ログイン

会員登録

お問合せ
MENU
株式会社シードパートナー

取引先

/ 株式会社シードパートナー

株式会社ソーシャライズ代表が語るシードパートナーの「超調整力」

share

株式会社ソーシャライズ代表が語るシードパートナーの「超調整力」以前の記事で、株式会社シードパートナーが各ステークホルダーとどのように向き合っているかをお伝えしました。

<関連記事>

シードパートナーのステークホルダーに対する思いは、こちらから読むことができます!

シードパートナーのステークホルダーに対する思い

 

株式会社シードパートナーとは、外国人人材斡旋と総合経営支援の2つを主事業とし、企業の経営課題の解決に取り組む会社です。同社の外国人人材斡旋事業と協働し、企業の人材不足の解消と海外展開のサポートを行っているのが、株式会社ソーシャライズです。ソーシャライズは、外国人人材の採用・育成・活用をメインに、外国人材や留学生の就労に関する事業(教育・メディア・コンサルティング)を幅広く行っています。

今回はソーシャライズ代表取締役社長の中村拓海さんに、シードパートナーとの協働や代表取締役の永沼秀一さんについて語っていただきました。

 

「無理なので、諦めてください。でも…」という提言ができるかが成功の鍵

株式会社ソーシャライズ 代表取締役社長 中村拓海さん
—シードパートナーとはどのように協業しているのか教えてください。

 

当社とシードパートナーさんとの協業は、日本自動ドア株式会社さんの外国人エンジニアの採用プロジェクトからとなります。同社は自動ドアの生産からアフターサービスまで一手に担う業界大手の老舗企業で、高度な設置・メンテナンス技術を世界に広めるというミッションを掲げています。そのためには、優秀な外国人のエンジニアの採用が必要不可欠です。そこで日本自動ドアさんが、外国人人材斡旋を行うシードパートナーさんに「優れた外国人材を紹介してほしい」と依頼されたのだそうです。

シードパートナーさんからその事情を伺った弊社は、適切な外国人材の候補者を集め、日本語教育や運転免許の取得支援等を行い、シードパートナーさんに候補者たちを預けます。するとシードパートナーさんが、候補者たちを日本自動ドアさんに紹介し、選考が始まるという流れです。今まで12人ほど紹介し、無事に全員が採用に至っています。

—この協業のポイントはどこにあるのでしょう?

ポイントは弊社と日本自動ドアさんの間に入るシードパートナーの永沼さんの卓越した調整力でしょうね。弊社の任務は、日本自動ドアさんが「ぜひ採用したい!」と思う適切な候補者を集めること。しかし、当社は日本自動ドアさんとは面識がありませんので、仲介役となる永沼さんの言葉を、日本自動ドアさんの意向として全面的に信じることになります。1対1であっても、相手の要望を完全に理解し、その要望に完璧に合致した求職者を紹介するのは至難の業です。それを伝言ゲームにならないように、間に入って上手く調整できるのは永沼さんの実力あってこそだと思います。結果として、採用率100%でしたから、まさに完璧ですね。

—永沼さんの「調整力」の凄さについてもう少し具体的に教えてください。

株式会社ソーシャライズ 代表取締役社長 中村拓海さん
前提として、相手の要望に完璧に合致する求職者は存在しません。求職者の個性や技能は様々ですし、求人企業に外国人材の採用経験がないと、そもそも要望が無茶過ぎるという場合もあるからです。外国人材の斡旋は非常に専門性が高い領域です。技能実習生、外国人アルバイト、日系企業で働く外国人、留学生。彼らの特徴や各々の採用のために必要な手続きは異なりますので、これらを熟知して対応できる企業は、この業界であっても極めて少ないのが現状です。

しかし、永沼さんは海外(フィリピン)で日本語学校を運営していたり、過去の外国人材の斡旋事例も豊富ですので、外国人材が日本で学び、就職し、立派な戦力として活躍するまでの一連の流れをよくご存知です。だからこそ、「この条件は無理なので、諦めてください」と求人企業にきっぱり言うことができます。この提言は非常に重要です。これができずに求人企業の御用聞きのようになっていると、必ずトラブルや不満が生まれます。永沼さんは求人企業に対して、できないものはできないとお伝えしたうえで、「その代わり、条件をこのように変えてくれたら、御社に不可欠な素質を持っている人は紹介できます」という提案ができるため、数々の企業から信頼を勝ち得ているのだと思います。もちろん私にとっても、永沼さんは最も信頼できるパートナーの一人です。

 

利益至上主義とは一線を画す、シードパートナーの誠実すぎる仕事ぶり

株式会社ソーシャライズ 代表取締役社長 中村拓海さん
—永沼さんと知り合った経緯を教えてください。

私の大学の後輩が永沼さんの会社でアルバイトをしていたのがきっかけです。後輩の紹介で4、5年前に初めてお会いしました。人材斡旋という仕事柄、最重要なのは信頼です。ここ数年のお付き合いで永沼さんの仕事に対する真摯な姿勢には何度となく心打たれてきました。

 

—永沼さんとの数年のお付き合いから、永沼さんはどんな方だと思いますか?

