ログイン

会員登録

お問合せ
MENU
有限会社エイジ

取引先

/ 有限会社エイジ

有限会社エイジ 代表取締役社長の三戸栄さんから株式会社ムラカミへの感謝

share

有限会社エイジ 代表取締役社長の三戸栄さんから株式会社ムラカミへ

  • 三戸さん
  • 株式会社ムラカミ

創業当時からお世話になっているディーラー様です。日本中でシェア争いが過熱しているディーラー業界の中で、過度な事業展開や小ディーラーの買収などは行わず、中国地方の顧客中心に、訪問営業という形にこだわり営業されています。エイジが4年前、自社物件で土地建物を取得しようとした際、ムラカミさんの取引銀行に紹介していただき、初めての取引にもかかわらずどこよりも良い条件で借り入れをすることができました。昔から付き合いのある営業さんとは若い頃に、「将来あなたが役員になるくらいまでお付き合いしましょう。きっと凄い力を持つようになるでしょうからね」と話していました。4年前に彼は本当に役員になったのですが、「思っていたより力ないね?」とお互い笑って話せる仲です。

ムラカミさんは人と人とのつながりを大切にされている会社だと感じています。他社からいくら良い条件を提示されても、ずっとムラカミさんと取引をしている理由はそういうところにあります。今後ムラカミさんには、事業承継に悩む美容室の力になってあげてほしいと思っています。「年齢のせいで体がしんどいのでスタッフごと面倒をみてほしい」という美容室も少なくないはずなので、そういった美容室と優良企業をつなげるM&Aの仲介役としての役割を期待しています。

share

この法人のその他の記事

有限会社エイジ 代表取締役社長の三戸栄さんから大久保秀夫塾への感謝 地域社会・地球環境

有限会社エイジ 代表取締役社長の三戸栄さんから大久保秀夫塾への感謝

公益資本主義推進協議会(PICC)の大久保秀夫会長が、過去30年の経営者人生で習得した思考と行動を学び、「成功する社長力」を身に付けるための経営塾です。大久保塾長と出会った2011年は色々な面で気づきと変化の年でした。紹介で入った大久保塾、この時は1期生で大久保塾長自ら講師を務められ、毎回目頭が熱くなったのを覚えています。経営は利益の追求だと思っていた私に

有限会社エイジ 代表取締役社長の三戸栄さんから株式会社ムラカミへの感謝 地域社会・地球環境

有限会社エイジ 代表取締役社長の三戸栄さんから株式会社ムラカミへの感謝

2011年に美容業界の発展を目的に発足したNPO法人です。僕は理事の一人として参加させていただき、現副理事長を務めています。前身は十数名の美容室の経営者の集まりで、月に一度の会議で美容業界のビジネスについて熱く語り合っていました。美容業界全体が傾いてきたことを受け、業界の課題を解決することが重要であるとし、NPO法人の設立に至りました。ここで出会った志の高い経営者たちから受けた影響は私の美容人生のターニングポイントとなっています。会社の業績もその頃から著しく上がりました。

有限会社エイジ 代表取締役社長の三戸栄さんから株式会社MIRAI 代表取締役 西中政和様への感謝 取引先

有限会社エイジ 代表取締役社長の三戸栄さんから株式会社MIRAI 代表取締役 西中政和様への感謝

西中さんは数年間美容師として働いた後、IT・Web業界へ転身し、現在はIT分野で活躍されています。弊社のホームページ制作やブログ等をサポートしていただきました。MIRAIさんに作っていただいたホームページは非常にユーザー思いで、動線などがよく考えられていると思います。制作を通してWebの世界でもアナログの感覚が大事ということを教わりました。弊社のブランディングに間違いなく寄与していただきましたね。また、MIRAIさんからデジタルマーケティングを勉強させてもらったおかげで

有限会社エイジ 代表取締役社長の三戸栄さんからプレジャーサポート株式会社 代表取締役 町孝幸 様への感謝 取引先

有限会社エイジ 代表取締役社長の三戸栄さんからプレジャーサポート株式会社 代表取締役 町孝幸 様への感謝

美容室に特化したコンサルタントの方です。元銀行マンという経歴から、理路整然とした指導は納得感の高いものであり、弊社幹部も長年にわたり教育していただきました。今まで感覚で進めていたことを数字に置き換えて整理してくれたことに感謝しています。ちなみに町さんは、障がい者支援にも尽力されており、最近はクラ

有限会社エイジ 代表取締役社長の三戸栄さんから取締役副社長 三戸初美(妻)さんへの感謝 社員・家族

有限会社エイジ 代表取締役社長の三戸栄さんから取締役副社長 三戸初美(妻)さんへの感謝

妻である副社長には、経理全般を委ねています。その能力は税理士、社労士さんも認めるところです。創業当時は私が経理を担当しており、手書きで一生懸命帳簿をつけていたのですが、消費税の納税の時に必ずと言っていいほど資金がショートしそうになり、大変苦労していました。すると「私がやってみようか?」と妻が一言。「できるの?」と聞くと「だって学校は商業だったし、簿記も習ったし」と言うではありませんか。灯台下暗しとはまさにこのこと。お任せすると次の消費税納税の時にはちゃんと別口座に分けてあって、資金繰りに走ることもなくスムーズに納税できました。

タグ