ログイン

会員登録

お問合せ
MENU

障がい者

行政書士YTRディア法務事務所は共に障害福祉業界を明るくするパートナー合同会社Five nine代表社員長谷田和亜さん お客様

行政書士YTRディア法務事務所は共に障害福祉業界を明るくするパートナー合同会社Five nine代表社員長谷田和亜さん

「利用者さんに年齢に区切られない支援を」と話す、合同会社Five nineの代表社員長谷田和亜さん。都内で障害を持った子どもたちの放課後等デイサービスと居宅介護・移動支援事業を営む。利用者へ寄り添った暖かい視線の先に、対象年齢を広げるための事業拡大を見据えている。その計画を伴走するのが、「障害福祉業界を明るくしたい」と掲げて活動する、行政書士YTRディア法務事務所の篠原雄太郎さんだ。互いの提供価値と行動がパズルのように合わさって展開していく2人の様子を、長谷田さんの視点からお聞きした。

一般社団法人つくし 代表理事 石橋政樹|笑顔のある環境づくりと寄り添う心で、利用者とスタッフを支える 企業メッセージ

一般社団法人つくし 代表理事 石橋政樹|笑顔のある環境づくりと寄り添う心で、利用者とスタッフを支える

福島県福島市で2017年から障がい者支援事業を行う一般社団法人つくし。リハビリ型デイサービスを運営する「せいふうケア」グループのひとつであり、代表理事の石橋政樹さんは、柔道整復師として整骨院勤務、デイサービスの立ち上げを […]

高い職員定着率の秘訣はコミュニケーションの2:8の法則にあり|一般社団法人つくしから見たせいふうケア 社員・家族

高い職員定着率の秘訣はコミュニケーションの2:8の法則にあり|一般社団法人つくしから見たせいふうケア

質の高い介護サービスを提供するには職員定着率を高める必要がある。その秘訣は、職員とのコミュニケーションにおける2:8の法則にある。リハビリ重視型・短時間デイサービスを展開するせいふうケアグループの創業メンバーのひとり、一般社団法人つくし代表理事の石橋さんはそう語ります。まるで第二の実家のような存在になっている、せいふうケアのグループの立ち上げから現在に至るまでの変遷と、事業への想いを伺いました。

障がい者×アート×ビジネスで自立支援|障がい者アート協会 熊本豊敏代表理事 企業メッセージ

障がい者×アート×ビジネスで自立支援|障がい者アート協会 熊本豊敏代表理事

「障がい者の自立支援」は障がい者福祉で最大のテーマの一つ。生産性を軸とした報酬体系や労働体系の壁に直面する障がい者は少なくないなか、アートの面から障がい者の自立に携わる一般社団法人障がい者アート協会。代表理事の熊本豊敏さんにステークホルダーへの想いを伺いながら障がい者アートの可能性を探ります。

金沢QOL支援センターは社会課題の解決を目指す兄弟のような会社|ポタジェ澤邉友彦代表が語る 取引先

金沢QOL支援センターは社会課題の解決を目指す兄弟のような会社|ポタジェ澤邉友彦代表が語る

「障がいを持つ方が経済的自立ができていない社会を変革したい」という想いで自立支援を行う金沢QOL支援センター。農業と福祉の連携「農福連携(のうふくれんけい)」で高齢化する農業現場の働き手の確保と障がい者の就労支援の両立を目指す。金沢QOL支援センターの連携パートナー株式会社ポタジェ澤邉友彦さんにお話を伺った。

日本財団フェイスシールドプロジェクトの舞台裏~イノベーションはステークホルダーとの協働の中で起こる 有識者VOICE

日本財団フェイスシールドプロジェクトの舞台裏~イノベーションはステークホルダーとの協働の中で起こる

新型コロナ感染症の世界的な拡大に伴い、社会全体で大きな行動変容が求められ、新しい日常を手探りで模索する日々が続いています。この間、多くの企業・団体がフェイスシールドやマスクを制作し、各所に寄贈する流れがありました。日本財 […]

障がい者雇用に新提案  株式会社エスプールプラスが取り組む「障がい者・企業・自治体を繋ぐ農業運営」 企業メッセージ

障がい者雇用に新提案 株式会社エスプールプラスが取り組む「障がい者・企業・自治体を繋ぐ農業運営」

「『障がい者の雇用の促進等に関する法律』に基づく法定雇用率」。この言葉に今、多くの企業が頭を悩ませている。 政府は障がい者の職業安定を図り均等な機会と待遇の確保する、という美辞麗句を掲げている。だが、実際に彼らを雇用しな […]

タグ