ログイン

会員登録

お問合せ
MENU

地方創生

100年企業の「伝統×革新」が生み出す新たな価値|有限会社エイジから見た錦町農産加工株式会社 地域社会・地球環境

100年企業の「伝統×革新」が生み出す新たな価値|有限会社エイジから見た錦町農産加工株式会社

「さすが100年続く老舗企業。その伝統と革新の融合が見たい」。錦町農産加工株式会社の未来に期待するのは業歴30年を超えるヘアサロン「PROSOL」を店舗展開する有限会社エイジの代表取締役社長の三戸栄さん。 一般社団法人公益資本主義推進協議会(PICC)の大久保秀夫会長が主催する大久保秀夫塾で学んだ公益資本主義に大きな影響を受け、社員の働き方やお客様を大切にする経営を美容業界で実践してきました。 そんな三戸さんが、大久保秀夫塾第1期生としてともに学びを深めたのが、100年以上の歴史を持つ錦町農産加工株式会社の代表取締役社長である廣兼一昭さんです。「こんにゃく」「天然水」「道の駅」の3事業を柱に素材や製法にこだわり、本物のおいしさを追求し続けています。 今回は有限会社エイジの三戸さんが、錦町農産加工株式会社をどのように見ているか、100年企業の未来に期待することについてお話をお聞きしました。

100年企業・錦町農産加工株式会社に理想の「峠の茶屋」を見る|株式会社サンボレ代表取締役社長 小田修久さん 地域社会・地球環境

100年企業・錦町農産加工株式会社に理想の「峠の茶屋」を見る|株式会社サンボレ代表取締役社長 小田修久さん

「錦町農産加工株式会社は、松下幸之助さんが言う『峠の茶屋』のような存在です」。 1905年に山口県岩国市錦町で創業し、同地で100年以上の歴史を持つ錦町農産加工株式会社について、株式会社サンボレ代表取締役社長の小田修久さんはそう語ります。錦町農産加工の代表取締役の廣兼一昭さんは、一般社団法人公益資本主義推進協議会(PICC)の大久保秀夫会長(代表理事)に学び、現在はPICC広島支部設立準備委員会の委員長として奮闘しています。広島支部でともに活動するサンボレ小田さんに、錦町農産加工さんとはどのような存在なのか、理想の「峠の茶屋」の意味するものとは何かを伺いました。

SDGs最先進県 神奈川県の先駆的な取り組み3選~行政がつながりの仕組みと可視化を推進|神奈川県いのち・未来戦略本部室SDGs推進グループ清木信宏さん SDGsの取り組み

SDGs最先進県 神奈川県の先駆的な取り組み3選~行政がつながりの仕組みと可視化を推進|神奈川県いのち・未来戦略本部室SDGs推進グループ清木信宏さん

SDGs達成の鍵とされている地方自治体。国・政府、企業・団体、地域住民の間に位置する行政機関である地方自治体は、グローバルとローカルな社会課題の解決策をつなぐ橋渡し的存在としてその重要性が強調される。その先導的な立場として注目されているのが神奈川県である。2018年にSDGs未来都市、自治体SDGsモデル事業として選出された同県では、地域住民のSDGsへの認知を向上させる取り組みや企業との連携推進による施策を全国に先駆けて行なってきた。今回は神奈川県政策局いのち・未来戦略本部室SDGs推進グループのグループリーダー清木信宏さんに、神奈川県の具体的な取り組み施策、SDGs金融や地域通貨の広がり、ステークホルダーとの関係性についてお話を伺った。

チェンジ・ザ・ワールドを知ってしまったら、他の会社を選択できなかった|取締役管理部部長 梅木麻由さん 社員・家族

チェンジ・ザ・ワールドを知ってしまったら、他の会社を選択できなかった|取締役管理部部長 梅木麻由さん

「社長が語る地球と地域への想いが目の前で現実化していくチェンジ・ザ・ワールドは、私の人生にとってかけがえのない存在」と語るのは、株式会社チェンジ・ザ・ワールドの管理部長として、人事・労務・総務・経理などバックオフィス全般を任される梅木麻由さん。創業当初から代表取締役の池田友喜さんと苦楽を共にしてきた梅木さんに、チェンジ・ザ・ワールドとの出会いと未来への想いを語っていただきました。

