ログイン

会員登録

お問合せ
MENU

社会貢献

100年企業の「伝統×革新」が生み出す新たな価値|有限会社エイジから見た錦町農産加工株式会社 地域社会・地球環境

100年企業の「伝統×革新」が生み出す新たな価値|有限会社エイジから見た錦町農産加工株式会社

「さすが100年続く老舗企業。その伝統と革新の融合が見たい」。錦町農産加工株式会社の未来に期待するのは業歴30年を超えるヘアサロン「PROSOL」を店舗展開する有限会社エイジの代表取締役社長の三戸栄さん。 一般社団法人公益資本主義推進協議会(PICC)の大久保秀夫会長が主催する大久保秀夫塾で学んだ公益資本主義に大きな影響を受け、社員の働き方やお客様を大切にする経営を美容業界で実践してきました。 そんな三戸さんが、大久保秀夫塾第1期生としてともに学びを深めたのが、100年以上の歴史を持つ錦町農産加工株式会社の代表取締役社長である廣兼一昭さんです。「こんにゃく」「天然水」「道の駅」の3事業を柱に素材や製法にこだわり、本物のおいしさを追求し続けています。 今回は有限会社エイジの三戸さんが、錦町農産加工株式会社をどのように見ているか、100年企業の未来に期待することについてお話をお聞きしました。

一般社団法人つくし ジョブ・サポート笑心 代表理事 石橋政樹さん、管理者 奥野大亮さんへの感謝 地域社会・地球環境

一般社団法人つくし ジョブ・サポート笑心 代表理事 石橋政樹さん、管理者 奥野大亮さんへの感謝

障がい者支援の仕組みとして取り組んでいる「せかいタンブラー」事業でお世話になっているのが一般社団法人つくしさんです。つくしさんは、せいふうケアさんのグループ会社で、計画の地ならしをしてくださった石橋さん、現場で取り組んでくださった奥野さん、お二人のご尽力でせかいタンブラーが形になりました。 前例のない事業に快く取り組んでいただき、心から感謝しています。お二人には足を向けて寝られない気持ちです。現在、せかいタンブラーはいったん休止し、再始動に向けて準備しているところですので、今後もご協力をお願いすることになります。どうぞよろしくお願いいたします。

100年企業・錦町農産加工株式会社に理想の「峠の茶屋」を見る|株式会社サンボレ代表取締役社長 小田修久さん 地域社会・地球環境

100年企業・錦町農産加工株式会社に理想の「峠の茶屋」を見る|株式会社サンボレ代表取締役社長 小田修久さん

「錦町農産加工株式会社は、松下幸之助さんが言う『峠の茶屋』のような存在です」。 1905年に山口県岩国市錦町で創業し、同地で100年以上の歴史を持つ錦町農産加工株式会社について、株式会社サンボレ代表取締役社長の小田修久さんはそう語ります。錦町農産加工の代表取締役の廣兼一昭さんは、一般社団法人公益資本主義推進協議会(PICC)の大久保秀夫会長(代表理事)に学び、現在はPICC広島支部設立準備委員会の委員長として奮闘しています。広島支部でともに活動するサンボレ小田さんに、錦町農産加工さんとはどのような存在なのか、理想の「峠の茶屋」の意味するものとは何かを伺いました。

PICC福島支部設立準備委員会 への感謝 地域社会・地球環境

PICC福島支部設立準備委員会 への感謝

PICC福島支部設立準備委員会で公益資本主義を共に学び、共に図り、共に行動してくれる仲間たちに感謝しています。おかげで私も道を誤ることなく、経営者として少しずつですが成長させてもらっています。 委員長として私がやっていたのは「公益資本主義というすばらしいものがありますよ、ここですよ」という旗振り役で、集い支えてくれたのが今のメンバーです。本当に感謝しています。 私が委員長を務めていた頃は、会社や事業の規模、企業かフリーランスか、ということは関係なく誰もが自由に自分の考えを話し、議論し、「それいいね」となったら皆で取り組んでいく場にすることに心をくだいてきました。 今委員長を務めてくれているせいふうケアの太田社長もその雰囲気を守りながら、より発展させてくれています。常に自由な空気が流れ、新しい風も入ってこられる場を皆で作っていきたい。これからも力を合わせてやっていきましょう、と伝えたいですね。

有限会社東洋アシスト 社長 時崎直さんへの感謝 取引先

有限会社東洋アシスト 社長 時崎直さんへの感謝

時崎社長は、前職時代に省エネ分野に関わった時からのおつきあいで、商材やノウハウについて教えてくださった方です。独立の際には相談に乗っていただき、代理店として商材を扱えるように尽力してくださいました。法人化にした時は新たにいちからの契約になるので、通常は実績が問われるのですが、「久我さんだったらいいよ、卸すから」と社長が言ってくださったことで、スムーズな取り引きが可能になりました。 時崎社長は省エネ業界に多くの人脈をお持ちで、自社では扱っていない商品が必要になるとさまざまな業者さんを紹介してくださり、本当にこの方がいないと今の会社ができていなかった、という存在です。今も新しい企業さんを紹介してくださっています。 直接仕事につながらないことでも様々なサポートをしてくださるので、いい案件を見つけてご紹介することで恩返しできたら。これからもおつきあいの程どうぞよろしくお願いいたします。

