ログイン

会員登録

お問合せ
MENU
第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会

加藤陽菜(かとう・ひな)さん「エシカル(倫理的)な社会を子どもたちに楽しく真剣に考えてもらうためにゲームやイベントを通じて「遊び場」の提供をする」

share

加藤陽菜さん

ーはじめに自己紹介をお願いします。

私の名前は加藤陽菜で、生まれは新潟、育ちは神奈川県です。17歳で、神奈川県伊勢原市にある自修館中等教育学校の5年、高校2年生に所属しています。

 

ー志プレゼンテーション大会に参加した理由を教えてください。

大会のホームページを見たときに、先輩方が生き生きと自分の気持ちをプレゼンしている姿を見て、自分も同じように自分の言葉で人を動かすというプレゼンをやってみたいと思うようになったのがきっかけです。自分の志を皆と共有したい気持ちに加えて、他の仲間の志にも興味を持ち、参加させていただきました。

 

ー大会のホームページを知ったのはどういったきっかけですか?

Twitterで私が活動報告をさせていただいているアカウントがあるんですけど、今年(2021年)の4月頃に大会の運営さんの方から大会の紹介を受けて、楽しそうだなと思って参加させていただきました。

 

ーファイナリストに選ばれるまでの道のりで感じた学びや、成長できた点はありますか?

自分の活動に対しての本気度だったり、自分の思いを人に対してどう伝えれば良いのか、わかりやすく、だけど芯のある言葉で伝えるにはどうしたらいいのかなというのを考えるようになりました。ファイナリストに選ばれたことで、自分の志も明確になってきたり、この気持ちをより多くの人に伝えたいと思うようになりました。また、多くの人の志を知って自分の活動の改善やプラスアルファで何かできることはないかなと考えるようになりました。

 

ー選考が進むにつれて自分の熱量がより深まっていった?

伝えたいっていうのもそうですし、志、自分の思いが本当に自分の思いになるっていうか、本当の思いなんですけど自分の中で一本の芯、日が経つにつれてだんだん一本の芯が形成されるように自分の思いがはっきりしてきたっていうのはあります。

加藤陽奈さん

ー苦労、大変だったことは何ですか?

私は優柔不断な性格で一本の芯を通せないっていうのがあって。私の活動は最初コーヒーから入って、コーヒーの生産者の労働環境からSDGsに入っていったっていう形なんですけど、そこから派生してすごく色々な体験をさせていただきました。ユニセフだったり、プラスチックだったり、色々な方面で活動して、でもその中で、自分は何を専攻していけば良いんだろうってもやもやしていたんですけど、志っていうワードによって先ほども言った一本の柱を形成する機会になりました。それを形成するのにも、どっちなんだろうと悩むことはありました。

 

ー大会でのあなたの志は何ですか?

私の志は「エシカルな社会を子どもたちに楽しく、かつ真剣に考えてもらうためにゲームやイベントを通じて、遊び場、SDGsの遊び場というものを提供する」です。

 

ーエシカルやSDGsといったものを大切だと思うようになったきっかけは?

まずコーヒーから入って、2019年の7月の終わりから8月のはじめまでの2週間程度、SDGsを知るために欧州に滞在しました。SDGsの普及率が高い、国連があるスイスや、町の色んなところにエコな仕組みがあるスウェーデンに視察に行きました。日本も技術的に発展しているところはあると思うんですけど、町の人々のエコや環境への意識にすごく差を感じました。大人も子どももちゃんと未来を考えて行動しているなと思って。自分も含めてそういう考え方を全然してこなかったし、また将来、地球を担う子どもたちにちゃんと受け継いでいくためには、そういう考え方とか、地球のサイクルを真剣に考える場を提供することが必要なんじゃないかと考えて、日本に戻ってきました。

 

ー異文化と触れ合うことが、自分の状況に気づくきっかけになったんですね。

みんなプラスチックを選ばないでできるだけ自分のストローを持っていたりとか、そういうことがたくさんあって、生ゴミもリサイクルできるように街なかにリサイクルポストがあったりとか、町の仕組みから違ったので、そこまで行くにはまずみんなの意識から変えていかなきゃいけないなって思いました。

image15

―志にある「ゲームを通じて」っていうのがすごくいいですね。どんな構想なんですか?

人生ゲームを元にSDGsを日常生活で使えるリソースにするっていうものを開発しています。たとえばエコカーを買うとエコ分の保険料が安くなったりとか、エコな選択をしない人はだんだん地球を破壊していく、地球を破壊したらゲームオーバーみたいな、そんなゲームを作っています。

 

ー本番当日に見てほしいポイントは?

私のプレゼンは、とにかく楽しく自由に、というモットーでいつもやっています。学校でプレゼン大会もあったりするんですけど、型にはまった、こういう理由だからこうというものではなくて、自分のオリジナリティーあふれる、かつ自分の思いを伝える筋道というものを楽しく組み込んであるような構成に注目してほしいです。

加藤陽奈さん

share

この法人のその他の記事

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 最優秀賞+文部科学大臣賞 中井 健翔(なかい けんと)さん 福岡県 高校2年生|志:「表現によってマイナスをプラスに変える場を作る」 未来

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 最優秀賞+文部科学大臣賞 中井 健翔(なかい けんと)さん 福岡県 高校2年生|志:「表現によってマイナスをプラスに変える場を作る」