BYDは社会をより良くする仲間であり、背中を追いかける存在|株式会社Gifukuru 代表取締役 箕浦恒典さん 取引先

BYDは社会をより良くする仲間であり、背中を追いかける存在|株式会社Gifukuru 代表取締役 箕浦恒典さん

株式会社Gifukuruから見た株式会社BYD

飲食店のシェアリングプラットフォーム「smallkitchens」を運営する株式会社Gifukuru代表取締役の箕浦恒典さんは、株式会社BYDを「社会をより良くする仲間であり、背中を追いかける存在」と語る。 BYDの学生向けスクール事業「3rd class」卒業生である箕浦さんは、起業後にあらためてBYDの存在の大きさと理念の力を捉え直している。自らの起業体験をもとにBYDをどのように見ているのかをお聞きした。

富山銀行は挑戦したい時に背中を押してくれる数少ない金融機関|株式会社宗重商店 代表取締役 宗守重泰さん 取引先

富山銀行は挑戦したい時に背中を押してくれる数少ない金融機関|株式会社宗重商店 代表取締役 宗守重泰さん

「富山銀行は挑戦したい時に背中を押してくれる数少ない金融機関」と語るのは、金沢市で80年以上の歴史を持つ老舗解体業の株式会社宗重商店 三代目の代表取締役 宗守重泰さん。「江戸時代は地域社会のヒーローだった解体業を、憧れの職業にリブランディングしたい」との想いで改革に邁進し続けてきた宗守さんに、持続可能な社会づくりに貢献する解体業の未来とその想いをサポートしてきた富山銀行様との繋がりについて伺いました。

株式会社SUSTAINABLE JAPAN東濵孝明「未来の子供たちのためにキレイな海を残す」海洋ゴミの回収からリサイクルを目指して 企業メッセージ

株式会社SUSTAINABLE JAPAN東濵孝明「未来の子供たちのためにキレイな海を残す」海洋ゴミの回収からリサイクルを目指して

マイクロプラスチックの海洋汚染問題は、生態系のバランスを崩すだけでなく、食物連鎖による人の健康への影響が懸念され、地球規模での問題となっています。環境省の調べでは、世界中で年間約500万~1300万トンのプラスチックゴミ […]

茂呂製作所は県内の製造業に頼りになる欠かせない存在|公益財団法人やまなし産業支援機構理事長手塚伸さん 地域社会・地球環境

茂呂製作所は県内の製造業に頼りになる欠かせない存在|公益財団法人やまなし産業支援機構理事長手塚伸さん

公益財団法人やまなし産業支援機構の手塚伸理事長は、「茂呂製作所は県内の製造業にとって頼りになる欠かせない存在」と語ります。山梨県庁職員時代から長年にわたり県の産業振興に深く携わってきた手塚理事長は、地域密着型のモノづくり […]

公益財団法人やまなし産業支援機構 手塚伸|山梨の中小企業の未来、SDGsへの対応 SDGsの取り組み

公益財団法人やまなし産業支援機構 手塚伸|山梨の中小企業の未来、SDGsへの対応

山梨県には、精密機械・機器製造の高い世界シェアを誇るグローバル企業の裾野の広いサプライチェーンが存在します。中小企業の「伴走者」として産学官金の連携ネットワークの形成、SDGsやカーボンニュートラルの地域企業の取り組み支援について、公益財団法人やまなし産業支援機構理事長の手塚伸さんに伺いました。

富山銀行は地方銀行のオピニオンリーダーであれ 有限会社ロッキングホース森部好樹さん 取引先

富山銀行は地方銀行のオピニオンリーダーであれ 有限会社ロッキングホース森部好樹さん

「日本からGAFAを生み出したい」。そう語るのは日本興業銀行出身のベンチャー企業拡大請負人 有限会社ロッキングホース代表森部好樹さん。「地域商社」への地方銀行のビジネスモデル転換を推進するビジネスマッチング事業の仕掛け人だ。森部氏は富山銀行の中沖雄頭取に「地銀連合のキーマンそしてドラえもんのような存在であれ」とエールを送る。その発言の真意とは?

