ログイン

会員登録

お問合せ
MENU
行政書士YTRディア法務事務所

行政書士YTRディア法務事務所は共に障害福祉業界を明るくするパートナー合同会社Five nine代表社員長谷田和亜さん

share
合同会社Five nine

「利用者さんに年齢に区切られない支援を」と話す、合同会社Five nineの代表社員長谷田和亜さん。都内で障害を持った子どもたちの放課後等デイサービスと居宅介護・移動支援事業を営む。利用者へ寄り添った暖かい視線の先に、対象年齢を広げるための事業拡大を見据えている。その計画を伴走するのが、「障害福祉業界を明るくしたい」と掲げて活動する、行政書士YTRディア法務事務所の篠原雄太郎さんだ。互いの提供価値と行動がパズルのように合わさって展開していく2人の様子を、長谷田さんの視点からお聞きした。

行政書士YTRディア法務事務所と共に、放課後等デイサービスと居宅介護・移動支援を軸に事業拡大を構想中

―まず御社の事業内容を簡単に教えていただけますか。

合同会社Five nineは放課後等デイサービス「でぃあな」と、居宅介護・移動支援「ケアサポートてぃあ」を東京都練馬区で運営しています。放課後等デイサービス「でぃあな」は、障害を持った小学校1年生から高校3年生までの子どもたちの療育や訓練の場です。

「ケアサポートてぃあ」は障害を持った方のご自宅に伺って、介助や生活のお手伝いをする他、練馬区の事業で移動支援と言って、通学や外出、余暇活動などのお手伝いもしています。地域に根差して、障害を持った方々が自立した日常生活と社会生活を営むサポートを提供しています。

この2つの事業に加えて、高齢者介護の事業と18歳以上の方を対象とした就労支援事業を始めようと動いています。どちらも、利用者さんの年齢が上がるにつれ、これまでの事業の対象年齢を外れてしまう方をサポートしたくて考えたことです。介護事業については、障害をお持ちの利用者さんも、65歳を過ぎてしまうと介護保険の範疇になってしまい、利用いただけなくなることから、一貫したサポートをしたくて今年の5月に認可を取得済みです。

就労支援事業は、放課後等デイサービス「でぃあな」を卒業した18歳以上の方々へ、サービスとサポートの対象年齢を広げたいと考えて取り組んでいます。事業拡大にあたって相談に乗っていただいているのが、篠原先生ということになります。

毎回交流や勉強会に参加してくれる長谷田さんに感謝

―その行政書士YTRディア法務事務所の篠原さんから、長谷田さんへ感謝のメッセージをお預かりしていますので、代読いたしますね。

行政書士YTRディア法務事務所 篠原先生へ

  • 行政書士YTRディア法務事務所
  • Fivenine

合同会社Five nine 長谷田和亜(代表社員)さん

合同会社Five nineは、放課後デイサービスを運営する会社です。2021年2月からコンサルティングを行っており、「これからずっとお願いしたい」と嬉しい評価をいただいています。私は、2021年4月から『障害福祉業界を明るくしたい交流勉強会』をzoomで主催しているのですが、代表の長谷田さんが「自己紹介が苦手…」と仰りながらも、毎回しっかり参加してくださっているのが非常に嬉しく思っています。聞いてみたいことは、「私が色々お誘いしていますが、迷惑になっていませんか?」ということでしょうか(笑)。

合同会社Five nine 長谷田和亜(代表社員)さんの行政書士YTRディア法務事務所への想い

勉強会や交流会での建設的な対話が事業アイデアのブラッシュアップになる

―このようなメッセージをお預かりしてきましたが、実際にはいかがなのでしょうか(笑)。

全く迷惑じゃありません!迷惑どころか本当にありがたく思っています。新しい知識も参加している皆さんのお話も、色々な価値観に出会えて学んだことを事業に還元できるようになってきました。篠原さんとお会いできて、お誘いしてもらっていなかったら、ここまで活発に活動できていませんでした。「やりたいけどどうしよう?」と考えるだけで行動に移せていなかったと思っています。

