ログイン

会員登録

お問合せ
MENU
株式会社ホームリィー

企業メッセージ

/ 株式会社ホームリィー

不動産が繋ぐ笑顔とご縁の紡ぎ方|株式会社ホームリィー植田充さんのステークホルダーへの思い

share

 株式会社ホームリィー植田充さんの不動産で繋ぐ笑顔ビジネスでも良縁が大事なのは言うまでもありません。今回ご紹介する株式会社ホームリィー植田充さんは、30年以上にわたり不動産仲介業として多くのお客様と住宅のご縁を結び続けてきた方。一つひとつの仕事の評判が次の仕事の紹介に繋がり、思いがけない出会いや人とのご縁に発展する、そんな体験を何度もされてきたそうです。地域密着型の不動産屋さんだからこそ紡ぐことができるステークホルダー同士のご縁の繋ぎ方と、そこから生まれた社会貢献のエピソードについて伺いました。

 不動産業界歴30年のベテランが大切にしている2つのこと

ーー株式会社ホームリィーについて教えてください。

株式会社ホームリィーは、不動産の売買や仲介を行う会社です。購入した土地を大手の建設会社に卸す、またはエンドユーザーに売却するのがメインですね。江戸川区、江東区、葛飾区、浦安市、船橋市、市川市などの物件を中心に扱っています。設立は2006年。創業15年目を迎えました。

ーー植田さんはずっと不動産業界でキャリアを積んできたのですか?

23歳からこの業界にいるので、30年以上になります。不動産に関わることは全て経験してきました。

ーー現在は新型コロナウイルスの感染拡大という未曾有の状況が生じていますが、株式会社ホームリィーでも何か変化はありましたか?

コロナの影響か最近よく動く物件は、温泉、旅館、ゴルフ場、病院などですね。

ーーそういう物件はすぐに売れるのですか?

不動産業界では情報と、人との繋がりが肝なんです。駅前の店舗でこういう物件ありますよと営業するよりも、「こんな良い物件があるんだけど、お客様になりそうな人に心当たりない?」と知り合いに聞いて紹介してもらうと、思ってもみない外国の方などの購入希望の方をご紹介してもらえることがあります。大きい仕事は特に人の縁で繋がることが多いので、情報や人との繋がりは大事にしています。

株式会社ホームリィーのステークホルダーに対しての思い

取引先との向き合い方
尾前損害調査オフィス株式会社

尾前損害調査オフィス株式会社は、火災保険のプロフェッショナルが契約者の立場で損害調査をすることで、適切な保険金の受け取りを支援する企業です。異業種交流会で知り合い、自宅の損害調査を行っていただいたことをきっかけにお付き合いが深まりました。

 

当社のお客様に尾前損害調査オフィス株式会社をご紹介すると、非常に喜んでいただけるんですよ。「良い会社を紹介してくれてありがとう」と私にまで感謝していただけるので、こっちも嬉しくなって尾前損害調査オフィス株式会社には今まで何百件と紹介してきました。自信を持っておすすめできる誠実なサービスを展開している企業ですね。当社にとって非常に重要なビジネスパートナーです。

 

といっても、私の経験から培った営業マインドを尾前損害調査オフィス株式会社の若手社員にも伝授していますから、今ではビジネスの枠を超えて身内のような感覚すら覚えています。


株式会社ホームリィーと尾前損害調査オフィス株式会社のつながりはこちらの記事でもご紹介しています。

野口さん

大手生命保険会社のセールスレディの方です。実は前述した尾前損害調査オフィス株式会社と知り合えたのは彼女がきっかけでした。彼女の紹介で出席した異業種交流会で同じテーブルになったのが、尾前損害調査オフィス株式会社の代表取締役の尾前美幸さんと、統括マネージャーの土井隆さんです。現在は重要なビジネスパートナーとしてお付き合いをさせていただいている尾前損害調査オフィス株式会社と出会うきっかけになった人なので非常に感謝しています。

 

お客様との向き合い方
ビル・マンションのオーナーの方々

当社のお客様であるマンションやビルのオーナーさんに尾前損害調査オフィス株式会社をご紹介すると、たいへん喜んでいただけます。何百件とある案件の中で、保険金が降りなかったことは、ほぼありません。当社としても、信頼できるパートナーを紹介することで、お客様から感謝していただき、関係が近くなるので嬉しい限りです。

パキスタン人のゾフィーさん

最近一番面白くてドキドキしたのが、パキスタン人のゾフィーさんとの出会いです。最初は、ゾフィーさんのご自宅を購入するご相談にのっていたのですが、ある日の打ち合わせでゾフィーさんが運営するイスラム教の礼拝所であるモスクの話になりました。
 
「最近礼拝参加者が増えて現在の場所が手狭になったため、モスクの一軒先にある土地を購入しようかと考えていたが、金額が折り合わずに無理だった。どこか良い移転先はないだろうか?」というお話しだったので、私はモスクの近隣にある一軒家はどうか?とご提案しました。
 
ゾフィーさんはそれはさすがに無理ではないかと仰っていましたが、私は長年不動産業界にいた経験からこういうのは縁やタイミングが大事だと思っていたので、翌日に早速近隣の一軒家に伺ってみたんです。
 
私が朝9時頃にインターフォンを鳴らし、「唐突に申し訳ありません。近隣で土地をお探しの方の代理で来ました。今後、ご自宅の売却をご検討になる機会があるようでしたら、その際はお声をかけください」とお話しすると、ご家族がびっくりした顔をされたんです。どうしたのかな?と思っていたら、「いやぁ、ちょうどこの家を売ろうと考えていたんですよ」なんて言われてしまって…こっちもびっくりですよ(笑)。その後はトントン拍子に話が進み、結局は当社が仲介し売却が決まりました。
 
これにはゾフィーさんも非常に喜んでくれましてね、そのモスクに私を連れて行ってくれたのですが、通っていた方達からも「ここを買ってくれたのがあなたですか!」「ありがとう!」とものすごく感謝していただけました。この一件で私を信頼してもらえたようで、「実は事務所を探しているのだけど」「家を探しているのですが」と、その方々から続々と仕事を頼まれています。
 
一つのご相談から色々な案件に繋がったことももちろん嬉しいですが、彼らと関われたことが私にとっては非常に大きな意味を持ちました。異国の地で言葉の壁や文化の違いなどに苦労した経験もたくさんあっただろうに、それらを乗り越え、地域コミュニティを大切にして、誠実に暮らすゾフィーさん達との出会いからはこちらも学ぶことがたくさんあったんです。やはりこの業界は情報と縁が大事だと改めて思いましたね。
 
人として尊敬できる彼らのお役に立てたことが最高に嬉しいです。彼らとご縁が生まれ、今後も深めていけることに感謝しています。本当に素晴らしい出会いでした。このようなご縁を繋ぐことができるのがこの仕事に携わることの喜びでもあります。これからも人と人の出会いを大切に笑顔を繋いでいきたいと思います。

株式会社ホームリィーの植田充さん

<企業概要>

株式会社ホームリィー

不動産の売買・交換・貸借及びその仲介並びに管理、住宅リフォーム業、不動産に関するコンサルティング業

東京都江戸川区東瑞江1-27-3 大庭ビル1F

設立:2006年3月

TEL :03-3698-3527

FAX:03-3698-3528

E-mail:home@iesagashi-homely.com

 

share
WRITER
ライター
佐野 友美
このライターの記事一覧

1991年東京生まれ。中央大学法律学部出身。卒業後は採用コンサルティング会社に所属。社員インタビュー取材やホームページライティングを中心に活動中。

タグ