NGUラブリッジ名古屋サッカー選手たちから見た興亜商事株式会社|社会人として人として育て支えてくれる存在 社員・家族

NGUラブリッジ名古屋サッカー選手たちから見た興亜商事株式会社|社会人として人として育て支えてくれる存在

2021年秋、なでしこ1部リーグに参入する女子サッカーチーム「NGUラブリッジ名古屋」。その選手3名を社員として雇用し、同クラブを支援するのが「興亜商事株式会社」です。同社は、国際協力機構(JICA)とのカンボジアのごみ問題の解決支援など地球規模の活動から、地域貢献までSDGs17の目標すべてに積極的に取り組んでいます。今回ご紹介するのは、同社の「スポーツで世界や地域を笑顔にする」というチャレンジです。伊藤優海さん、市川実季さん、牧原玲奈さんに語っていただき、当社のSDGsの取り組みをご紹介します。

興亜商事は女子サッカーのこの上ない理解者、チームも人も育ててくれる存在|株式会社LOVELEDGEから見た興亜商事株式会社 取引先

興亜商事は女子サッカーのこの上ない理解者、チームも人も育ててくれる存在|株式会社LOVELEDGEから見た興亜商事株式会社

株式会社LOVELEDGEは、愛知県で唯一のなでしこリーグ所属「NGUラブリッジ名古屋」の運営会社。2021年秋開幕の女子プロサッカーWEリーグ加盟を目指している。興亜商事株式会社の奥村社長は、LOVELEDGEに役員として参画、メンバーの雇用など積極的に支援しています。LOVELEDGE堀田崇代表が興亜商事を語った。

太陽光発電所がスマホで買える!? 【株式会社チェンジ・ザ・ワールド】人にも環境にも善でありたい 企業メッセージ

太陽光発電所がスマホで買える!? 【株式会社チェンジ・ザ・ワールド】人にも環境にも善でありたい

サステナビリティ意識の高まりが、いよいよここまで来たかと唸らせるエピソードが起きた。2021年7月21日に販売を開始した環境貢献特化の太陽光発電所『グリーンワット』が約14時間で完売。発売元は太陽光発電をスマホから買えるサービス「CHANGE(チェンジ)」を提供する株式会社チェンジ・ザ・ワールド。池田友喜代表に聞いた。

地域商社という地方銀行の新たなビジネスモデル|株式会社富山銀行 執行役員金沢営業部長 末武真吾さん 企業メッセージ

地域商社という地方銀行の新たなビジネスモデル|株式会社富山銀行 執行役員金沢営業部長 末武真吾さん

富山銀行は富山県高岡市に本店を置く地方銀行。金沢エリアでは金沢営業部 (金沢営業部コンサルティングプラザ)としてコンサルティング業務に特化した営業活動を行っています。今回は執行役員金沢営業部長末武真吾さんに富山銀行および金沢営業部の地域商社という新たなビジネスモデルへの挑戦とSDGsの取り組みについてお話を伺いました。

岡田栞那(おかだ・かんな)さん「日本における外国人技能実習生の問題と地域活性化、そして観光を掛け合わせたグローカルなビジネスを通して、自分の島から、国籍に関係なく誰もが幸せに生きられる社会を創る」 未来

岡田栞那(おかだ・かんな)さん「日本における外国人技能実習生の問題と地域活性化、そして観光を掛け合わせたグローカルなビジネスを通して、自分の島から、国籍に関係なく誰もが幸せに生きられる社会を創る」

ーはじめに自己紹介をお願いします。 愛媛県に住んでいます。高校3年生の岡田栞那と言います。中四国で一番大きいと言われている済美高校の国際コースに通っています。私が入学したときは全学年で2,400人ぐらいいました。愛媛県の […]