永沼さんは、本当に仕事に誠実に取り組む人です。他企業が面倒で嫌がる案件にも真正面から取り組み、期待以上の成果を出します。

元来、外国人材の斡旋には面倒な手続きがつきものです。3名の外国人留学生に内定を出した場合、入社日は全員一緒ですが、各々が持つ在留資格の期限はバラバラです。入社日まで期限があるか、入社日の数ヶ月前に期限切れになるのかで取るべき措置が全く異なります。例えば、入社3ヶ月前に期限が切れる留学生は、学校に所属するなど特定の条件を満たしていない限り、日本に住み続けることができません。そのため斡旋企業は、求人企業と相談しながら、数ある特別措置から条件を満たした適切な選択肢を選び、煩雑な手続きを行う必要があります。儲け主義の斡旋エージェントはこの面倒な手続きを理由に、将来有望な留学生を選考外にしてしまうこともしばしばあります。

その点、永沼さんはイレギュラーかつ面倒な交渉や手続きをきちんと行ってくれる人です。しかも求人企業にやるべき事柄を説明し、面倒な手続きを「あえてやってもらっている」ので、求人企業は外国人材の採用に関わるナレッジを財産として貯めることができます。永沼さんが手続きを代行すればその時は楽でしょうが、求人企業の長期的な成長や、業界全体の発展、ひいては日本における海外人材の活躍の場を広げるという視点で見ると、永沼さんの仕事のスタンスは非常に素晴らしいと思います。

—では、反対に永沼さんの「少し心配になるところ」があるとすれば、それは何でしょう?

そうですね、永沼さんは私からすると「お客さんに尽くし過ぎ!」に見えるときがあります。時に足元を見られることも多い我々の業界においては、高品質なサービスを格安・無料で提供すると遠慮なく消費されてしまうケースが多々あります。永沼さんは困っている人を見ると助けずにはいられない優しい人でもあるので少し心配になりますね(笑)。

でも、そんな優しい永沼さんが率いる会社だからこそ、シードパートナーさんとは一生お付き合いをさせていただきたいと思っています。正直、弊社も効率を最重視して、サービスの質を下げようとは考えていないので、利益至上主義の企業とは合わないんです。その点、シードパートナーさんとは、地道だけれど着実に歩み続けることで、遥か遠くまで一緒に進んでいけると思っています。今は大変な時勢ですが、今後ともお互いを高め合いながら、業界全体、日本経済を潤す一助になっていきたいと思います。

 

【プロフィール】

中村 拓海

株式会社ソーシャライズ 代表取締役社長 

外国籍人材に特化した人材コンサルタント。求人者と求職者を直接つなぐマッチングを約300名、求人者への採用アドバイスもしくは求職者への就職・転職アドバイスを通じた間接的なマッチング支援を2,000名以上実現させている。

 

【会社情報】

会社名:株式会社ソーシャライズ(英語表記:Sociarise co.,ltd)

https://sociarise.co.jp/

代表者名:中村 拓海
設立:2014年11月
事業内容:
1.外国人材の採用・育成・活躍に関するコンサルティング
2.海外及び外国人に関わる事業の構想、計画、実施のアドバイス及び支援
3.仕事における日本語の学習支援、キャリア教育、能力開発支援
4.外国人留学生の就職支援施策の立案・構想・実施及びカウンセリング業務
5.外国人材に関する調査、研修、講習等の企画及び実施
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂4-13-5 赤坂オフィスハイツ279
電話番号:03-6675-9913
コンタクト:info@sociarise.co.jp

share
WRITER
ライター
佐野 友美
このライターの記事一覧

1991年東京生まれ。中央大学法律学部出身。卒業後は採用コンサルティング会社に所属。社員インタビュー取材やホームページライティングを中心に活動中。

この法人のその他の記事

株式会社シードパートナーと株式会社ステップ・ケイ・スリー とのつながり 取引先

株式会社シードパートナーと株式会社ステップ・ケイ・スリー とのつながり

株式会社シードパートナー パートナー (製造業コンサル) 株式会社ステップ・ケイ・スリー 代表取締役 渡辺正様へ

渡辺さんには前職時に毎晩のように相談に乗ってもらうなど、本当にお世話になりました。 あの会社から独立起業できたのも、渡辺さんのご支援があってこそです。感謝してもしきれないと思っています。

タグ