株式会社コーウェル 課長 桜井和也さんへの感謝 取引先

株式会社コーウェル 課長 桜井和也さんへの感謝

LEDの仕入れ先で、パートナー企業です。当社のような実績のない会社を代理店にしてくださり、宮本社長をはじめ、担当の桜井課長にはいつも迅速に対応いただいています。ありがとうございます。 以前は大手メーカーのLEDを使っていたのですが、コーウェルさんの製品はランプだけを変えられるものなので、導入コストを抑えつつLED照明にできるという弊社の強みになっています。そこから大きな仕事につながってもいます。 コーウェルさんは保証などアフターフォローも万全で、対応も迅速ですから、お客様にとても喜ばれています。弊社とおつきあいしてくださり、本当に感謝しています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

新明電材株式会社 佐藤尚人さんへの感謝 取引先

新明電材株式会社 佐藤尚人さんへの感謝

仕入れでいつもお世話になっている電材屋さんで、6年くらい前に担当の方が弊社に飛び込み営業をしてくれたことからのおつきあいです。 とても一生懸命施工してくださり、現在、電材関係はすべて新明電材さんにおまかせしています。 弊社には在庫スペースがあまりないので、工事の当日ぴったりに届けてくださるなど、担当の佐藤さんにはいつも便宜を図っていただいています。取引金額の少ない弊社のわがままを聞いてくださり、とても感謝しています。 佐藤さんが出世できるように(笑)、頑張って仕入れ量を増やしていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

神田産業株式会社 社長 神田雅彦さんへの感謝 お客様

神田産業株式会社 社長 神田雅彦さんへの感謝

神田産業さんは段ボール製造を行う企業で、神田社長とは友人経営者に紹介されたことがきっかけで、以前所属していた経済団体でともに活動させていただくなど、10年以上にわたって大変お世話になっています。 段ボール工場を建てる時に照明一式を発注してくださるなど、弊社が大きい仕事をするチャンスをくださるとともに、経営者として大切なこと、人として大切なことも学ばせていただきました。神田社長は、会社の規模に関わらずフラットにおつきあいをしてくださる方で、そういうところも大変尊敬できる先輩であり、兄貴的な存在として慕っています。 神田社長には、いつも私と弊社を気にかけてくださり、ありがとうございます。これからも変わらぬおつきあいをお願いします、とお伝えしたいですね。私ができる恩返しは、省エネやリサイクルの提案でお客様に貢献することですから、弊社が成長することで、さらに貢献させてください。

きらり健康生活協同組合 常務理事 橋本一弘 さんへの感謝 お客様

きらり健康生活協同組合 常務理事 橋本一弘 さんへの感謝

きらり健康生活協同組合さんは、診療所や福祉・介護の事業所を運営なされていて、弊社の創業時からのお客様です。テレアポをしてお客様を増やしていた頃に今は勇退された常務理事の方が電話で話を聞いてくださり、そこからのおつきあいです。 まったく知名度のなかった弊社とお取り引きさせていただき、現在もおつきあいが続いているのは本当にありがたく、心から感謝しています。 今までさまざまな提案をさせていただき、ご相談もいただく中で、新しい技術や手法に取り組むことができています。お客様の要望が弊社を育ててくださっていますが、きらり健康生活協同組合さんはその筆頭です。 これからも弊社の提案で「省エネできてコストが下がった。助かったよ」と言っていただけるよう、力を尽くしていきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

会津建物管理株式会社 社長 吉田真さんへの感謝 取引先

会津建物管理株式会社 社長 吉田真さんへの感謝

会津建物管理さんは、ビルメンテナンス事業という角度から省エネにも取り組む企業で、吉田社長はPICC福島のメンバーとして、互いに切磋琢磨する同志です。 ビルメンテナンスで設備を更新する際、弊社に声をかけていただくことがあるビジネスパートナーでもあり、ビル管理と電気設備と領域は異なりますが、省エネでさまざまな取り組みをされている、弊社にとってお手本となる企業です。協業しながら成長させていただいています。 これからも会津建物管理さんの取り組みをお手本にさせていただき、学ばせていただきたい。とても意欲的に事業を展開されている吉田社長に、会津建物管理株式会社の完成形はどこにあるのか、ビジョンについてもじっくり伺ってみたいですね。