大塚実業は真摯な態度で経営に向き合う、共に歩みたい三方良しの会社|アイ・コンサルティング谷川宏樹 取引先

大塚実業は真摯な態度で経営に向き合う、共に歩みたい三方良しの会社|アイ・コンサルティング谷川宏樹

大塚実業株式会社は栃木県足利市に本社を置く「ろ過フィルター」のメーカー。1973年の創業以来、エアコンや水処理などに欠かせない「ろ過布」を製織から加工までワンストップ体制で製造。小ロット多品種で、難易度の高い要望にも応え […]

元気居酒屋幸多さんから見た大塚実業|元気居酒屋幸多 総責任者米倉徹さん、料理長鈴木浩太さん 地域社会・地球環境

元気居酒屋幸多さんから見た大塚実業|元気居酒屋幸多 総責任者米倉徹さん、料理長鈴木浩太さん

大塚実業さんは、ポジティブな提案をくださる大切な存在 独自の技術を駆使したオーダーメイド「ろ過布フィルター」製造を行う大塚実業の代表取締役社長、大塚雅之さんや同社の社員が栃木県足利市の本社から東京事務所に訪れる際に決まっ […]

株式会社展示会営業マーケティング清永健一|コロナ禍も商機に。唯一無二の展示会営業®コンサルティングとは? 企業メッセージ

株式会社展示会営業マーケティング清永健一|コロナ禍も商機に。唯一無二の展示会営業®コンサルティングとは?

展示会に特化した営業コンサルティングで注目を集めるのが、株式会社展示会営業マーケティング。代表取締役社長の清永健一氏が編み出した唯一無二のノウハウ・展示会営業®コンサルティングは、中小企業の営業活動を活性化し、出展コスト […]

ラポールヘア・グループ早瀬渉さんが語るPICCへの想い|社会課題解決にドライブをかける仲間 地域社会・地球環境

ラポールヘア・グループ早瀬渉さんが語るPICCへの想い|社会課題解決にドライブをかける仲間

株式会社ラポールヘア・グループ は、東日本大震災直後に石巻市で設立されました。10年間にわたり、子育てや介護など時間的な制約で働けなかった美容師さんの雇用を創出。社会問題解決のために尽力してきた、代表取締役 早瀬渉さんに、PICCとのつながりの経緯や今後の期待についてインタビューしました。

株式会社VISITUS(ヴィジタス)亀山卓郎|偏差値60以上の難関中学を目指す人お断りの学習塾 企業メッセージ

株式会社VISITUS(ヴィジタス)亀山卓郎|偏差値60以上の難関中学を目指す人お断りの学習塾

株式会社VISITUSは東京上野で学習塾「進学個別桜学舎」を14年にわたり運営。一貫して指導してきたのは受験のテクニックではなく「学び」です。合格率を競うメジャーな進学塾とは一線を画した独自路線で学習塾界のインディーの雄になりたいと語る亀山卓郎さんに事業への思いとステークホルダーについて伺いました。

大企業からの転身で夢を叶えた生産管理部長 嶋田克枝さんが語る茂呂製作所とSDGsへの取り組み 社員・家族

大企業からの転身で夢を叶えた生産管理部長 嶋田克枝さんが語る茂呂製作所とSDGsへの取り組み

株式会社茂呂製作所は、世界最先端のロボット製造業のライン製作から、国内あらゆるメーカーの機械修理・メンテナンスまで手がけるグローカル企業。世界と地域のモノづくりを支える当社が最も大切にするステークホルダーは「社員」です。今回は、生産管理部長 嶋田克枝さんに「茂呂製作所とはどのような会社か」お話を伺いました。

株式会社城南村田 青沼隆宏|M&Aで製造業を超えた企業の在り方を示す 企業メッセージ

株式会社城南村田 青沼隆宏|M&Aで製造業を超えた企業の在り方を示す

大田区の金型製造業・株式会社城南村田の顧客には著名な菓子メーカーが名を連ねる。代表取締役の青沼隆宏氏は、日本やアメリカの会計事務所で活動していた経験の持ち主で、後継者不在の当社をM&Aで取得した。今、厳しい状況下にある中小企業が持続可能な経営を実現するために何をすべきかを聞いた。

タグ