんなに

SDGs4質の高い教育をみんなに

社員が自己研鑽のために購入する書籍については「書籍購入補助制度」があり、会社が経費として負担しています。
申請方法は簡単で「これを読みました」と領収証を提出するだけです。ジャンルは特に問いません。マンガでも構いませんが、読み終わった本は会社に寄贈してもらうので、そこまで変な本はないですね(笑)

エッジコネクション書籍購入補助制度
オフィスには書籍購入補助制度を利用して社員が購入した本がずらり。

SDGs 5: ジェンダー平等を実現しよう

SDGs5: ジェンダー平等を実現しよう

当社は取締役の趙は女性ですし、執行役員の河野、宇野、永友と3名も全員が女性です。男性の役員は今はおりません。主な業務がコール業務ということもあり、そもそも女性スタッフが多いこと、採用活動で適性検査を実施すると当社が求める適性には女性の方がマッチする割合が高いため、社員の7割は女性です。男性がいないわけではありませんが、平等に評価した結果、出世しているのは女性が多くなっています。

SDGs 8: 働きがいも経済成長も

SDGs8働きがいも経済成長も

当社は、ミッションとして「私達は、あらゆる企業の営業効率を改善することで、人々が仕事とプライベートの両方を最大限充実させられる社会を作ります。」と掲げています。

エンドユーザーの顧客に対しても、もちろんミッションに基づくコンサルティングを行なっていますが、まず自分たちがそうならなければいけません。長時間労働への取り組みもそうですが、社員の働き方や、生産性・パフォーマンスの向上については非常に重視しています。当社はシングルマザーも多く働いていますので、子育て中の方が働きやすい環境づくりも意識していますね。

エッジコネクション仕事の生活の両立応援宣言書
仕事の生活の両立応援宣言書

SDGs 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう

SDGs9産業と技術確認の基盤をつくろう

当社は、まだ世の中にあまり認知されていない商品・サービスの営業支援や代行を依頼されるケースが多くあります。企業が、新規事業を展開する際、営業人員を採用する前に、まず外部業者を使ってテストマーケティングをしてみようという段階です。そういう意味では、技術革新の種火を少しずつ大きくするのに寄与していると言えるかもしれません。


SDGs 10: 人や国の不平等をなくそう

SDGs10人や国の不平等をなくそう

当社では、社員の雇用形態による待遇差はありません。例えば、時短社員の方だから給料のベースや時給が下がるということはありません。単純に勤務時間が短くなった分の給与になるという公平な制度になっています。

SDGs11: 住み続けられるまちづくりを

SDGs11住み続けられるまちづくりを

これは、当社が延岡に拠点を作ったことに大きく関係しています。延岡に限らずどの地方でも、優秀な人材の多くは東京などの大都市圏に出て行ってしまって、イノベーションが起こりにくくなり、人口減で衰退してしまうという問題がありますよね。

私が延岡に拠点を作ったのは、自分の地元で、高校まで生活していた場所だからです。かつ、延岡市役所で企業誘致を担当していたのが私の中学生の同級生という縁もありました。

地元にどうやって貢献できるかと考えた時に「延岡でもこんなに面白くてクリエイティブな仕事ができるんだ」ということを広めて、延岡に残ってくれる方、戻ってくる方を増やしたいと考えました。

当社のコール業務は、受電ではありません。営業のフレームワークを使って荷電するマーケティング業務です。電話をかけた結果「こういう傾向が見えてきたから、もっとこうしよう」といった現場レベルのコンサルティングを起点としています。最近はコロナ禍の影響もあり、オンラインミーティングが主流になり、入社前までは専業主婦だった方が、延岡から東京の大手企業を対象としたコンサルティング業務も行なうこともできるようになりました。東京や大阪などでバリバリのビジネスキャリアを積んで、延岡に戻った方たちも入社してくれましたので、立ち上げから 3 年ぐらい経つと、「延岡の方が東京よりも業務スキルが高い」という状況になっていました。

エッジコネクション延岡駅ターミナルの外観
スタイリッシュでありながら、木のぬくもりに溢れる延岡駅ターミナル。ビジネスからファミリーまで、クリエイティブで誰もがくつろげる空間。
エッジコネクション宮崎県延岡市の自然
宮崎県は「SDGs調査2020(都道府県版)」2年連続「幸福度ランキング1位”(ブランド総合研究所調べ)。宮崎に移住して当社で働くと、ご家族なら100万円、単身者なら60万円が受け取れます!

SDGs 16: 平和と公正をすべての人に

SDGs16平和と公正をすべての人に

私は、これまで 16 年の間会社を経営してきましたが、その間で取引先や社員訴訟沙汰になったことは1件もありません。前職が銀行員でしたので、コンプライアンス感覚が身についているという面もあるのかもしれません。

―最後に、SDGsの17番目の目標 「パートナーシップで目標を達成しよう」についてです。これまでのお話からも随所に感じられますが、御社はお客さまや取引先のみならず、社内外のステークホルダーとともに、社会課題の解決やお客さまの問題解決に取り組んでいらっしゃいます。SDGsや ESGなどについては、パートナーシップを重視して日々の業務に邁進する御社スタッフの方々のアクションの1つひとつが SDGsの取り組みに繋がっていると言えるのではないでしょうか。本日はありがとうございました。

SDGs 17: パートナーシップで目標を達成しよう

SDGs17「パートナーシップで目標を達成しよう」

◎企業概要
株式会社エッジコネクション
https://edge-connection.co.jp/
代表取締役社長 大村 康雄
設立:2003年12月12日(前商号:有限会社ネクストサービスサプライヤーにて)
所在地:東京オフィス:東京都品川区西五反田1-11-1 AIOS五反田駅前5F
宮崎オフィス:宮崎県延岡市栄町5-1 コンシェール和光2F
事業内容:営業関連の総合サポート業務、テレマーケティング、ウェブ制作等、各種ソリューション提供業務

閉じる

タグ