ログイン

会員登録

お問合せ
MENU

ESG投資

SDGs最先進県 神奈川県の先駆的な取り組み3選~行政がつながりの仕組みと可視化を推進|神奈川県いのち・未来戦略本部室SDGs推進グループ清木信宏さん SDGsの取り組み

SDGs最先進県 神奈川県の先駆的な取り組み3選~行政がつながりの仕組みと可視化を推進|神奈川県いのち・未来戦略本部室SDGs推進グループ清木信宏さん

SDGs達成の鍵とされている地方自治体。国・政府、企業・団体、地域住民の間に位置する行政機関である地方自治体は、グローバルとローカルな社会課題の解決策をつなぐ橋渡し的存在としてその重要性が強調される。その先導的な立場として注目されているのが神奈川県である。2018年にSDGs未来都市、自治体SDGsモデル事業として選出された同県では、地域住民のSDGsへの認知を向上させる取り組みや企業との連携推進による施策を全国に先駆けて行なってきた。今回は神奈川県政策局いのち・未来戦略本部室SDGs推進グループのグループリーダー清木信宏さんに、神奈川県の具体的な取り組み施策、SDGs金融や地域通貨の広がり、ステークホルダーとの関係性についてお話を伺った。

新興市場の上場企業、IPOを目指す企業にとって、2020年3月24日のスチュワードシップコード改定が意味するESGへの対応要請とは? コラム

新興市場の上場企業、IPOを目指す企業にとって、2020年3月24日のスチュワードシップコード改定が意味するESGへの対応要請とは?

2020年3月24日の「責任ある機関投資家」の諸原則 ≪日本版スチュワードシップ・コード≫ ~投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために~が金融庁から発表されました。この中で機関投資家はより企業のサステナビリティ(E […]

タグ