ログイン
ログイン
会員登録
会員登録
お問合せ
お問合せ
MENU

コラム

日本企業のためのESGへの道筋|企業価値を高めるエンジンとしてのESG

日本企業のためのESGへの道筋|企業価値を高めるエンジンとしてのESG

「ESG」という言葉が生まれたのは2004年。世界が企業の環境・社会・企業統治への影響を期待するようになる400年も前、徳川時代には既に日本の文書が企業に利益を超えた考え方を促していました。 マッキンゼー・アンド・カンパニーが「ESG経営から育む価値創造の5つの方向性」というテーマで日本企業のためのESGへの道筋をレポート化していましたので要約を紹介します。

気候変動アクション大賞・市民エネルギーちば株式会社の取り組み【SDGs関連ニュース】

気候変動アクション大賞・市民エネルギーちば株式会社の取り組み【SDGs関連ニュース】

本日は、昨日に引き続いて環境省の「気候変動アクション環境大臣表彰」から「先進導入・積極実践部門」の緩和・適応分野で大賞を受賞した、市民エネルギーちば株式会社を取り上げます。「環境負荷最小の再エネ【ソーラーシェアリング】と有機農業の融合による地域再生」と題した取り組みは、再エネ・有機農業・雇用・人口減少をシームレスにとらえた新しい地域モデル […]

ESGマネジメントの7つの罪

ESGマネジメントの7つの罪

近年、効果的な環境・社会・ガバナンス(ESG)戦略がもたらす長期的な成功の機会を認識する企業が増えています。投資家、顧客、従業員、地域社会などのステークホルダーからの期待の高まりは、ESGに関する取り組みのパフォーマンスの高さが、資本、人材、ビジネスチャンスへのアクセス改善につながることを示しています。この記事では、そのような誤ったアプローチである「ESGマネジメントの7つの罪」について説明します。

気候変動アクション環境大臣表彰・野村不動産投資顧問の気候変動への取組み【SDGs関連ニュース】

気候変動アクション環境大臣表彰・野村不動産投資顧問の気候変動への取組み【SDGs関連ニュース】

環境省では、地球温暖化対策の一環として、気候変動への取組みに関して、優れた功績のあった個人または団体に対して、「気候変動アクション環境大臣表彰」を行っています(2020年に「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」より改称)。今回は、受賞企業の中から野村不動産投資顧問株式会社の取り組みをご紹介します。 環境省「気候変動アクション環境大臣表彰」とは […]

英国政府、ESGデータ提供者の規制を検討

英国政府、ESGデータ提供者の規制を検討

英国政府は、ESGデータを提供する業者について、金融行政監視機構の規制下に置くことについて検討を開始しました。 本年10月に発表された英国財務省の報告書「Greening Finance: A Roadmap to Sustainable Investing」は、持続可能性に関する開示要件の枠組みを説明するものです。この報告書は、様々な業者が提供しているESG関連のデータについて、現実とのギャップや仮定が多く、複数データ間の比較が不可能な場合もあるため、グリーンウォッシュ(一見、環境に配慮しているように見せかけて、実態はそうではなく、環境意識の高い消費者に誤解を与えるようなこと)の影響を受けやすいと指摘しています。

COP・「パリ協定」・「京都議定書」とは?地球温暖化や気候変動に関する基礎知識【SDGs関連ニュース】

COP・「パリ協定」・「京都議定書」とは?地球温暖化や気候変動に関する基礎知識【SDGs関連ニュース】

2021年10月31日から英国・グラスゴーで開催された「COP26」。 地球温暖化の最大要因として 石炭を段階的に削減するという史上初の国際合意が得られたと話題になりました。同会議で採択された 「グラスゴー気候合意(Glasgow Climate Pact)」 では「パリ協定」での気温上昇に関する長期目標について、従来の2度未満から1.5 […]

タグ