一般社団法人はあとふるネット 代表理事 阿部光子さんへの感謝 取引先

一般社団法人はあとふるネット 代表理事 阿部光子さんへの感謝

阿部さんには、介護業界の助言・指導方法であるスーパービジョンという方法で、月1回面談していただいています。質問することで、相手の意欲や想いを引き出すという手法ですが、それによって漠然とした考えを言語化できるようになり、自分がやるべきことがクリアになります。貴重な時間をいただけることにとても感謝しています。 阿部さんにしていただいていることを今度は自分が誰かにできるようになりたい。「ああしろ、こうしろ」と指図するのではなく、その人の中にある意欲を引き出す。そうやって恩を次に送ることで、阿部さんに返していきたいと考えています。 私はいろいろな業種の方とつながることで社会問題を解決したいという考えがあり、いつか一緒にそういう取り組みをさせていただけたら、と考えています。阿部さんが今後どういう形で事業を拡大していくかにもとても興味があり、ぜひ伺ってみたいですね。

荒川産業株式会社 社長 荒川健吉さん への感謝 取引先

荒川産業株式会社 社長 荒川健吉さん への感謝

荒川産業さんは、リサイクル事業をメインとする荒川産業グループとして幅広い事業を展開されています。100年以上の歴史を持つエコ・リサイクル業界の先人企業であり、弊社が今後手掛けようとしていく分野でのお手本です。 荒川社長とは経営者の勉強会で知り合い、現在はPICC福島で共に学び、活動する同志です。「ゴミをなくす・減らす」という理念を公益資本主義の考えに基づいて展開されていますから、まさに弊社が目指すところにある企業です。 今後はビジネスパートナーとしてもおつきあいいただくことになっており、荒川社長には、これからも勉強させてください、どうぞよろしくお願いいたします、とお伝えしたいです。

株式会社ぱるる 社長 佐藤康則さんへの感謝 取引先

株式会社ぱるる 社長 佐藤康則さんへの感謝

佐藤社長とは、PICCに参加した頃からのおつきあいです。当時、宮城支部の定例会に一緒に顔を出し、福島在住のメンバーと「福島支部を作ろう」と一気に盛り上がった時、佐藤さんはとても冷静でいながら、私たちが試行錯誤している中でよい提案を出してくれ、それによってまとまったという、ありがたい存在です。 年齢は私より年下なのですが、とても頼りになり、重要な時に大事なことを提示してくれる羅針盤のような存在です。 弊社についても厳しい状態の時に方向性など相談に乗ってくれたり、仕事をふってくれたり、助けていただきました。ぱるるさんは事務機器の販売会社ですので事務機でお世話になるなど、ビジネスパートナーでもある大切な存在です。 佐藤さんは、本業とは別にさまざまなチャレンジをされていて、「ひきこもりの人を何とかしたい」というミッションのもと、別会社を立ち上げて自立支援を行っています。 私がサポートできることがあればいつでも言ってください。そして、PICCの活動でも事業でも、私が道を間違えそうになった時は、厳しい言葉をかけてほしい。これからも頼りにしています。

株式会社せいふうケア 社長 太田大さんへの感謝 取引先

株式会社せいふうケア 社長 太田大さんへの感謝

PICC福島支部設立準備委員会のメンバーであり、現在委員長を務められている太田さんは、経営者の先輩であり、企業体として大きいせいふうケアさんの社長ですから、私が悩んでいる時に的確に励ましてくれる頼りになる存在です。 PICCの活動だけではなく弊社の事業での悩みも親身に聞いてくれ、厳しいことも言ってくれるかけがえのない存在です。これからもPICCの同志として、経営者同士として、忌憚のない意見を聞かせてください。よろしくお願いします。

細胞培養関連のマイクロポンプ事業展開のパートナー、揺るがない信頼関係で新分野に進出|71歳で起業した技術者集団 株式会社アクアテック 取引先

細胞培養関連のマイクロポンプ事業展開のパートナー、揺るがない信頼関係で新分野に進出|71歳で起業した技術者集団 株式会社アクアテック

高砂電気工業さんは、細胞培養関連のマイクロポンプの事業展開に欠かせないパートナー」と語るのは、株式会社アクアテック代表取締役会長 玉川長雄さん。アクアテックは高度な技術力を要する独自のチューブポンプ「Ring Pump(リングポンプ)」を開発・製造・販売する会社です。71歳で起業した玉川会長の出身地・浜松の方言で「やらまいか」(やってやろう)を合言葉に、お客さんからの要望に対して絶対に断らない同社の技術力とチャレンジ精神にほれ込んだ、高砂電気工業株式会社 代表取締役会長 浅井直也さんとのタッグで、海外事業や新分野への進出を図っています。アクアテックにとって高砂電気工業はどのような存在で、何を期待しているのか。アクアテックを代表する社員の皆さまに話を伺いました。

タグ