篠原先生に誘っていただく勉強会や交流会では異業種交流もあって、福祉業界以外の方から全く違った意見や刺激をもらえています。それぞれ違った環境や背景を持っている参加者の中なのに、「こういうことをやってみたい」と話してみると、まずは「いいね!」という声が次々に上がることに驚いています。

そこから「こうしたら?」「何が必要かな?」という建設的な話し合いで盛り上がっていくのです。やりたいことを言葉にしてみるとコラボが生まれて、より良いアイデアにブラッシュアップされていきます。学ぶだけに止まらない繋がりが広がっていくことが心からありがたいです。

業務を超えた楽しさが、利用者へ、そして業界を明るくする

―行政書士YTRディア法務事務所の篠原先生と参加する勉強会や異業種交流会は、参加者同士で皆が一歩前に進もうとするポジティブな場になっているのですね。

はい。篠原さんが掲げる「障害福祉分野をもっと明るくしたい」という言葉にも考え方にも、とても感銘を受けて、共感しています。仕事がさらに楽しくなり、運営する側の楽しさや明るさが利用者さんへ伝わって広がることを体験している最中で、そうやって業界全体も明るくなっていくのだろうと希望を持つことができています。

「べき論」にとらわれない柔軟な提案とサポートはまさに太陽的存在

―篠原さんとはどのように出会ったのでしょうか?

以前は大きな事務所の方のサポートを受けていたのですが、2年ほど前に、就労支援のB型事業所を開業する際に、色々行政からの条件があるので手間取ってしまい、篠原先生を紹介してもらいました。いざ連絡して相談したら、勉強会や交流会へのお誘いもたくさんくださって…行政書士さんには、事業立ち上げの相談だけするものだと考えていましたが、篠原先生はご自分の業務以上のものを与えてくださって、事業も自分自身も育ててもらっている感覚が強いです。

―長谷田さんのお話を伝えたらとても喜んでいただけそうですね。篠原さんは長谷田さんから見てどんな方なのでしょうか?

太陽のような存在ですね。存在が大きすぎて言葉にできないです。懐が深くて、障害福祉業界の未来を本当に考えていらっしゃって、関わる人みんなを大切にしていらっしゃいます。

業務や業界の枠組みに関係なく、どんな相談にも乗ってくれます。考え方が「〇〇すべき」というべき論から自由な方で、提案の仕方も内容も多様で本当に相談しやすい方です。

「障害福祉業界を明るくしたい」という目標を共に大きく掲げたい

―長谷田さんから見て、篠原さんにこれから期待することは何かありますか?

これ以上何を期待するのかというところなのですが、地道に活動なさって「知る人ぞ知る」存在か、業界問わず世に知られて名前を言えば「あ、あの方!」いうドーンとした存在になられるのかを期待しています。僕はその一味、という形で(笑)。障害福祉業界の中に止まらず、もっと知られて大きくなっていただきたいと考えています。

―今後、篠原さんと一緒にこれがしたい!ということはありますか?

篠原さんが掲げていらっしゃる「障害福祉業界を明るくしたい」そのものですね。あまり認知されていない業界ですけれど、社会の中にはしっかりと障害を持って暮らしている利用者さんの生活というものがあるのです。利用者さんの生活や将来の選択肢を狭めない方法を、関わる人たちだけでなく、社会みんなでどうやったらできるかを楽しく考えていきたいと描いています。

業界としてさらに社会に認められることで価値が生まれるので、運営側も利用者さんもそこにもっと挑んでいきたいですね。「難しいことが多いよね」と言いながら、力を貸してくれている篠原さんは頼もしいです。一緒に業界を明るくしていこうと思います。

 

Fivenine

<プロフィール>

長谷田 和亜

合同会社Five nine代表社員

 

<企業概要>

社名 合同会社Five nine

所在地 〒178-0063東京都練馬区東大泉4-25-16

代表社員 長谷田 和亜

連絡先 Tel03-3925-7780 Fax03-5935-9479

share

この法人のその他の記事

タグ