ー最優秀賞の受賞おめでとうございます。現在の率直な感想をお聞かせください。 志が明確で、それを行動にも移せている素晴らしいファイナリストがいる中、自分が大きな賞に選んでいただけたのはすごく光栄で、とても嬉しかったです。大会から一週間ほど経ちますが、Facebookでもおめでとうという言葉や300ぐらいの「いいね」をいただきました。僕が新たに開催しようとしている「こどもアートエイエンナーレ」というイベント、そして過去に企画した「こどもばんぱく」の認知度も広がったと思います。大会のおかげで僕の活動がどんどん広がっていって、興味を持ってくださる方々が増えると嬉しいなと思っています。

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 最優秀賞+環境大臣賞 髙久 夢華さん(たかく ゆめか)さん 神奈川県 高校1年生|志:「どんな人でも「夢」について考えることができる環境にするため、教養を広める教育を提供する国際社会で働く人になる」 未来

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 最優秀賞+環境大臣賞 髙久 夢華さん(たかく ゆめか)さん 神奈川県 高校1年生|志:「どんな人でも「夢」について考えることができる環境にするため、教養を広める教育を提供する国際社会で働く人になる」

―最優秀賞の受賞おめでとうございます。現在の率直な感想をお聞かせください。 この志プレゼンテーション大会は以前から憧れていた大会で、実際に昨年本大会を拝見させていただいた際に、ファイナリストの方の熱いプレゼンテーションに心を動かされ、自分も挑戦したいと思いました。自分の将来に向き合うきっかけにもなったので、見てくださる方の心を動かすことができたり、なにか志を持ってもらうきっかけになればと思って参加させていただきました。終わったあとに、「自分の将来の夢や抱負を考えるきっかけになりました」などの感想をいただき、今回参加して本当に良かったなと思います。また最優秀賞もいただき、多くの方々に感謝しています。

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 優秀賞 Rosina Mothapo(ロシーナ・モタポ)さん 南アフリカ 大学1年生|志:「HIVに感染し、その影響を受けている女性の支援を目的としたNPOを発展させたい」 未来

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 優秀賞 Rosina Mothapo(ロシーナ・モタポ)さん 南アフリカ 大学1年生|志:「HIVに感染し、その影響を受けている女性の支援を目的としたNPOを発展させたい」

―優秀賞の受賞おめでとうございます。 現在の率直な感想をお聞かせください。 私は日本語が話せず、大会でも日本語で発表できないことが不安でしたが、それでも受賞できたことに勇気づけられました。意欲も湧きましたし、モチベーションに繋がりました。 ―大会を通じて、成長できたことはありますか? 他の若い世代の方たちの志に触れられたことはとても学びになりました。私自身のこととしては、プレゼンテーションとスピーキングのスキル向上に繋がったと思います。また、いろいろな方からフィードバックをいただけたことで自分の考えを固めることができました。とても学びの多い大会でした。

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 優秀賞 石飛 樹(いしとび たつき)さん 群馬県 高校1年生|志:「赤谷の森の動植物を守るため、豊かな森創りをして自然との共生を実現させるという、人間が永遠に生きてゆける唯一の道を切り拓く」 未来

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 優秀賞 石飛 樹(いしとび たつき)さん 群馬県 高校1年生|志:「赤谷の森の動植物を守るため、豊かな森創りをして自然との共生を実現させるという、人間が永遠に生きてゆける唯一の道を切り拓く」

―優秀賞の受賞おめでとうございます。現在の率直な感想をお聞かせください。 ファイナリストに選んでいただけたこと自体がすごく嬉しくて、緊張や不安もありましたが、ここまできたからには自分の想いや志を、みなさんにしっかり受け取ってもらいたいという想いも抱いて大会に臨みました。その中で優秀賞という素晴らしい賞をいただけたことは、本当に光栄なことで、認めてもらえたということも嬉しかったです。

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 特別賞 岡村 有紗(おかむらありさ)さん 大阪府 中学3年生|志:「世界中の貧困で苦しむ子供達のために、プログラミングを使って貧困を解決する」 未来

第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 特別賞 岡村 有紗(おかむらありさ)さん 大阪府 中学3年生|志:「世界中の貧困で苦しむ子供達のために、プログラミングを使って貧困を解決する」

―特別賞の受賞おめでとうございます。現在の率直な感想をお聞かせください。 特別賞は当初予定していなかったようですので、最初はよくわかっていなくて驚きました。今はようやく少しだけ実感が湧いてきました。 ―大会を通じて成長できたことや自分の中での気づきなどはありますか? 他の参加者の志を聞いて、みなさんすごいなと感じていました。行動力もそうですし、やる気の度合いが違うんです。いい意味で影響を受けました。

石原聡太(いしはら・そうた)さん「水生動物が人間の環境汚染の影響を受けることなく全ての生命を全うし、同時にそこに住む人々が安全で美味しい水を口にすることのできる世界をつくるため、世界の水環境を調査・保護する人になって、この世に生きる全ての生物から水に対する不安をなくすこと」 未来

石原聡太(いしはら・そうた)さん「水生動物が人間の環境汚染の影響を受けることなく全ての生命を全うし、同時にそこに住む人々が安全で美味しい水を口にすることのできる世界をつくるため、世界の水環境を調査・保護する人になって、この世に生きる全ての生物から水に対する不安をなくすこと」

ーはじめに自己紹介をお願いします。 僕の名前は石原聡太です。滋賀県守山市出身の12歳、中学1年生です。成基学園守山教室に通っています。僕の志は世界の水問題を解決することなので、普段から地域の清掃活動とか、理科や数学が好き […]

タグ