ログイン
ログイン
会員登録
会員登録
お問合せ
お問合せ
MENU

ライター:

加藤 俊

運営企業として累計10,000社超の、取材実積・メディア制作を経て、サステナブルな企業がステークホルダーを重視した経営を行っていることに気付く。100年以上続く長寿企業複数社の社内報・ステークホルダー取材を通じ、ポスト株主資本主義時代の経営ビジョンに開眼する。環境教育系社団法人の広報業務支援も行う。またライフワークで若者の自立を応援するヒーロー『くつべらマン』の2代目として活動。

ESGのS(社会)を考える。わくわくする人つくりから始まるサステナブルな社会創造を目指して。 ESG

ESGのS(社会)を考える。わくわくする人つくりから始まるサステナブルな社会創造を目指して。

ESGで置き去りにされた「社会」の議論 座談会はPwCあらた有限責任監査法人の会議室をお借りして開催された。 ―国連が公表している責任投資原則(PRI)によれば、ESGの「S・社会」とは、人々やコミュニティーの権利、ウェルビーイングに関する事項を指すようです。ダイバーシティやインクルージョンから、人材研修や教育といった人的な資本開発要素ま […]

原丈人氏「公益資本主義」を語る~新しい資本主義が日本再生の鍵を握る 公益資本主義

原丈人氏「公益資本主義」を語る~新しい資本主義が日本再生の鍵を握る

会社は誰のものなのか。かつて松下幸之助は、「企業は社会の公器」と看破した。株主資本主義の限界が見える中、日本型の新しい資本主義への期待が高まっている。その名を『▶公益資本主義』という。提唱者は先の経済財政諮問会議で「日本型資本主義」による新しい経済成長モデルを提案し、日本の将来を見据えるこの原丈人氏とはいったい何者なのか。公益資本主義とは日本を救うものなのか、お聞きした。

ステークホルダーの幸せが会社の使命。伊那食品工業の世界観とは?多くの経営者が尊敬するいい会社の年輪経営 経営インタビュー

ステークホルダーの幸せが会社の使命。伊那食品工業の世界観とは?多くの経営者が尊敬するいい会社の年輪経営

尊敬する会社は何処か。この問いに多くの経営者が挙げた社名がある。伊那食品工業株式会社。累計10,000社近く取材してきた中で、もっともよく聞いた答えだ。「いい会社」と言ってもらえることがいい会社の条件と喝破する同社。社是に掲げる「いい会社をつくりましょう」をいかに実現しているのか。代表取締役社長 塚越英弘さんに伺った。

GURULIから coki へ名称変更のお知らせ コラム

GURULIから coki へ名称変更のお知らせ

名称変更のお知らせ いつも、企業とステークホルダーで感謝を贈り合うWEBサービスGURULIをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 この度GURULIは、4月1日を持ちまして、coki(こうき)へと名称変更致します。 cokiという名称は、「社会の公器」の公器という言葉から命名しました。私たちの活動の目的は、ステークホルダーを尊重す […]

社員の家族を大切にする会社って? 社長の親から見たSacco 社員・家族

社員の家族を大切にする会社って? 社長の親から見たSacco

Sacco 加藤と両親との対談

社員の家族も重要なステークホルダー ステークホルダーの中には当然、「社員」も含まれます。せっかくのご縁で働いてもらっている社員には、生きがいを感じてほしい、幸せになってほしいと願うのは、経営層の誰もが願うことだと思います。私たちの考えでは、ステークホルダーを尊重する企業は、「ステークホルダーのステークホルダーも尊重している」というポイント […]

100年経営研究機構 後藤俊夫「コロナ禍対応調査で判明した長寿企業の強さとは?」 有識者VOICE

100年経営研究機構 後藤俊夫「コロナ禍対応調査で判明した長寿企業の強さとは?」

ステークホルダー資本主義は根付くのか? 一向に終息する気配のないコロナ禍。戦後最大の経済危機の影響は全産業セクターに及びつつあり、多くの企業が苦難に直面している。感染症との共生への覚悟が問われる、この時代を生き抜く経営とは何か。答えは「幾多の苦難を乗り越えてきた長寿企業にある」と100年経営研究機構の後藤俊夫代表理事は喝破する。 &nbs […]

タグ