ログイン
ログイン
会員登録
会員登録
お問合せ
お問合せ
MENU

生産性向上への貢献、環境配慮、人財育成に注力-パンチ工業のSDGs推進事例【SDGs関連ニュース】

SDGsの取り組み コラム
リンクをコピー

先月の記事で「企業のESG、SDGsへの取り組みが融資条件として評価」されるとして、三井住友銀行のタカラレーベン株式会社への融資事例を取り上げました。今回は、同じく三井住友銀行より 「SDGs推進融資」を受けた企業である、岩手県のパンチ工業株式会社におけるSDGs推進事例を見ていきましょう。「SDGs推進融資」とは、 SDGs の目標達成に向けた貢献が期待できる事業を行っている企業に対して、融資とともに資金調達の実行後に、分析結果や今後に向けたアドバイスを行うものです。

パンチ工業株式会社のSDGs取り組み内容

パンチ工業は、自動車関連や電子部品・半導体関連など、多様な業界向けに高精度な金型用部品を提供する企業です。「かけがえのない自然を大切にし、環境にやさしい商品づくりを通じ、 社会の発展に貢献します。」という環境理念と共に、省資源、省エネルギーの推進や廃棄物の削減と再資源化にも取り組んできました。金型における鉛や六価クロムなどの有害物質排除に早期から取組んでもいます。また、生産に関する取り組みだけでなく、人材活用や働き方改革についても積極的に行っていることが評価されました。

顧客の生産性向上への貢献、サプライチェーン全体での環境配慮の促進

SDGsの目標8「働きがいも 経済成長も」また、目標12「つくる責任 つかう責任」の達成を目指せると以下の点が評価されています。

  • 精度の高い金型用部品の提供→耐久性の高い部品であるため交換頻度が下がり、お客様の製造工程における生産性向上に寄与
  • 3Dスキャナの測定技術を活用したサービスの提供→お客様の開発リードタイム短縮や品質完成度向上に貢献
  • 鉛や六価クロムなどの有害物質排除
  • RoHS規制(電気・電子機器などの特定有害物資の使用制限に関するEUの法律)等の環境法規制に適合する商品の開発

自社製品の高品質化と環境適合性を同時に高めることで、結果的に顧客満足度や生産性向上に寄与しています。製品を使うお客様のことまでを考えた開発が評価されたといえるでしょう。

女性活躍推進と社員教育の充実によるディーセントワークの実現

さらに、パンチ工業が力を入れて推進しているのは人財育成と活用です。SDGsでいうと目標4「質の高い教育をみんなに」目標5「ジェンダー平等を実現しよう」目標8「働きがいも 経済成長も」について以下の取り組みを実施しています。

  • 社内教育機関「パンチアカデミー」(製造基礎(座学、実技)や品質管理など、70以上の講座を予定)での研修
  • 海外グループ会社の従業員を日本に招いての研修
  • 技能実習生の受け入れ
  • 女性活躍推進行動計画において「昇格者比率の男女差を1%以内に抑える」といった目標を設定

他にも、社会への取り組みとして、地元学校による「職場見学会」や講師の派遣、美化活動、環境保護のための植樹活動なども実施。女性活躍推進については、2021年6月に「いわて女性活躍認定企業等(ステップ2)」に認定されています。岩手県における女性活躍認定企業等については、ステップ1と2があり、ステップ2の方がより推進が進んでいる企業に与えられるものです。

企業を支える、従業員だけでなく未来世代も含めた「人」の教育、海外人材の活用、ジェンダーギャップを克服すべく女性の活躍を推進することは、少子高齢化が進むこれからの日本でますます求められる活動と言えるでしょう。

参照:パンチ工業株式会社 公式サイト
パンチ工業株式会社プレスリリース「三井住友銀行より 「SDGs推進融資」を受けました」

人材育成に力を入れる企業事例~cokiより

cokiでは、サステナビリティについて考え、実際に取り組んでいる様々な団体・企業への取材を行っています。今回はその中で「人材育成」について考えるきっかけになる記事をピックアップしました。ぜひご覧ください。

「セムコ・ヴィジョン宣言」でSDGsを推進|サステナビリティの観点から紐解くセムコ株式会社

船舶燃料などの計測機器「液面計」で国内トップシェアを誇るセムコ株式会社。SDGsの17目標のうち、「5:ジェンダー平等を実現しよう」、「8:働きがいも経済成長も」、「14:海の豊かさを守ろう」、「16:平和と公正をすべての人に」への取り組みを宣言しています。2018年には「セムコ・ヴィジョン」を策定し、宣言を確実に実践していく体制を整えました。その内容についてのインタビュー記事です。

「仕事をすること=社会貢献」が当たり前な世の中をつくりたい|株式会社アイ・コンサルティング谷川宏樹

株式会社アイ・コンサルティングは、中小企業を中心に人材組織づくりや理念づくりなど企業の体質強化に踏み込んだ本質的なサポートで高い評価を得る、神奈川県藤沢市の経営コンサルティング会社です。「いい会社をつくるサポートをして、生き生きと働く人を増やすことが、企業の未来、ひいては地域や社会の未来に繋がる」と話す谷川さんに同社のステークホルダーへの想いを伺いました。

ベトナム人実習生と株式会社シードパートナーから見た日本自動ドア株式会社

「企業には未来を生きる世代に、より良い社会を受け渡していく責任がある」という観点から、日本自動ドア株式会社代表取締役の吉原二郎さんと、株式会社シードパートナー代表取締役の永沼秀一さん、そして、同社が斡旋し、現在は日本自動ドアで正社員として働くベトナム出身のグエン・バン・ドゥックさんとカオ・ヴァン・ヒエウさんにお話をお聞きしています。

参照:coki

タグ


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/gumigasuki/coki.jp/public_html/wp-content/themes/coki/single.php on line 214