ログイン

会員登録

お問合せ
MENU

コラム

日本女性の75%が仕事は「生活のため」アメリカ・フィンランド女性と比べて「自己成長、自己実現の場」と捉える割合は半分ーIndeed Japan調査より コラム

日本女性の75%が仕事は「生活のため」アメリカ・フィンランド女性と比べて「自己成長、自己実現の場」と捉える割合は半分ーIndeed Japan調査より

先日の記事に引きつづき、Indeed Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:大八木 紘之、以下Indeed)の「仕事とジェンダー」に関する3ヵ国比較調査をピックアップ。前回は、日本、フィンランド、アメリカでの […]

企業が見誤ってはいけない「ステークホルダーと交わすべき約束」 コラム

企業が見誤ってはいけない「ステークホルダーと交わすべき約束」

ブランディングの歴史は思いのほか長く深い。近代以前からワインの産地をラベルに記載するなどのブランディングは存在していた。古代遺跡で発掘された石器などには、職人のものと思われるサインが刻印も見つかっている。日本でも江戸時代には、屋号というブランドを確立していた商売人も多い。しかし、この「ブランド」とは何を指すのだろうか。

「風の谷のナウシカ」をSDGs ESG実践教本として深読みする~ステークホルダーとしての地球と生命 SDGsの取り組み

「風の谷のナウシカ」をSDGs ESG実践教本として深読みする~ステークホルダーとしての地球と生命

世界共通の目標であるSDGs2030アジェンダの達成に向け、残された時間が少なくなってきた。我々のステークホルダーが地球規模に広がった今日、SDGsの取り組みを加速化するには、ESG対応企業によるさらなるイノベーション(創造的破壊)が期待されている。では具体的にどうするのかと言ったとき、分かりやすいアイコンがあったほうがよい。ナウシカは間違いなくその候補の一人となり得るだろう。ところが、である。

ステークホルダー主義は三方よしと本質的に同じ|役員一年目の教科書で読む近江商人の普遍なる哲学 ステークホルダー資本主義

ステークホルダー主義は三方よしと本質的に同じ|役員一年目の教科書で読む近江商人の普遍なる哲学

近年よく耳にする「ステークホルダー主義」。株主第一主義からの脱却、新しい経営手法と捉えられがちだが、日本にはかつてから「三方よし」という言葉がある。書籍『新版 役員1年目の教科書』によれば、「ステークホルダー主義は本質的に三方よしと同じである」という。三方よしとは何か、ステークホルダー主義はどうあるべきかを考察する。

「売るな!」の哲学|かっぱ橋商店街「飯田屋」に学ぶ従業員というステークホルダーの育て方 コラム

「売るな!」の哲学|かっぱ橋商店街「飯田屋」に学ぶ従業員というステークホルダーの育て方

浅草かっぱ橋商店街で創業100年を超える老舗料理道具専門店「飯田屋」。リアル店舗が苦戦を強いられる現代において、数多くのリピーターを抱える人気店だ。その魅力は豊富な知識量を誇る店員たち。売り上げ目標がないのに、なぜ従業員は自らお客様と向き合うのか?その秘訣から従業員というステークホルダーの育て方を学ぶ。

CSRと利益追求のバランス|気候変動と健康リスクで増える企業の責任 コラム

CSRと利益追求のバランス|気候変動と健康リスクで増える企業の責任

ステークホルダーとは直接的または間接的な利害関係者を指すが、その対象となる範囲は実に幅広い。たとえば気候変動、人種差別、タバコの健康リスク。これらの社会問題は企業活動と密接に関わる性質を持ち、現代の課題であるとともに、これから生まれてくる人類や動植物を含めた地球規模の問題だ。

松下幸之助のサステナブル経営に学ぶグローバル・リスクマネジメントの3つの約束 コラム

松下幸之助のサステナブル経営に学ぶグローバル・リスクマネジメントの3つの約束

松下幸之助氏の「企業は社会の公器」との考えに基づき経営が行われる松下電器産業(現パナソニック)。サステナブル経営はリスクマネジメントにも通ずる。藤猪正敏氏の著書『企業は社会の公器 グローバル・リスクマネジメントの本質〜ステークホルダーとの「3つの約束」がビジネスを支える〜』(第一法規)から学ぶ。

世界幸福度ランキング発表でステークホルダーの利益向上は日本人の幸福度を上げられるか コラム

世界幸福度ランキング発表でステークホルダーの利益向上は日本人の幸福度を上げられるか

なぜ日本は幸福度ランキングで常に下位なのか?その指標の一つが「世界幸福度ランキング」である。国際連合の持続可能開発ソリューションネットワークによる調査である。2012年にスタートした同調査は、150以上の国を対象として毎年報告がされている。今回も日本は下位に甘んじており、その順位は・・・。

タグ