ログイン
ログイン
会員登録
会員登録
お問合せ
お問合せ
MENU
株式会社茂呂製作所

https://moross.co.jp/

〒407-0001 山梨県韮崎市藤井町駒井3169

0551-23-3366

茂呂製作所は、助け合いながらより良いものを生み出していける場所 サービス部広川さん

ステークホルダーVOICE 社員・家族
リンクをコピー

資格を取得して仕事の幅を広げる!「電気工事士の資格を取得」

「そろそろ清藤さんから卒業しなきゃ」と気持ちを引き締める広川さん

ステークホルダーを大切にしている会社がいい会社。今回は、社員の立場から企業をどう見ているかを通して、社員を大切にする会社とはどういった会社かを見ていきましょう。

茂呂製作所(山梨・韮崎)は、最先端の工作機械の製作・開発から、あらゆるメーカーの機械修理・メンテナンスまで幅広く手がけている会社です。

サービス部で働く、広川龍太さんは、茂呂製作所をどう見ているのでしょうか。

自己紹介と業務内容

広川⿓太、34歳です。2019年に中途採用で入社して、もうすぐ丸3年になります。

サービス部所属です。業務内容は幅広くて、装置の製作から改造、チェーン交換まで、いろいろ手掛けています。

茂呂製作所を選んだ理由

好きなことを仕事にしたいという想いから、茂呂製作所を選びました。

もともと機械を触るのが好きで、前職は車屋で働いていました。現在は車の改造から搬送装置の製作まで、いろいろな仕事に関わっています。

自分でも担当が分からなくなるくらい(笑)でもなにせ好きな仕事なので、茂呂製作所は最高に楽しいです。

学生時代に熱中したこと

アルバイトです。スポーツは全般ダメなので、部活には入っていませんでした。

学校が終わったら毎日2~3時間、ホームセンターとコンビニでアルバイトに打ち込む日々でした。

「最高に好きな仕事!」と笑顔がこぼれる。

課題と一年間の目標

課題のひとつは、サービス部におけるコスト意識の底上げです。

私自身を含め、やや漫然と仕事をしてしまっているところがあるので、今後は時間単価を意識しながら進める必要があると感じています。

チャレンジ企画として個人的な目標を挙げるなら、電気工事士の資格取得を目標にしたいです。ただ、資格取得の先に目指しているのは、仕事の選択肢を広げるということ。

例えば、客先で直接電源をもらわなければできない溶接作業などを、一人で訪問しても堂々とできるようになりたいです。

現状、電気工事士の資格を唯一持っている清藤さんが一緒に訪問しないといけない状態なのですが、いつまでも清藤さんに頼るわけにもいきません。

私が技術的に電気を扱えるか否かとは別に、きちんと資格を取った上で、一人でできる仕事を増やしたいです。

あなたにとって茂呂製作所とは

助け合いながらより良いものを生み出していける場所。

そりゃ、食べていくために働く場所ではありますよ(笑)でもなんだかんだ、人間関係も良くて好きな仕事ができて、楽しい職場です。

ありがとうを贈りたい相手

清藤さんです。私が気が付かない部分を気が付いてフォローしてくれたり、対処方法を提案してくれたりと、本当にいろいろ助けてもらいました。

それに、すごく気が利く方なので、客先に一緒にいくとつい甘えてしまいます。

茂呂社長からのエール

  • 茂呂

広川君は、社会人になってから、お客様のために車の修理を自ら考えて行ってきたこと、その過程でお客様と対話してきたことで、セールスエンジニアとしての力を積極的に高めてきたのだと思います。

その本来持っていた力に製造業系の知識をプラスして、茂呂製作所のお客様にも広川君の力をいかんなく発揮して欲しい!広川君の未来を見て、そのために必要なものを獲得して、楽しい人生を!

本当は、今すぐにでも中心メンバーとして活躍してほしいくらいですが、それには自信が必要。

今回の成長イベントで自信をつけて、3年後には中心メンバーとして活躍ください!

茂呂製作所さんの記事は以下から読むことができます!
https://moross.co.jp/archives/blog/blog-4296

ライター:

1985年生まれ。米国の大学で政治哲学を学び、帰国後大学院で法律を学ぶ。裁判所勤務を経て酒類担当記者に転身。酒蔵や醸造機器メーカーの現場取材、トップインタビューの機会に恵まれる。老舗企業の取り組みや地域貢献、製造業における女性活躍の現状について知り、気候危機、ジェンダー、地方の活力創出といった分野への関心を深める。企業の「想い」と人の「語り」の発信が、よりよい社会の推進力になると信じて、執筆を続けている。

タグ